Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ターゲットリストのアカウント間共有について

※ターゲットリストのアカウント間共有は、一部のお客様のみに提供している機能です。

ターゲットリストのアカウント間共有とは、複数のアカウントで同一広告主のサイトを運営し、アカウントをまたいでサイトリターゲティングを利用する場合に、複数アカウントで広告の配信対象となるユーザーのリスト(ターゲットリスト)を共有できる機能です。
ターゲットリストを共有する複数のアカウントを含む「ターゲットリストグループ」を作成し、このターゲットリストグループで共通のタグの発行、ターゲットリストの共有が可能です。

ご注意
1つのアカウントで広告を運用中のお客様がサイトリターゲティングを設定する場合、ターゲットリストのアカウント間共有機能を利用する必要はありません。1つのアカウントで広告を運用するお客様は、「サイトリターゲティングの基本的な仕組みと設定の流れ」をご参照ください。

ターゲットリストのアカウント間共有機能 ご利用の流れ

事前準備
ステップ1:ターゲットリストグループの作成
ステップ2:サイトの「プライバシーポリシー」ページを確認
ステップ3:サイトリターゲティング用タグを取得
ステップ4:サイトにサイトリターゲティング用タグを設置
ステップ5:共有ターゲットリストの作成
ステップ6:ターゲットリストを広告グループに設定

事前準備

ターゲットリストのアカウント間共有を利用希望の旨を、弊社担当営業へご連絡ください。弊社での手続き完了後、ステップ1から設定を進めてください。

ステップ1:ターゲットリストグループの作成

広告管理ツールでターゲットリストグループを作成します。
ターゲットリストグループの作成

ヒント
異なる代理店間でターゲットリスト共有を行う場合、ステップ1の作業は不要です。弊社での手続き完了後に次のステップ2から設定を進めてください。

ステップ2:サイトの「プライバシーポリシー」ページを確認

広告主様のサイトの「プライバシーポリシー」ページを確認し、「プライバシーポリシーに必要な記載事項」が明記されているか確認します。「プライバシーポリシーに必要な記載事項」が明記されていない場合は、明記してください。
プライバシーポリシーに必要な記載事項

ステップ3:サイトリターゲティング用タグを取得

広告管理ツールで、ターゲットリストグループ用のサイトリターゲティング用タグを取得します。
サイトリターゲティング用タグの取得とサイトへの設置(ターゲットリストのアカウント間共有)

ヒント
サイトリターゲティング用のタグの取得は、ツール管理者のみ行えます。

ステップ4:サイトにサイトリターゲティング用タグを設置

ステップ3で取得した、ターゲットリストグループ用のサイトリターゲティング用タグを広告主様のサイトのページに設置します。
サイトリターゲティング用タグをページに設置することで、当該ページを訪問したユーザーの訪問履歴を取得でき、取得した訪問履歴に基づいてYDNの広告を配信します。
タグ設置方法の詳細は、以下のページを参照ください。
サイトリターゲティング用タグの取得とサイトへの設置(ターゲットリストのアカウント間共有)

ご注意
  • すでにアカウント個別でサイトリターゲティング機能をご利用中で、新たにターゲットリストのアカウント間共有機能の利用を始める場合には、ステップ3で取得した、ターゲットリストグループ用のサイトリターゲティング用タグを広告主様のサイトのページに設置してください。また、アカウント個別のサイトリターゲティング用のタグがご不要になった場合はサイトから削除してください。
  • タグが設置されていないページは、当該ページを訪問したユーザーの閲覧履歴情報が蓄積されません。サイトリターゲティング用タグは、サイト内の全ページに設置することをおすすめします。

ステップ5:共有ターゲットリストの作成

広告の配信対象となるユーザーの共有ターゲットリストを作成します。
ターゲットリストを作成することで、任意のユーザーに広告を配信できます。ターゲットリストには、サイトのURL(またはURLの一部の文字列)や参照元URLを指定して条件を設定できます。
ターゲットリストとは
共有ターゲットリストの作成

ヒント
  • 広告配信を除外したいユーザーのターゲットリストを作成し、広告グループを関連付ける際(ステップ6)に、配信除外として設定することも可能です。
  • URLに全角文字などの2バイト文字を含むサイトの場合、当該文字をURLエンコードすることで、当該URLをターゲットリストの条件に指定できます。
    ※URLエンコードとは、サーバーへのリクエストとして認識されない全角文字などの2バイト文字が含まれるURLを、文字の特殊な組み合わせによってリクエストとして認識できる形式のURLに変換することです。

ステップ6:ターゲットリストを広告グループに設定

ステップ5で作成した共有ターゲットリストを、広告グループに設定します。これにより、広告グループ内に作成した広告を、ターゲットリストのユーザーに対して配信できます。
広告グループへのターゲットリストの設定は、ツールタブ内の「ターゲット管理」で行います。
広告グループへのターゲットリスト設定

ご注意
ステップ5の「共有ターゲットリストの作成」の際に、「アカウントに登録済みのターゲットリストを、ターゲットリストグループに追加して作成する」の手順で共有ターゲットリストを作成した場合、次の点にご注意ください。
  • 共有ターゲットリストの基となるターゲットリストが登録されているアカウントにて、「ターゲットリストの共有設定」を「無効」にした場合、その共有ターゲットリストを設定している他アカウントの広告グループは、配信が停止されます。配信の停止は、連絡先に設定されているメールアドレスへの通知と、操作履歴にて確認できます。
  • アカウント側での作業の影響を受けないために、(推奨)表記のある作成方法で共有ターゲットリストを作成することをおすすめします。