Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ディスプレイ広告(YDN) サービス概要

ディスプレイ広告(以下、YDN)は、広告の内容に興味がありそうなインターネットユーザーに対して、閲覧中のコンテンツページに広告を表示するサービスです。
YDNの特徴
YDNで作成できる広告
検索広告との違い
YDNの広告配信の仕組み
YDNの広告の審査について
YDNの広告料金について

YDNの特徴

YDNを利用すると、Yahoo! JAPANの各サービスサイト、および提携パートナーサイトの「コンテンツページ」に広告を掲載できます。
広告掲載サイト

「ユーザーの属性」「過去に閲覧したページ」「過去に検索したキーワード」などの情報を基に広告を表示する仕組みとなっているため、潜在顧客も含め、商品やサービスに興味・関心を持つ幅広い層にアプローチできます。

YDNで作成できる広告

YDNで作成できる広告は、以下のとおりです。

  • テキスト広告
  • ディスプレイ広告
  • テンプレート広告
  • インフィード広告
  • 動画広告
  • PCブランドパネル(静止画・動画)
  • 動的ディスプレイ広告

※「動画広告」「PCブランドパネル(静止画・動画)」「動的ディスプレイ広告」は、一部のお客様にのみ提供している広告掲載方式です。

テキスト広告

タイトルや説明文などの文字(テキスト)だけで構成される広告のことです。

PC版「Yahoo!天気・災害」でのテキスト広告の掲載例
テキスト広告掲載例

ディスプレイ広告

写真やイラスト、ロゴなどの画像を使った広告のことです。画像をクリックすると、広告主様が設定するウェブサイトへ移動します。

PC版「Yahoo!ニュース」でのディスプレイ広告の掲載例

テンプレート広告

広告掲載面に合わせて、広告のサイズやレイアウトが自動的に調整される広告のことです。
下記の例のように、広告掲載面によって、画像のサイズなどが調整されます。入稿した説明文が省略されることもあります。

テンプレート広告の掲載例
id29151_03
id29151_04

インフィード広告

テンプレート広告の一種で、記事やニュースが上から下に順番に並んでいるページ(タイムライン)に掲載できる広告です。Yahoo! JAPANのトップページや「Yahoo!ニュース」など、Yahoo! JAPANが提供する一部のサービスで、記事と記事の間に広告を掲載できます。

スマートフォン版Yahoo! JAPANトップページでのインフィード広告の掲載例
id29151_05

動画広告

記事やニュースが上から下に順番に並んでいるページ(タイムライン)に掲載できるスマートフォンおよびタブレット向けの動画広告のことです。スマートフォン版のYahoo! JAPANのトップページや「Yahoo!ニュース」などYahoo! JAPANが提供する一部のサービスで、記事と記事の間に動画広告を掲載できます。

スマートフォン版Yahoo! JAPANトップページでの動画広告の掲載例
id29151_06

PCブランドパネル(静止画・動画)

PC版Yahoo! JAPANトップページの「ブランドパネル」枠に、静止画・動画を利用した広告を掲載できる広告掲載方式です。
Yahoo! JAPANトップページのファーストビュー(インターネットユーザーがウェブページを訪問した際、ページをスクロールせずに表示される部分)に広告を掲載することで、ユーザーに自社の商品やサービスの魅力を大きくプロモーションできます。

PCブランドパネル(動画)と動画広告の違い
動画広告との違い

動的ディスプレイ広告

ウェブサイトを訪れたインターネットユーザーの行動履歴をもとに、各ユーザーの興味や関心に合わせた内容の広告を動的に生成、配信します。動的ディスプレイ広告の広告は、ウェブサイトや表示するデバイス(パソコン、スマートフォン、タブレット)に合わせて、さまざまな形で表示されます。以下は表示例です。

  • 静的 縦型
    縦型

  • 動的 フォーカス
    フォーカス

検索広告との違い

Yahoo!広告で提供しているサービスには、YDNの他に「検索広告」があります。
検索広告とYDNの違いは、次のとおりです。

サービス名 広告の表示場所 メリット(強み)
検索広告 検索結果ページ 商品やサービスを検索中のユーザー、つまり成約につながる可能性が高い顕在顧客に対してアプローチできることが強みです。
YDN コンテンツページ 潜在顧客も含めて、商品やサービスに興味がありそうな幅広い層にアプローチできることが強みです。過去に自社サイトを訪問したことのあるユーザーだけでなく、自社サイトを知らないユーザーへもアプローチできます。

検索広告についての詳細は、「検索広告 サービス概要」を参照してください。

ヒント
検索広告とYDNを併用することで、ユーザーへの接触機会が増える可能性があります。
接触機会が増えれば、クリック数がアップし、その結果CPC(クリック単価)の低下にもつながります。
※すでに検索広告を利用している場合は、検索広告のアカウントに入金した前払金を、YDNアカウントに移動することも可能です。
前払金移動について

YDNの広告配信の仕組み

「広告を誰に配信するのか」は、「ターゲティング」の設定によって決まります。
また、「広告が掲載されるかどうか」は、「オークションランク」によって決まります。
オークションランクについては、「広告配信の仕組み」を参照してください。

ターゲティングについて

ターゲティングとは、性別や年齢などの条件を指定し、その条件を満たすユーザーのみに広告を配信する機能のことです。
YDNには、以下のターゲティング機能があります。「何を、どの顧客層に訴求するのか」という目的に応じて、最適なターゲティングを選択してください。
複数のターゲティングを組み合わせることもできます。

ターゲティング 説明
属性によるターゲティング 「性別」「年齢」「地域」などを指定して、広告を配信するユーザーを絞り込みます。
「インタレストカテゴリー」「サイトカテゴリー」を利用して、特定のユーザーやサイトのみに広告を配信することも可能です。
  • インタレストカテゴリー
    特定の興味・関心を持ったユーザーのみに広告を配信します。
  • サイトカテゴリー
    特定のカテゴリーに属するサイトのみに広告を配信します。
サイトリターゲティング 自社サイトを訪問したことがあるユーザーに広告を配信します。
サーチターゲティング 特定のキーワードで検索したことがあるユーザーに広告を配信します。
検索広告で設定しているキーワードをそのまま活かすことも可能です。
プレイスメントターゲティング 特定のサイトのみに広告を配信します。
ターゲティングなし 配信対象を特定せず、多くの人に広告を配信します。

次の図は、各ユーザー層へアプローチするための、ターゲティングの設定例を示しています。

レディスファッションの通販サイトの場合
id29151_07

ターゲティングについての詳細は、「ターゲティングについて」を参照してください。

YDNの広告の審査について

掲載される全ての広告(タイトル、説明文、表示URL、リンク先URLなどをセットにした総称)は、Yahoo!広告のガイドラインに基づいて所定の審査が行われます。
また、各提携パートナーサイトへの広告配信においてサイトごとに掲載基準が設けられているため、特定のパートナーサイトでは広告が掲載されない場合もあります。

審査の詳細については、以下のページを参照してください。
ガイドライン
審査とは

YDNの広告料金について

YDNでは、広告の種類によって、広告費が発生するタイミングが異なります。

クリック課金方式

ユーザーが広告主様の広告をクリックした際に、初めて広告費が発生します。広告の表示そのものには費用が発生しないため、余計な費用がかかりません。
対象となる広告

  • テキスト広告
  • ディスプレイ広告
  • テンプレート広告
  • インフィード広告
  • PCブランドパネル(静止画)
  • 動的ディスプレイ広告

動画視聴課金方式

ユーザーが動画広告を再生してから10秒以上経過した場合のみ、広告費が発生します。ユーザーが広告をクリックしても、数秒しか再生されていない場合には、費用が発生しません。費用を動画広告が10秒未満の場合は、動画が最後まで再生されたタイミングで、広告費が発生します。
対象となる広告

  • 動画広告
  • PCブランドパネル(動画)

※1クリック当たりの料金の上限(入札価格)は、キーワードごとに1円から5万円の範囲で、広告主様ご自身で設定できます。なお、設定した入札価格以上のクリック料金が発生することはありません。

※発生したクリック料金は、入金済みの前払い広告料金(3,000円~)から差し引かれます。ご入金は各種クレジットカード、銀行振込で行えます。
お支払い方法と入金手順(銀行振込/クレジットカード)