Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

広告の効果を高めるには

広告の効果を高めるためにはさまざまな方法があります。以下の各項目を参考にして掲載結果を確認し、アカウント構造の見直しや広告などの設定を定期的にメンテナンスすることをおすすめします。

アカウント構造をシンプルにする
定期的に広告をメンテナンスする
広告フォーマットを網羅する

アカウント構造をシンプルにする

同じ広告を複数の広告グループに登録すると、広告オークションの際にアカウント内で複数の広告が候補に挙がります。そのため、広告の表示機会が分散し、広告効果が低下する恐れがあります。
広告に一定の表示実績があると広告の品質を蓄積できるので、不要な広告グループ分割は避け、アカウント構造をシンプルにすることをおすすめします。

下図のように広告cや広告dを広告グループAと広告グループBに入稿している場合、インターネットユーザーの性別によって、異なった広告グループの広告が掲載されます。そのため、広告cや広告dの表示機会は、広告グループAと広告グループBで分散します。
id27058_1
内容が同じ広告が登録されている広告グループは統合し、各広告の表示機会を集約することをおすすめします。
id27058_2
ヒント
性別などで入札価格の比重を調整する場合は、「入札価格調整機能」をご活用ください。
ターゲティングごとに入札価格調整率を設定する

定期的に広告をメンテナンスする

同じ広告を長期間配信している場合、インターネットユーザーの目に触れる回数も多くなります。そのため、インターネットユーザーが広告を見飽きたことによりアクション率*が低下する可能性があります。また、インターネットユーザーと広告の関連性が低いと、アクション率の低下につながります。アクション率の低い広告は、定期的に差し替えましょう。
なお、フリークエンシーコントロール機能を活用することで、1人のユーザーに対する広告表示回数の制御も可能です。
機能の詳細は、以下のページを参照してください。

*「課金が発生した動画再生率」や「クリック率」を指します。

広告フォーマットを網羅する

ディスプレイ広告では、さまざまな広告フォーマットが掲載可能です。また、掲載可能なフォーマットは広告の掲載面ごとに決まっています。
そのため、一部のフォーマットのみを入稿している場合は、広告の表示機会を損失しています。
広告の表示機会を最大化するためには、すべての広告フォーマットを網羅していただくことが必要です。
広告のフォーマットについては、以下のページを参照してください。