Yahoo!広告

Yahoo!広告 ヘルプ

サーチキーワードリストとは

「サーチキーワードターゲティング」機能を利用する場合、サーチキーワードリストの作成と設定が必要です。このヘルプではサーチキーワードリストの概要について説明します。

サーチキーワードリストとは

Yahoo! JAPANのメイン検索などで検索されたキーワードを利用し、過去にキーワードを検索したユーザーがディスプレイ広告(YDN)の配信ページを訪れた際に、検索履歴をもとに広告を配信するのが「サーチキーワードターゲティング」です。
サーチキーワードターゲティングを利用するには、広告の配信対象にするキーワードのリスト「サーチキーワードリスト」を作成しておく必要があります。

サーチキーワードリストの基本構成

サーチキーワードリストは、アカウント単位であらかじめ作成し、任意の広告グループに設定します。
サーチキーワードリストに設定されているキーワードの検索履歴を持つユーザーがYDNの配信ページを訪れると、当該キーワードを含むサーチキーワードリストを設定している広告グループの広告が表示されます。
Image

ヒント
  • サーチキーワードリストは、1アカウントあたり1000個まで作成できます。
  • 1つのサーチキーワードリストに登録できるサーチキーワード数は500個です。
  • 1広告グループに設定可能なサーチキーワードリストは1つのみです。

詳細については、「サーチキーワードターゲティングの仕組みと設定」を参照してください。

サーチキーワードリストの作成方法

サーチキーワードリストは、広告管理ツールの「ツール」タブにある「サーチキーワードリスト管理」で作成します。サーチキーワードリストを作成する際は、任意のキーワードまたはURLを入力して「サーチキーワード候補」を検索し、表示されたサーチキーワード候補の中から、サーチキーワードとして設定するものを1つ以上選択します。
サーチキーワードリストの作成方法の詳細は、「サーチキーワードリストの作成」を参照してください。

ヒント
  • 広告管理ツールで表示されるサーチキーワード候補は、リーチ数などをもとにシステムで自動抽出します。アダルトキーワードなどの公序良俗に反するキーワードは、サーチキーワード候補から除外されます。
  • サーチキーワード候補は、週に数回程度内容を更新しています(土日祝日、年末年始を除く)。
  • 「キーワード追加日」で並べ替えを行うことで、新たに追加された「サーチキーワード候補」の確認が可能です。
  • サーチキーワードリスト作成時に、以下の2項目を選択できます。
    - 広告配信に利用する検索履歴の有効期間
    - 広告を配信するユーザーが、有効期間内にサーチキーワードで検索した回数
  • サーチキーワード候補の一覧に表示されるサーチキーワードは、画面の表示件数にかかわらず、全件一括でCSVファイルにダウンロードできます。
ご注意
  • サーチキーワード候補に表示されないキーワードは、サーチキーワードリストに登録できません。
  • サーチキーワードリストは、インポート用テンプレートを利用して作成できません。なお、登録済みサーチキーワードリストの広告グループへの設定や、広告グループに設定されたサーチキーワードリストの解除は可能です。