Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ターゲットリストとは

サイトリターゲティングや、広告主様が独自で蓄積、分析をして作成したユーザーのリストを対象にターゲティングを行う場合、ターゲットリストの作成と設定が必要です。ここでは、ターゲットリストについて説明します。

ターゲットリストとは

ターゲットリストとは、広告の配信対象(または除外対象)とするユーザーを蓄積するリストです。
ターゲットリストには以下のユーザーやユーザーのリストを蓄積できます。

  • 過去に広告主様のサイトを訪問したユーザー
  • 基となるターゲットリストに含まれるユーザーの行動履歴と類似している行動履歴を持つユーザー
  • アプリ内で特定のイベント(アプリ内におけるユーザーのアクションなど)が発生したユーザーのリスト
  • 広告主様が独自で蓄積、分析をして作成したユーザーのリスト

作成したターゲットリストは広告グループに関連付けすることで、ターゲットリストに含まれるユーザーに広告を配信する、または広告の配信から除外するなどの制御が可能です。

ターゲットリストは、以下の5つの種別に分類されます。

ヒント
ターゲットリストは、1アカウントにつき合計400件まで作成できます(自動で作成されるデフォルトリスト、およびMCCアカウントのターゲットリスト共有で利用するターゲットリストを含む)。なお、類似リストおよびカスタムリストは、別途作成上限数が設定されています。

1.デフォルトリスト

デフォルトリストは、サイトリターゲティングタグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。を発行すると、自動的に作成されます。
サイトリターゲティングタグを設置したサイトを訪問した、全てのユーザーのリストです。

デフォルトリストの例

デフォルト

2.条件リスト

条件を指定して、広告を配信する対象のユーザーをグルーピングしたリストです。
ターゲットリストには、条件種別を選択したうえで条件の値を設定します。
条件種別は「URL」「カスタムラベル」「参照元URLインターネットユーザーが、サイトリターゲティングタグ設置ページへアクセスする直前に、閲覧していたウェブページのURLです。ターゲットリスト作成の条件で参照元URLを利用すると、ユーザーが広告主様のサイトに訪問するルートに応じた広告の出し分けが可能になります。」「ページ種別」「イベント種別アプリのイベント情報(アプリ内の行動)をもとにしたターゲティングで、対象とするターゲットリストに設定できる条件の1つです。「インストール」や「商品の購入」などが選択できます。
さらに詳しく
」「カテゴリーID」「商品ID」のいずれかから選択します。
各条件種別の詳細は以下を参照してください。

条件リストの例

条件

3.組み合わせリスト

デフォルトリスト条件リスト類似リストカスタムリストのいずれかを組み合わせて、広告を配信する対象ユーザーをグルーピングしたリストです。

組み合わせリストの例

組み合わせ

4.類似リスト

デフォルトリストのユーザー、または条件リストカスタムリストのユーザーと、ウェブ上の行動履歴が類似しているユーザーを抽出したリストです。
類似リストを利用することで、広告主様のサイトに未訪問の類似ユーザーへのターゲティングが可能となります。

類似リストの概念

ターゲットリスト(類似)の例
類似リストは、類似ユーザー抽出の基となるターゲットリストに含まれる過去の訪問ユーザーと、Yahoo! JAPAN内における行動履歴を基に解析を行い、ウェブ上の行動履歴が類似しているユーザーを抽出します。また、ターゲットリストのサイズを調整することで、基のターゲットリストとの類似度を調整できます。
類似リストは原則、基となるターゲットリストの過去28日間のユーザーサイズ(リーチ数)が100を超えた場合に、類似ユーザー数が蓄積されます。ただし、解析可能な行動履歴が少ない場合などはユーザーサイズ(リーチ数)が100を超えていても蓄積されないことがあります。

ご注意
  • 基となるターゲットリストで初めて類似リストを作成する場合、作成後約30日間をかけて徐々に類似ユーザーを蓄積します。また、キャンペーンや広告グループへの設定後、広告の配信開始まで2日ほどかかる場合があります。広告の配信予定日が決まっている場合は、早めに類似リストを作成してください。
  • 設定条件が同じで、訪問履歴の有効期間のみが異なるターゲットリストを基に類似リストを複数作成しても、類似ユーザーは過去の訪問ユーザーを基に抽出されるため、結果的にターゲットリストに含まれる類似ユーザーは同じになります。
ヒント
  • 類似リストは、アカウント全体で100件まで作成できます。
  • 1件のターゲットリストを基にして作成できる類似リストは、最大10件です。なお、ターゲットリストのサイズが同一の類似リストは作成できません。
  • 組み合わせや類似のターゲットリストを基にして類似リストの作成はできません。
  • 類似リストには、類似ユーザー抽出の基となるターゲットリストのユーザーも含まれる場合があります。
  • 基となるターゲットリストが同一でも、類似リストの作成時期によって、類似ユーザー数は変動する可能性があります。
  • 類似リストの基となるターゲットリストで条件が変更された場合、類似ユーザーもそれに合わせて更新されます。
  • 類似リストの類似ユーザーは、蓄積されてから30日間保持されます。

※上記仕様は今後のシステム最適化や処理遅延などにより予告なく変更となる可能性があります。

5.カスタムリスト

カスタムリストは、広告主様が独自で蓄積、分析をして作成したユーザーのリストを、広告の配信対象として格納するためのリストです。ユーザーのリストはYahoo! DMPなどのデータ連携ツール経由、および広告管理ツールからのインポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。により、ディスプレイ広告に連携できます。
カスタムリストを利用すると、以下のターゲティングが可能になります。

ヒント
  • カスタムリストの作成上限数は、アカウント全体で100件です。
  • カスタムリストの利用には、Yahoo! DMPなどのデータ連携ツールの導入が必要です。データ連携が可能なツールについては、お客様サポートセンターまでお問い合わせください。
    お問い合わせ先一覧
ご注意
Yahoo! DMP以外のツールを利用した場合、ディスプレイ広告に連携できるのはアプリユーザーのカスタムリストのみです。そのため、広告の配信先はアプリのみで、ウェブサイトへの配信はできません。また、カスタムリストと「参照元URL」「URL」の条件種別を指定した条件リストをAND条件で組み合わせると広告が配信されません。

ターゲットリストの作成方法については、以下を参照してください。
ターゲットリストの作成

広告運用に役立つおすすめ情報