Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

マッチタイプについて

マッチタイプは、登録キーワードに対して、インターネットユーザーが検索に使用したキーワード(検索キーワード)がどのような形式の場合に広告を表示するかを決定するものです。マッチタイプには以下の3種類があります。

完全一致

登録キーワードと検索キーワードが完全に一致した場合、または類似パターンに該当した場合に広告を表示します。
完全一致マッチタイプのひとつです。登録キーワードとインターネットユーザーが入力した検索クエリーが同じ場合に広告を表示します。
さらに詳しく
の詳細は、「完全一致について」を参照してください。

フレーズ一致

検索キーワードの中に、登録キーワードと一致するフレーズが含まれていた場合に広告を表示します。
フレーズ一致検索広告のマッチタイプのひとつです。登録キーワードと同じフレーズ(一部送り仮名の違い、変換ミス、省略形、漢字・ひらがな・カタカナの違いなども含む)が、検索クエリーの中に語順通りに含まれていた場合に、広告を表示します。の詳細は、「フレーズ一致について」を参照してください。

部分一致

登録キーワードの類義語や関連性のある検索キーワードに対しても、広告を表示します。部分一致検索広告のマッチタイプのひとつです。登録キーワードの類義語や関連性のある検索クエリーに対して広告を表示します。部分一致を設定すると、完全一致、フレーズ一致、絞り込み部分一致で引き当てられる検索クエリーも広告が表示されるので、3種類のマッチタイプの中で、最も多く広告が表示されます。を設定すると、完全一致、フレーズ一致で引き当てられる検索キーワードも広告が表示されるので、 マッチタイプの中では最も多く広告が表示されます。
部分一致の詳細は、「部分一致について」を参照してください。

ヒント
想定と異なるキーワードで広告が表示される場合は、対象外キーワードを設定してください。詳細は「対象外キーワードについて」を参照してください。

 

マッチタイプの選び方

マッチタイプによる違いのイメージは下図のとおりです。
下にいくほどインターネットユーザーの検索キーワードとの適合度が上がりますが、広告の表示機会は減少します。また、上にいくほど広告は表示されやすくなりますが、登録キーワードと関連の薄い検索キーワードで表示される可能性も増加します。



検索広告の運用を始めたばかりの場合や、広告の表示機会を増やしたい場合は、部分一致のご利用をお勧めします。しばらく運用して検索キーワードや広告掲載の傾向を把握してから、フレーズ一致や完全一致を利用するとよいでしょう。

すでに広告運用の経験が豊富で、広告の対象が明確な場合は、完全一致をお試しください。キーワードを絞り込んだり、対象外キーワードを利用したりして、効率のよい広告表示を目指すことをお勧めします。

なお、同一の語句でもマッチタイプが異なる場合は、別のキーワードとして同じ広告グループ内に登録できます。マッチタイプのみ異なるキーワードを複数登録して、効果の高いマッチタイプを探ることも可能です。

キーワードの登録後には、定期的に検索クエリーインターネットユーザーが検索したキーワードのことを「検索クエリー」と呼びます。どのキーワードで広告が引き当てられたかは、検索クエリーレポートで確認できます。レポートを参考に、キーワードのマッチタイプを調整したり、対象外キーワードを設定して不要な語句での広告表示を防いだりすることが可能です。一覧やパフォーマンスレポートキャンペーン、広告グループ、広告などの各種パフォーマンスデータを確認するレポートです。
さらに詳しく
などを用いてご検討ください。各機能の詳細は、以下を参照してください。
キーワードの検索クエリー一覧について
検索クエリーレポート

広告運用に役立つおすすめ情報