Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

「検索広告」と「YDN」の違いは何ですか?

検索広告とディスプレイ広告(YDN)では、広告の表示場所、掲載可能な広告などが異なります。

広告の表示場所 検索広告 検索結果ページ
例:
提携パートナーサイトなど
YDN コンテンツページ
例:
Yahoo!ニュース、ヤフオク!、提携パートナーサイトなど
掲載可能な広告 検索広告 テキスト広告
YDN
  • テキスト広告
  • 画像広告
  • テキスト内容と画像・ボタンなどの要素で構成された広告(テンプレート広告、インフィード広告)
※一部のお客様は以下の広告も掲載可能です。

動画広告
PCブランドパネル(静止画、動画)
動的ディスプレイ広告

メリット 検索広告 商品やサービスを検索中のユーザー(成約につながる可能性が高い顕在顧客)に対してアプローチできます。
YDN

潜在顧客も含めて、以下のユーザーに対してアプローチできます。

  • 自社サイトを知らないユーザー
  • 商品やサービスに興味がありそうなユーザー
  • 過去に自社サイトを訪問したことのあるユーザー


また、設定できるターゲティングの種類も異なります。
広告の表示場所、掲載可能な広告、設定できるターゲティングについての詳細は、以下を参照してください。

広告の表示場所
掲載可能な広告
設定できるターゲティングの種類

検索広告とYDNの併用について

検索広告とYDNを併用することで、ユーザーへの接触機会が増える可能性があります。接触機会が増えれば、クリック数がアップし、その結果CPC(クリック単価)の低下にもつながります。
同一の企業が管理するアカウント間で前払金の移動が可能です。検索広告アカウントとYDNアカウントなどのアカウント間で前払金を移動できるので、予算管理などに役立ちます。前払金移動の詳細は、「前払金移動について」を参照してください。

広告の表示場所

検索広告

インターネットユーザーが検索した際の検索結果ページに広告が表示されます。

インターネットユーザーが「英会話 教室」で検索した場合、「英会話 教室」に関連する広告が検索結果ページに表示されます。
id49171_1

Yahoo! JAPAN以外で広告が表示される広告提携パートナーサイトは、「広告掲載サイト」内の「検索広告」を参照してください。

YDN

「ユーザーの属性」「過去に閲覧したページ」「過去に検索したキーワード」などの情報を基に、Yahoo! JAPANの各サービスサイト、および提携パートナーサイトの「コンテンツページ」に広告が表示されます。

「ユーザーの属性」「過去に閲覧したページ」「過去に検索したキーワード」などの情報を基に、Yahoo! JAPANの各サービスサイト、および提携パートナーサイトの「コンテンツページ」に広告が表示されます。
id49171_2

Yahoo! JAPAN以外で広告が表示される広告提携パートナーサイトは、「広告掲載サイト」内の「ディスプレイ広告(YDN)」を参照してください。

掲載可能な広告

検索広告では、テキスト広告を掲載できます。
YDNでは、テキスト広告に加え画像を使った広告を掲載可能です。
※検索広告では、画像を使った広告を掲載できません。

  検索広告 YDN
テキスト広告
※文字のみの広告
ディスプレイ広告
※画像を使った広告
×
テンプレート広告
インフィード広告
※テキスト内容と画像・ボタンなどの要素で構成された広告
×
動画広告 ×
※一部のお客様のみ

設定できるターゲティングの種類

検索広告とYDNでは、設定できるターゲティングの種類が異なります。

id49171_31

ターゲティングの詳細は、以下のページを参照してください。
ターゲティングについて(検索広告)
ターゲティングについて(YDN)