Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

運用しやすいアカウント構造を設計する

検索広告では、広告を管理する単位として、アカウント、キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告があります。それらは階層構造になっており、階層ごとに設定できる項目が異なります。
本ページでは、運用しやすいアカウント構造を設計するためのヒントをご紹介します。

キャンペーン、広告グループ設計のヒント
アカウント構造の設計例

キャンペーン、広告グループ設計のヒント

キャンペーンを分けるケース

キャンペーンでは「キャンペーン予算(日額)」「ターゲティング(地域、曜日・時間帯)」「スケジュール(掲載期間)」を設定できます。これらの設定内容ごとに広告を管理する場合は、キャンペーンを分けるのが有効です。

予算ごとにキャンペーンを分ける

予算金額ごとのキャンペーンを用意することで、予算の高低にあわせた広告やキーワードの管理ができます(例えば、予算をかけても集客したい人気のキーワード群と、予算をかけずに集客が期待できる自社商品名などのキーワード群に分けるなど)。
こうすることで予算ごとの集客効果の比較や、予算の比重変更などがしやすくなります。

ターゲティング(地域、曜日・時間帯)ごとにキャンペーンを分ける

ターゲティング対象ごとに訴求内容が異なる場合は、ターゲティング別のキャンペーンを用意することで、訴求内容にあわせた広告やキーワードをまとめて管理できます。

あるケーキ店がお店への来店促進と、焼き菓子の日本全国に向けた通信販売の集客をする場合、以下の2つのキャンペーンを用意します。
  • 特定の地域を設定した来店促進用のキャンペーン
  • 地域ターゲティングを設定しない通信販売集客用のキャンペーン

広告の掲載期間にあわせてキャンペーンを分ける

通常扱う商材とは別に、期間限定のセールや期限が決まっているイベントの集客を行う場合は、特定のスケジュールを設定したキャンペーンを用意することで、広告の掲載期間にあわせた管理ができます。

広告グループを分けるケース

広告グループは「キーワード」と「広告(広告文、最終リンク先URLなど)」をグループ化する階層です。

商材ごとに広告グループを分ける

複数の商材がある場合は、商材ごとの広告グループを用意し、商材にあわせたキーワードや広告を作成します。

「赤ワイン」で検索したインターネットユーザーに「ビール」の広告を表示し、ビールの商品ページに遷移させても購買につながりにくいので、赤ワインの広告グループには赤ワイン関連のキーワードと赤ワイン関連の広告を設定します。

ウェブサイトのカテゴリー構成にあわせて広告グループを分ける

ウェブサイトのカテゴリー構成は、掲載されている情報の粒度にあわせた階層構造になっていることが多く、これはインターネットユーザーのニーズの深度や具体度に比例します。
「ウェブサイトのカテゴリー構成=広告グループの分類」とすることで、カテゴリーごとの役割や強みにあわせた管理がしやすくなります。

ヒント
「キャンペーン予算(日額)」と「入札価格」は、1日に使える予算額をもとに、1日にどれくらいのクリック数が必要かを決めたうえで決定します。
1日の予算÷1日の目標クリック数=入札価格

※「キャンペーン予算(日額)」:検索広告に使える1日の予算額です。
※「入札価格」:1クリック(ユーザー1人の集客)あたりに支払う金額の上限額です。
※「入札価格」と「1日の予算」を同額に設定してしまうと、1日1クリック(1日に1人の集客)しか獲得できません。

アカウント構造の設計例

  1. 広告主様のウェブサイトでプロモーション対象とする商材やサービスを分類するための項目(「商品」「スケジュール」「ターゲティング対象」など)を決めます。
    例:創作和菓子の通販サイトAの場合
    • 商品
    • 用途
    • 売り出しスケジュール など
  2. 1の分類項目をもとに、商材やサービスに関する要素をリスト化します。
    例:創作和菓子の通販サイトAの場合
    用途 スケジュール 商品
    お中元 5~8月 水ようかん詰め合わせ
    お中元 5~8月 和風プリン詰め合わせ
    敬老の日 8~9月 水ようかん詰め合わせ
    敬老の日 8~9月 和風プリン詰め合わせ
    バレンタイン 1~2月 抹茶チョコレートギフトセット
  3. 2でリスト化した要素をキャンペーンと広告グループの階層ごとに振り分けます。
    ヒント
    キャンペーンと広告グループでは設定できる項目が異なるため、各階層で設定可能な項目を確認しながら分類します。
    例:創作和菓子の通販サイトAの場合
    スケジュールはキャンペーンのみで設定できる項目なので、スケジュール単位でキャンペーンを作成し、その配下に商品単位の広告グループを作成する。
    キャンペーン 広告グループ
    キャンペーン名 スケジュール 広告グループ名 商品
    お中元 5~8月 水ようかん 水ようかん詰め合わせ
    和風プリン 和風プリン詰め合わせ
    敬老の日 8~9月 水ようかん 水ようかん詰め合わせ
    和風プリン 和風プリン詰め合わせ
    バレンタイン 1~2月 抹茶チョコレート 抹茶チョコレートギフトセット
  4. 3で設計したキャンペーン、広告グループ配下に、スケジュールや、訴求内容にあわせた広告、キーワードを作成します。
    ヒント
    商品のどのような点を訴求したいか、またどのようなキーワードで検索したユーザーに対して広告を表示するのが効果的かなどを検討し、あらかじめ書き出しておくことをおすすめします。
    例:創作和菓子の通販サイトAの場合
    検索広告のアカウント構造の詳細は以下のヘルプをご確認ください。
    検索広告のアカウント構造(階層構造)について
    アカウント構造を設計するにあたり、より広告の効果を高めるためのヒントは以下のヘルプをご確認ください。
    広告の効果を高めるには