Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ターゲット設定とは

「ターゲット設定」では、動的検索連動型広告のキャンペーンに設定したウェブサイト、およびページフィード内のページURLから、ユーザーが広告をクリックした際に表示されるページ(ランディングページ)を絞り込むための条件を設定します。
ターゲット設定は、広告グループ単位、またはキャンペーン単位(除外対象のみ)で設定可能です。

ヒント
  • 動的検索連動型広告は、広告グループで「ターゲット設定(配信)」を1件以上設定する必要があります。
  • キャンペーンと広告グループで同一の条件を指定した場合、上位であるキャンペーン単位の設定が優先されます。
  • 同じ広告グループで同一のターゲット設定を「配信」と「除外」で指定した場合はエラーとなります。
  • 日本語のURLもターゲット設定で指定できます。
  • ターゲット設定の上限数は、キャンペーンと広告グループの合算で10,000件です。

ターゲット設定の種類

ターゲット設定は以下から選択します。

  1. URL
    指定した文字列を含むページURLをランディングページの対象にします。
    指定できる文字列の範囲は、以下のいずれかです。
    • 前後が「/」で挟まれた部分
    • ドメインまたはサブドメインで、前後が「.」または「/」で挟まれた部分
      ページフィードに以下のページURLを登録した場合
      ページURL
      https://example123.com/
      https://abc.example.com/example123/
      https://xyz.example.com/abc/

      →ターゲット設定で「URLが『example123.com』を含む」と設定すると、「https://example123.com/」がランディングページの対象になります。
      →ターゲット設定で「URLが『example123』を含む」と設定すると、「https://example123.com」および「https://abc.example.com/example123/」がランディングページの対象になります。
      →ターゲット設定で「URLが『abc』を含む」と設定すると、「https://abc.example.com/example123/」および「https://xyz.example.com/abc/」がランディングページの対象になります。
  2. ページURLのタイトル
    指定した文字列が<title>と</title>の間に含まれるページURLをランディングページの対象にします。
  3. ページURLの内容
    指定した文字列がコンテンツに含まれるとシステムが判断したページURLをランディングページの対象にします。
  4. カスタムラベル
    指定した文字列がカスタムラベルと同一のページURLをランディングページの対象にします。キャンペーンに設定したページフィード内で、カスタムラベルを登録している場合に利用できます。
    例:
    ページURL カスタムラベル 補足
    https://example.com/1.html Service;Japan;IT 登録したカスタムラベルは「Service」と「Japan」と「IT」
    https://example.com/2.html Service;Japan; 登録したカスタムラベルは「Service」と「Japan」
    ※ページフィードにカスタムラベルを複数登録する場合は、半角セミコロンで区切ります。
    上記の状態でターゲット設定に「カスタムラベルが『IT』と等しい」を設定すると、「https://example.com/1.html」がランディングページの対象になります。
  5. すべてのウェブページ
    キャンペーンに設定したドメイン配下のすべてのウェブページ、および設定したページフィードに登録されたすべてのページURLをランディングページの対象にします。
ヒント

ターゲット設定(除外)では、(1)~(4)の中から条件を指定できます。

ターゲット設定の操作方法について

ターゲット設定に関する操作方法(作成、確認、編集、削除)は、以下のページを参照してください。
ターゲット設定の追加方法
ターゲット設定の確認
ターゲット設定の入札価格の変更
ターゲット設定の削除方法