Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

品質インデックス

品質インデックスは、広告の品質を10段階で評価する指標です。キーワードごとに表示され、10に近いほど品質が高いことを表します。
id1043_1

ヒント

一般に、「広告の品質」が高い場合、広告の掲載順位は上がりやすく、クリック単価が低くなる傾向があります。しかし、「広告の品質」の具体的な数値は確認できないため、品質インデックスを参考値としてご確認ください。

品質インデックスの算出について
品質インデックスを確認する
推定クリック値について

品質インデックスの算出について

品質インデックスは、広告の関連性および、入稿されたキーワードが広告のクリックに結びつくかの予測により算出されます。

ヒント
  • 品質インデックスは、検索クエリーと入稿キーワードが完全に一致することを前提としています。マッチタイプや対象外キーワードの登録状況は、品質インデックスには反映されません。しかし、対象外キーワードを効果的に利用することで、「広告の品質」が向上する可能性があります。
  • インターネットユーザーが使用した検索クエリーや広告オークション時の要素(デバイス、場所、時間帯)は品質インデックスの算出において考慮されません。
  • 配信設定をオフにしているキーワードの品質インデックスは、配信設定を「オン」にしていた時点での値が保持されます。
  • 新しく作成したキーワードの品質インデックスは「-(ハイフン)」と表示され、約1日後、掲載結果に応じた値が反映されます。なお、作成したキーワードの掲載状況などにより反映に時間がかかる場合があります。
  • 直近でクリックやインプレッションのデータがないなど、キーワードの品質インデックスを正確に決定できる十分なインプレッション数またはクリック数がないキーワードの場合、品質インデックスは「-(ハイフン)」と表示されます。

「広告の品質」については、「広告の品質について」を参照してください。

品質インデックスを確認する

品質インデックスは、キーワード一覧とパフォーマンスレポートのキーワードレポートで確認できます。
なお、キーワード一覧・キーワードレポートともに指定した表示期間にかかわらず、現在の品質インデックスの値が表示されます。例えば、表示期間で「先月」を選択した場合でも、品質インデックスに表示されるものは現在の値になります。

過去の品質インデックスの値を確認する場合は、キーワードレポートで項目「品質インデックス(履歴)」を参照してください。品質インデックス(履歴)では、選択したレポート期間の最後の評価を表示します。

ヒント
キーワードレポートの作成手順は、パフォーマンスレポートの作成を参照してください。
作成の際に、「表示項目」を開いてオプション項目から品質インデックス(履歴)を追加してください。
ご注意
インプレッションが発生していない場合、品質インデックスは表示されません。品質インデックスを確認する場合は、該当キーワードにおいてインプレッションが発生している期間を指定してください。

キーワード一覧で品質インデックスを確認する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリックします。
  3. 画面中央の「表示内容選択」から「キーワード」をクリックします。
    id1043_2
    ヒント

    キーワード数が多い場合は、左ナビゲーションで該当のキーワードが含まれるキャンペーン、広告グループを絞り、「表示内容選択」の「キーワード」でキーワードを表示してください。

  4. キーワード一覧に品質インデックスの項目が表示されます。
    ヒント
    一覧の表示項目は並べ替え可能です。操作方法は、「一覧の「表示」について」を参照してください。

推定クリック値について

推定クリック値は品質インデックスを構成する要素のうちの一つで、広告が表示された際にどれだけクリックされるかを推定し評価したものです。「平均より上」「平均値」「平均より下」のいずれかで表示されます。

キーワード一覧画面の表示項目を変更することで「推定クリック値」を確認できます。

推定クリック値を確認する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリックします。
  3. 画面中央の「表示内容選択」から「キーワード」をクリックします。
    id1043_2
    ヒント
    キーワード数が多い場合は、左ナビゲーションで該当のキーワードが含まれるキャンペーン、広告グループを絞り、「表示内容選択」の「キーワード」でキーワードを表示してください。
  4. 画面中央の「表示」ボタンを押し「表示項目の編集」をクリックします。
    表示追加
  5. 「追加項目」に含まれる「推定クリック値」にチェックを入れます。
  6. 「適用」ボタンを押します。

過去の推定クリック値を確認する場合は、キーワードレポートで項目「推定クリック値(履歴)」を参照してください。推定クリック値(履歴)では、選択したレポート期間の最後の評価を表示します。

ヒント
キーワードレポートの作成手順は、パフォーマンスレポートの作成を参照してください。
作成の際に、「表示項目」を開いてオプション項目から推定クリック値(履歴)を追加してください。