Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ターゲティングを活用する

ターゲティングとは、どの地域にいるどんなユーザーに向けて、どのウェブサイトにいつ広告を出すのか、などの条件で絞り込み、適切なユーザーに適切なタイミングで広告を表示できる機能です。

Yahoo!広告では、ターゲティングを活用してより効率よく広告を配信できます。

ターゲティングの種類
複数ターゲティングの組み合わせについて
同一ターゲティング内の組み合わせについて【ディスプレイ広告】
サービスごとのターゲティング設定についてのヘルプ

ターゲティングの種類

ターゲティングは、大きく2つの種類に分けられます。
「どんな人に配信するか」を指定する「インターネットユーザーのターゲティング」と、「どこに配信するか」を指定する「配信サイトのターゲティング」です。

広告を配信する曜日・時間帯、デバイス、地域
曜日・時間帯ターゲティング特定の曜日・時間帯に限定し、広告を配信する機能です。曜日・時間帯を設定した場合、該当の曜日・時間帯で利用しているインターネットユーザーに対して広告を配信します。
さらに詳しく(検索広告)
デバイスターゲティング
地域ターゲティング特定の地域に限定して広告を配信する機能です。
さらに詳しく(検索広告)
さらに詳しく(運用型)
広告を配信するユーザー
性別ターゲティングインターネットユーザーの性別(男性/女性)を限定して広告を配信する機能です。
さらに詳しく(運用型)
年齢ターゲティング閲覧ユーザーの年齢層を限定して広告を配信する機能です。
さらに詳しく(運用型)
オーディエンスカテゴリーターゲティング
オーディエンスリストターゲティング
サーチキーワードターゲティングYahoo! JAPANの各種検索機能で過去にあるキーワードを検索したユーザーが、別の機会にディスプレイ広告が配信されるウェブページを訪れると、そのキーワードの検索履歴をもとに広告を配信する機能です。
さらに詳しく

広告を配信するコンテンツ
サイトカテゴリーターゲティング特定のカテゴリーに属するサイト(広告掲載面)に広告を配信するターゲティング機能です。広告を掲載するサイトをカテゴリー別に分類し、該当カテゴリーのサイトを閲覧しているインターネットユーザーに対して、広告を配信できます。
さらに詳しく
プレイスメントターゲティングディスプレイ広告を配信する、または配信対象外とするウェブサイト(URL)を指定することで広告の配信先を制御できるターゲティング機能です。
さらに詳しく(運用型)
コンテンツキーワードターゲティング広告を配信したい、または配信除外したいウェブページやアプリのコンテンツ(記事)の内容をキーワードで指定して、広告の配信先を制御できるターゲティング機能です。
さらに詳しく

※サービスによって提供されるターゲティングの種類や名称が異なる場合があります。

複数ターゲティングの組み合わせについて

複数のターゲティングを設定する場合、ターゲティング設定同士はAND(AかつB)の組み合わせになります(複数のターゲティングのどれにも当てはまるものを対象とする)。
複数のターゲティング設定を活用することで、より対象を絞り込んでピンポイントで広告を配信することが可能です。しかし対象を絞り込みすぎてしまうと狭い範囲にしか広告配信されなくなるのでご注意ください。

ターゲティング

同一ターゲティング内での組み合わせについて【ディスプレイ広告】

同一のターゲティング内で複数のリストやカテゴリーを選択した場合はOR(AまたはB)の組み合わせになります(指定したリストやカテゴリーのいずれかに含まれれば配信対象とする)。

同一ターゲティング

 

サービスごとのターゲティングについてのヘルプ

サービスごとのターゲティングについての詳細は、以下のページを参照してください。

検索広告
ターゲティングについて
ディスプレイ広告(運用型)
ターゲティング設定について

広告運用に役立つおすすめ情報