Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

権限管理機能を利用して、アカウントに特定のユーザーを招待できます。アカウントへの招待は、他企業(他代理店)のYahoo! JAPANビジネスIDのご利用者様をアカウントに招待することも可能です。

ご注意
  • アカウントの管理権限を持つユーザーが、他のユーザーを招待できます。
  • 他のユーザーをアカウントに招待する場合、以下の点に注意してご利用ください。
    • 招待、および招待されたユーザーの操作によって発生した問題の責任は、アカウントの招待を行ったユーザーが負うものとします。
    • 招待したユーザーが承諾するとアカウントの登録更新、参照、管理が行えるようになり、お問い合わせなどの際に当該ユーザーへ情報が開示されます。
  • 他のユーザーからアカウントに招待された場合、以下の点に注意してご利用ください。
  • 広告管理ツールを利用していない企業に登録されたYahoo! JAPANビジネスIDは、招待できません。その場合は、招待する企業でYahoo! JAPANビジネスIDを新たに登録のうえ、登録したYahoo! JAPANビジネスIDを以下の方法でアカウントに招待してください。

アカウントへの招待方法
アカウント招待時の自動送信メールの送信先

アカウントへの招待方法

アカウントへの招待方法は以下のとおりです。

ご注意
  • 一つのYahoo! JAPANビジネスIDに対して、一度に複数アカウントの権限は付与できません。
  • 複数のYahoo! JAPANビジネスIDに対して、同じアカウントの権限を一度に付与できません。
操作手順
  1. 広告管理ツールの「権限管理」タブをクリックします。
  2. サービス(ディスプレイ広告、検索広告)を選択のうえ、ユーザーを招待するアカウントを選択します。
    id55154_1
  3. 画面左上にある「アカウントに招待」ボタンを押します。
    id55154_21
  4. 招待するユーザーのYahoo! JAPANビジネスIDを入力します。
    id55154_3
    ご注意
    広告管理ツールを利用していない企業に登録されたYahoo! JAPANビジネスIDは、招待できません。
    ヒント
    同一企業内に登録されたツール管理者およびツール利用者は「Yahoo!ビジネスマネージャー(従業員一覧)」で確認できます。なお、「Yahoo!ビジネスマネージャー(従業員一覧)」は、ツール管理者のみ閲覧できます。
    id55154_4
  5. 招待するユーザーに付与する権限を、「権限」欄で選択します。
    権限管理機能で招待できるユーザーの権限については、「権限管理機能とは」の「権限管理機能で各アカウントに招待できるユーザーの権限」を参照してください。
    id55154_5
  6. 「招待メールを送信」ボタンを押します。
    手順4で入力したユーザーに、招待メールが送信されます。
    招待中のユーザーの状況は、一覧画面で確認できます。なお、「辞退」したユーザーは一覧画面では確認できません。
    id55154_6
    a.「招待中のユーザー」
    招待した後、「承諾」および「辞退」を行っていない状態のユーザーが表示されます。
    アカウントへの招待に有効期限はありません。ユーザーに承諾または辞退されるまでは、「招待中のユーザー」欄に表示されます。
    招待中のユーザーの取り消し方法は、「アカウントへの招待を取り消す」を参照してください。
    b.「招待済みユーザー」
    招待を承諾したユーザーが表示されます。

アカウント招待時の自動メールの送信

アカウント招待時に送信される自動メールの送信先は以下のとおりです。

_ 招待されたユーザー(Yahoo! JAPANビジネスID)の登録メールアドレス 招待先のアカウントの管理権限を持つユーザー全員のYahoo! JAPANビジネスIDの登録メールアドレス 招待先のアカウントに登録された「連絡先利用者のYahoo! JAPANビジネスID」の登録メールアドレス
アカウントへユーザーを招待した場合 - -
招待したユーザーが「承諾」または「辞退」した場合(※)

(※)招待先のアカウントがMCCアカウントに関連づけられている場合、当該MCCアカウントに管理権限が付与されたユーザー全員にも自動メールが送信されます。なお、MCCアカウントは一部のお客様のみ利用可能です。