Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ウェブサイトを訪問したユーザーに広告を配信する(サイトリターゲティング)

サイトリターゲティングとは、過去に広告主様のウェブサイトを訪問したことのあるインターネットユーザーをオーディエンスリストに蓄積し、リストを配信対象として設定することで、ウェブサイト訪問ユーザーへの広告配信ができる機能です。
なお、オーディエンスリストは広告の配信対象外としても設定できます。

ウェブサイト訪問ユーザーへの配信の仕組み
設定の流れ
実績値を確認する

ウェブサイト訪問ユーザーへの配信の仕組み

サイトを訪問したインターネットユーザーに対して広告を表示することで、より高い広告効果が見込めます。
id38594_1

設定の流れ

  1. サイトの「プライバシーポリシー」ページを確認
    広告主様のサイトの「プライバシーポリシー」ページを確認し、「プライバシーポリシーに必要な記載事項」が明記されているか確認します。「プライバシーポリシーに必要な記載事項」が明記されていない場合は、明記してください。
    ご注意

    広告データ利用基準では、広告主様のウェブサイト、アプリケーション等におけるユーザーの訪問・行動履歴情報を利用する広告商品をご利用になる場合、ユーザーに対して、データ取得の事実や利用目的などを説明することを定めています。

    ユーザーへの説明内容については、「プライバシーポリシーに必要な記載事項」を参照してください。

  2. サイトリターゲティングタグを取得する
    オーディエンスリストにウェブサイト訪問ユーザーを蓄積するにはサイトリターゲティングタグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。が必要です。
    サイトリターゲティングタグは、広告管理ツールのオーディエンスソース管理画面より取得できます。

    ウェブサイト訪問ユーザーの蓄積にあたって、設置が必要なタグの詳細や取得方法は以下を参照してください。
    サイトリターゲティングで設置が必要なタグについて
    サイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置
    ヒント
    • サイトリターゲティング用タグの取得には、アカウントの管理権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して全ての操作が可能で、資金管理、キャンペーンや広告グループの作成や編集、ユーザーの管理や参照などを実施できます。
      さらに詳しく
      、または登録更新権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して、登録・編集が行える権限です。入札価格の変更、キャンペーンや広告グループの編集、広告の作成・削除などが可能です。キャンペーンの管理や広告運用などを行う利用者に対して付与します。が必要です。
    • サイトリターゲティングタグを利用する際は広告主様のサイトの「プライバシーポリシー」ページに「プライバシーポリシーに必要な記載事項」が明記されている必要があります。サイトリターゲティングタグを取得する前にご確認ください。
  3. ウェブサイトにサイトリターゲティングタグを設置する
    サイトリターゲティングタグを広告主様のウェブサイトに設置します。
    サイトリターゲティングタグを設置することで、当該サイトへのインターネットユーザーの訪問履歴を蓄積できます。詳細は以下のページを参照してください。
    サイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置
    ご注意
    • サイトリターゲティングタグは、ウェブサイト内の全ページに設置することを推奨します。タグが設置されていないページは、そのページを訪問したユーザーの閲覧履歴情報が蓄積されません。
    • URLに全角文字などの2バイト文字を含むウェブサイトの場合、サイトリターゲティングタグを設置しても、URL(またはURLの一部の文字列)を条件に指定したオーディエンスリストの作成はできません。なお、URLの代わりにカスタムラベルを利用することで、特定のウェブページを指定したオーディエンスリストを作成できる場合があります。カスタムラベルの詳細は「オーディエンスリストの条件にカスタムラベルを設定する」を参照してください。
  4. オーディエンスリストの作成を行う
    オーディエンスリストの管理画面で、広告の配信対象となるオーディエンスリストを作成します。
    オーディエンスリストの種別は、「ウェブサイト訪問ユーザー」または「条件」を選択してください。
    サイトのURL(またはURLの一部の文字列)や、任意で作成したカスタムラベル、参照元URLインターネットユーザーが、サイトリターゲティングタグ設置ページへアクセスする直前に、閲覧していたウェブページのURLです。ターゲットリスト作成の条件で参照元URLを利用すると、ユーザーが広告主様のサイトに訪問するルートに応じた広告の出し分けが可能になります。などの条件を指定して作成できます。
    オーディエンスリストとは
    オーディエンスリストの作成
    オーディエンスリストの条件にカスタムラベルを指定する

  5. オーディエンスリストを設定する広告グループを作成する
    ※すでに作成済みの広告グループを利用する場合、本手順は不要です。
    オーディエンスリストを設定するキャンペーン、広告グループを新規で作成する場合は以下を参照してください。
    キャンペーンを作成する
    広告グループを作成する

  6. オーディエンスリストを広告グループに設定する
    手順3で作成したオーディエンスリストを、手順4の広告グループ、または既存の広告グループに設定します。これにより広告グループ内に作成した広告を、オーディエンスリストに含まれるユーザーに対して配信できます。
    広告グループへの設定については、以下を参照してください。
    広告グループにオーディエンスリストを設定する
    ヒント
    オーディエンスリストを使って、特定の条件に該当するユーザーに広告を配信しないこともできます。
    「広告主様のウェブサイトに訪問したことのないユーザー」向けに配信する場合
    条件を設定しない「ウェブサイト訪問ユーザー」のオーディエンスリストを作成し、「除外」対象として設定する。
    →広告主様のウェブサイトを訪問したことのあるユーザーは配信対象から除外され、未訪問のユーザーに対して広告が配信されます。

実績値を確認する

オーディエンスリストの実績値(インプレッション数広告が表示された回数を指します。広告が4回表示された場合、インプレッション数は「4」です。クリック数広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数のことです。、コンバージョン数など)を確認する方法は以下の2通りです。

広告管理ツールの一覧画面から確認する

オーディエンスリストの一覧画面からパフォーマンスデータを確認できます。詳しくは「一覧画面でパフォーマンスデータを確認する」を参照してください。

レポートで確認する

パフォーマンスレポートキャンペーン、広告グループ、広告などの各種パフォーマンスデータを確認するレポートです。
さらに詳しく
を作成する際に「基本項目」の「設定項目:基本」から「オーディエンスリスト名」や「オーディエンスリストID」を指定すると確認できます。
レポートの作成方法は「パフォーマンスレポート・テンプレートの作成」を参照してください。

パフォーマンスレポートでターゲットリストを指定

ご注意

1人のインターネットユーザーが複数のオーディエンスリストにマッチした場合、最大の入札価格調整率が設定されているリストのみに実績値が加算されます。最大の入札価格調整率が複数のリストに設定されている場合はそれぞれに実績値が加算されます。そのため、オーディエンスリストの実績値の合計と、その他のパフォーマンスデータやレポートの合計は一致しない場合があります。