Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

参照元URLについて

参照元URLとは、インターネットユーザーがサイトリターゲティングのタグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。設置ページへアクセスする直前に 閲覧していたウェブページのURLのことです。
ウェブサイト訪問ユーザー、および条件のオーディエンスリストを作成する際に、絞り込みの条件として参照元URLを設定できます。参照元URLを利用すると、インターネットユーザーが自社サイトに訪問するルートによる広告の出し分けや、 入札価格の調整が可能になります。

ヒント
参照元URLの入力制限は、URLと同様です。

参照元URLをご利用の際の注意

ユーザーの自社サイト訪問方法やウェブサイトの仕様によっては、オーディエンスリストの条件に参照元URLの設定をしても参照元URLを取得できない場合があります。

リーチ数の取得が不可能な場合

(1)サイトリターゲティングタグの設置ページに以下の方法で訪問した場合
a.ブラウザーのアドレスバーに直接URLを入力した場合
b.ブックマークや履歴、ショートカットから訪問した場合
c.httpsのページからhttpページへ遷移した場合
d.QRコードを利用して訪問した場合
(2)参照元(参照元URLのページ)がタグの設定などでリファラー(参照元URL)の取得制限を行っている場合
(3)自社サイトがiframeを利用しており、iframe内の子ページにサイトリターゲティングタグの貼付がある場合

リーチ数の取得は可能だが正確なURLの取得ができない場合

(1)リファラー(※)で送信されてくるURLが書き換えられている場合
参照元ページのサイトの設定で、参照元URLの情報を送信するときに、URLの書き換えを行っている場合があります。
※ リンクをクリックして別ページ遷移したとき、リンク元のページのURLなどを 送信する設定
(2)外部リンクへ移動する際に、中間ページが挿入されている場合
参照元ページから、外部リンクをクリックした時に中間ページを挿入している場合

ヒント
参照元URLを調べる場合は、解析ツールなどをご利用ください。

Yahoo!タグマネージャーをご利用の場合の注意

Yahoo!タグマネージャーでサイトリターゲティングタグをご利用の場合も、参照元URLを条件に指定できます。
2014年12月14日(日)以前に、Yahoo!タグマネージャーですでに設定済みのサイトリターゲティングタグに関しては、「サービスタグ管理」画面で当該タグのステータスを一度無効にし、再度有効に切り替えることで、参照元URLの情報を取得できるようになります。
※上記操作を行わない場合、サイトリターゲティングタグは従来どおり機能しますが、参照元URLの情報が取得できませんのでご注意ください。
※2014年12月15日(月)以降、新規に設定したタグに関しては、上記操作は不要です。

 

広告運用に役立つおすすめ情報