Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

コンバージョン測定とは

※このページでは、掲載フォーマットが「テキスト広告」「ディスプレイ広告」「テンプレート広告」の場合のコンバージョン測定について説明しています。「動画広告」のコンバージョン測定については、「動画広告を利用する場合のコンバージョン測定について」を参照してください。

掲載フォーマットについては、「掲載フォーマットについて」を参照してください。

 

コンバージョン測定は、ディスプレイ広告(以下、YDN)で掲載した広告をクリックしてサイトを訪問したユーザーによるコンバージョン(商品の購入や会員登録、資料請求、アプリのインストールなど、何らかの成果と見なされる行動)を計測する機能です。コンバージョン測定を利用することで、広告がどの程度の成果を上げているかなどを確認できます。

YDNでは、以下の2種類のコンバージョンを測定できます
ウェブサイト上におけるコンバージョン
ウェブサイト上で発生した何らかの成果(商品の購入や会員登録、資料請求など)をコンバージョンとして測定します
アプリのインストール
アプリのインストールをコンバージョンとして測定します。

ウェブサイト上におけるコンバージョン

ウェブサイト上におけるコンバージョンを測定するには、コンバージョン測定タグをお客様のサイトに設置する必要があります。

お客様のサイトの取引完了ページにコンバージョン測定タグを正しく設置すると、訪問者が取引完了ページに到達したときに、コンバージョンが発生します。

訪問者のブラウザーのCookie情報およびログイン情報をもとに、その訪問者がお客様の出稿した広告をクリックしたかを確認し、計測期間(7日間~90日間)内にクリックの履歴があれば、有効なコンバージョンとしてカウントします。ただし、訪問者のブラウザーがCookieを受け入れる設定となっている必要があります。
また、ログイン情報も用いた測定により、PCで広告をクリックしてスマートフォンで購入など、デバイス(端末)をまたいだコンバージョンも計測できます。

コンバージョン測定を行うには、広告管理ツールで測定タグを発行し、お客様のサイトに設置する必要があります。詳しい設定方法は、「ウェブサイトのコンバージョン測定を新規設定する」を参照してください。

ご注意
  • 2018年6月20日に、コンバージョン測定タグの以下の項目を変更しました。
     従来  yahoo_ydn_conv_amount
     変更後   yahoo_ydn_conv_value
    なお、変更日以前からコンバージョン測定を行っている場合は、従来のタグを引き続き利用できます。
  • 2018年6月20日にコンバージョン測定の改修を実施しました。この改修に伴い、実施日以前に作成済のコンバージョン測定では、以下の設定を適用しています。必要に応じて変更してください。
     - コンバージョン列に含める:「含める」
     - 計測方法:「毎回」

アプリのインストール

アプリのインストールをコンバージョンとして測定するには、YDNと連携済みの広告効果測定ツールを導入する必要があります。なお、コンバージョン測定タグの設置は必要ありません。アプリのインストール測定に関する詳細は、「アプリのインストール(コンバージョン)測定を新規設定する」を参照してください。

ヒント
コンバージョンの測定データは、広告管理ツールの「ツール」タブ、「キャンペーン管理」タブ、「レポート」タブで確認できます。詳しい手順は、「コンバージョン測定データの確認方法」を参照してください。