Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

広告の掲載効果を確認する

広告の掲載がはじまったら、広告がどのくらいのユーザーに見られているか、広告を見たユーザーがどのくらいリンク先のページを表示したかなど、広告の効果を確認してみましょう。
ここでは、広告の効果を確認するための基本的な指標と、確認の方法について説明します。
覚えておきたい指標
広告管理ツールで基本的な指標を確認しましょう

覚えておきたい指標

広告の効果を確認するためには、目的にあわせてさまざまな指標を使います。まずは、ここで紹介する基本的な指標を覚えておきましょう。

  • インプレッション数(広告が掲載された回数)
    広告が、どれだけのユーザーにアプローチできたかを示す指標です。インプレッション数が多いほど、多くのユーザーに広告が配信されたことになります。
    id30274_01
  • クリック数(掲載された広告がクリックされた回数)
    広告が、どれだけのユーザーをリンク先のページへ集客できたかを示す指標です。クリック数が多いほど、多くのユーザーがリンク先のページを表示したことになります。
    id30274_02
  • クリック率(掲載された広告のうち、クリックされた広告の割合)
    広告が、どれだけユーザーにクリックされやすいかを示す指標です。クリック率が高いほど、ユーザーの興味を引く広告になっているといえます。
    クリック率(%)= クリック数 ÷ インプレッション数 x 100
  • コンバージョン数(掲載された広告をクリックしたユーザーのうち、商品の購入や資料請求などの具体的な行動に至ったユーザーの数)
    広告が、どれだけ具体的な成果に結びついているかを示す指標です。コンバージョン率が高いほど、広告の成果が高いといえます。
    id30274_03
  • 合計コスト(任意の期間でのクリック料金の合計金額)
    広告がユーザーにクリックされることで発生する料金の合計金額です。
  • 平均CPC(1クリックあたりの料金の平均値)
    1クリックあたりの料金の平均値です。1クリックあたりの料金は変動するため、合計コストの金額をクリック数で割って算出します。
    平均CPC = 合計コスト ÷ クリック数
    ※広告掲載方式が「動画広告」「PCブランドパネル(動画)」のキャンペーンでは、「合計コスト」に動画視聴による課金額も含まれます。

「インプレッション数」「クリック数」「コンバージョン数」の関係性を、実際の店舗で顧客が商品を購入する時の行動に例えると、以下のような図になります。それぞれの指標の意味を理解した上で、広告の効果を確認しましょう。
id30274_04

広告管理ツールで基本的な指標を確認しましょう

広告管理ツールでは、基本的な指標を画面上で簡単に確認できます。

各指標の値を確認する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「ディスプレイ広告」タブをクリックし、「アカウント一覧」に表示されるアカウント名をクリックします
    id30274_05
  2. [キャンペーン]ボタンを押して、「表示期間選択」で確認する期間を選択します
    id30274_06
    キャンペーンの一覧と指標の値が表示されます。
    広告グループまたは広告の一覧と指標を表示する場合は、[広告グループ]ボタンまたは [広告]ボタンを押します。
  3. キャンペーンごとに各指標の値を確認します
    id30274_07
ヒント

ここでは、広告管理ツールの画面で、簡単に広告の効果を確認する方法をご紹介しました。
さらに詳細なデータを使って運用状況を定期的に確認する方法については、「パフォーマンスレポートで定期的に広告の効果を確認する」を参照してください。