Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

テンプレートの作成

作成したレポートの設定は「テンプレート」として保存できます。テンプレートを利用すると、同じ設定内容のレポートを簡単に作成できます。また、指定した期間でテンプレートから定期的にレポートを作成し、作成完了のお知らせをメールで受け取ることも可能です。

ディスプレイ広告(YDN)のパフォーマンスレポートでテンプレートを作成する手順は、以下のとおりです。

テンプレートを作成する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「ディスプレイ広告」タブをクリック
  2. 「アカウント一覧」から該当のアカウント名をクリック
  3. 「レポート」タブの矢印(▼)をクリックしてプルダウンメニューから「パフォーマンスレポート」をクリック
    もしくは「レポート」タブをクリックして、「パフォーマンスレポート」画面が表示されていることを確認
  4. パフォーマンスレポート画面の「テンプレート一覧」以下の[新規テンプレートを作成]ボタンを押す
    新規テンプレートを作成する場合、ページの案内に従って必要項目の入力、設定を行います。
  5. レポート形式を設定する [もっと詳しく]
  6. レポート内容を設定する [もっと詳しく]
  7. テンプレートを設定する [もっと詳しく]
  8. [作成]ボタンを押す [もっと詳しく]

5. レポート形式の設定 [操作手順5に戻る]

レポートの種類

作成するテンプレートのレポート種類を選択します。アカウントやキャンペーンなど階層別にレポートを作成できます。なお、選択するレポートによって設定する内容が異なります。選択できるテンプレートの概要は以下のとおりです。

  • アカウントレポート:アカウント全体の統計情報レポート
  • キャンペーンレポート:キャンペーン別の統計情報レポート
  • 広告グループレポート:広告グループ別の統計情報レポート
  • 広告レポート:広告別の統計情報レポート
  • リンク先URLレポート:リンク先URL別の統計情報レポート
  • 広告配信先レポート:広告が配信されたURL別のレポート
  • フリークエンシーレポート:フリークエンシー実績を確認できる統計情報レポート
  • リーチレポート:リーチ数(広告を表示したユニークユーザー数)などのレポート(2019年9月17日以降のデータ)

※選択するレポートによって、設定項目が変わります。

表示切替

レポートを表示する集計単位を最大4件まで選択できます(広告配信先レポート、フリークエンシーレポート、リーチレポートは2件まで)。
[+表示項目を追加]をクリックして新しい設定項目を追加します。同一項目の複数指定はできません。
例:日、デバイス、広告掲載方式、などから集計単位を選択できます。

表示項目

レポートに表示する項目を選択します。必須で表示される基本項目に加えて、オプション項目から選択できます。表示させる場合は項目にチェックを入れ、非表示にする項目からはチェックを外します。

表示項目の並び替え

設定した表示項目をドラッグ&ドロップで並び替えられます。初期設定に戻す場合は「初期設定の並び順に戻す」をクリックします。

6. レポート内容の設定 [操作手順6に戻る]

集計期間

レポートを集計する期間を選択できます。プルダウンから該当する期間を選択してください。

フィルターをかける
表示項目にフィルターを設定して、必要な情報に絞り込んだレポートを作成できます。フィルターの設定方法は、以下のとおりです。
<フィルターの設定方法>
6.1. 「項目追加」をクリック
6.2. フィルターの設定欄(行)が追加されるので、プルダウンメニューからフィルターとして設定するレポート項目を選択し、条件を指定する
id1451_1

ヒント
  • 「項目追加」をクリックすると、フィルター設定欄を追加できます。なお、追加できるフィルター設定欄は最大5件です。
  • 同一のレポート項目に対して複数のフィルターは設定できません。
  • 選択したレポート項目により設定できるフィルターの条件は異なります。
  • キャンペーンIDなどで選択できる「除外」を設定すると、条件として入力した文字列に完全一致したデータを除外したデータを出力します。

7. テンプレートの設定 [操作手順7に戻る]

作成方法

テンプレートの作成方法を選択します。「テンプレートを作成」を選択した場合、テンプレートのみ作成します。
「テンプレートを作成し、同時にレポートも作成する」を選択した場合、テンプレートを作成し、かつ設定した条件のレポートが作成できます。

レポート名

レポートを管理するうえで分かりやすい名称に変更できます。「テンプレートを作成し、同時にレポートも作成する」を選択した場合、レポートも作成されます。

ファイル形式

レポートはCSV、TSV、XMLの3つのファイル形式で出力可能です。また、各形式の圧縮ファイル(ZIP)も選択できます。

作成スケジュール

スケジュールを設定することで「毎日」、「毎週(指定曜日)」、「指定日(毎月実行)」など、定期的にレポートを作成できます。定期の必要がない場合は「一度のみ」を選択します。
指定日の日付が月末に設定されている場合、該当日のない月はその前日にレポートの作成が行われます。
(29~31日をレポートの作成日に指定している場合、該当日のない月は、月の最終日にレポートが作成されます)

ご注意
毎月1日の時点で以下の条件すべてに該当する場合、作成スケジュールは「一度のみ」に自動で変更され、レポートの定期作成が停止します。
【対象条件】
  • テンプレートの作成スケジュールが「毎日」「毎週(指定曜日)」「指定日(毎月実行)」のいずれかに設定されている
  • 過去13カ月の間、レポートデータのインプレッション数、クリック数、およびコンバージョン数がすべて0
    ※再度、定期的な作成スケジュールを設定することも可能です。
    ※土日祝日に関わらず、毎月1日に該当するレポートを判定し、設定変更を実施します。
メール送信

レポートが作成された時に、あらかじめ登録したメールアドレスにお知らせを送信できます。メールアドレスの登録は5件まで可能です。

8. [作成]ボタンについて [操作手順8に戻る]

[作成]ボタンを押すことで新規テンプレートが作成されます。「作成方法」の項目で「テンプレートを作成し、同時にレポートも作成する」を選択した場合、 レポートも同時に作成されます。作成されたテンプレートを表示、編集する時はパフォーマンスレポート画面の「テンプレート一覧」を確認してください。

 

ご注意
テンプレートの作成上限数は1アカウントにつき30個までです。