Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

プレイスメントリストの作成

プレイスメントターゲティングを設定するには、事前にプレイスメントリストの作成が必要です。

プレイスメントリストとは
プレイスメントリストを使ったターゲティングについて
プレイスメントリストを作成する

プレイスメントリストとは

広告を配信する(または配信しない)ウェブサイトのURLのリストです。作成したプレイスメントリストを広告グループに設定すると、プレイスメントターゲティングを利用できます。

ヒント
  • プレイスメントリストはアカウント単位で作成します。1アカウントあたり100件までリストを作成可能です。
  • 1つのプレイスメントリストには、URLを1000件まで追加できます。
  • プレイスメントリストには個別のスマートフォンアプリのURL追加も可能です。詳細は、「スマートフォンアプリ配信時のURLについて」を参照してください。
  • プレイスメントリストに登録したURLにディレクトリが含まれる場合、ディレクトリ部分が完全一致した場合に配信対象となります。
    URL「yahoo.co.jp/1」を含むプレイスメントリストを広告グループBに「配信対象」として設定した場合:
    • 「yahoo.co.jp/1/2」→配信対象(前方一致)
    • 「news.yahoo.co.jp/1」→配信対象(後方一致)
    • 「news.yahoo.co.jp/1/2」→配信対象(このURL内に登録URL「yahoo.co.jp/1」が完全に含まれる)
    • 「yahoo.co.jp/111/2」→配信対象外(登録URL「yahoo.co.jp/1」のディレクトリ部分は「1」だが、このURLは「111」のため不一致)
  • PC版のYahoo!JAPANトップページを配信対象に設定する(または配信対象外に設定する)場合は、「toppage.yahoo.co.jp」を指定します。

プレイスメントリストを使ったターゲティングについて

プレイスメントリストを設定すると、リストに登録したURLと前方一致、または後方一致するURLのウェブサイトが広告の配信対象(または配信対象外)となります。一致しないURLのウェブサイトはプレイスメントターゲティングの対象外です。

URL「www.yahoo.co.jp」を含むプレイスメントリストを広告グループAに「配信対象」として設定した場合:
「www.yahoo.co.jp」→配信対象
「shopping.yahoo.co.jp」→配信対象外(「www」が含まれないため)
※上記2つのURLを配信対象とする場合は、直接入力で「yahoo.co.jp」を設定してください。

 

ご注意
プレイスメントターゲティングは、広告掲載方式が「ターゲティング」「インフィード広告」「動画広告」「動的ディスプレイ広告」のキャンペーン配下の広告グループに設定できます。

プレイスメントターゲティングの詳細は、「プレイスメントターゲティング」を参照してください。
プレイスメントターゲティングの設定を行う際は広告配信先レポートもあわせてご利用ください。
広告配信先レポート

プレイスメントリストを作成する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「ディスプレイ広告」タブをクリック
  2. 「アカウント一覧」ページから該当のアカウント名をクリック
  3. 「ツール」タブの矢印(▼)をクリックしてプルダウンメニューから「プレイスメントリスト管理」をクリック
    または「ツール」タブをクリックし、「ツール一覧」画面で「プレイスメントリスト管理」をクリック
  4. [プレイスメントリスト作成]ボタンを押し、「新規作成」を選択
    <作成済みのプレイスメントリストをコピーして作成する場合>
    コピー元となるプレイスメントリストにチェックを入れてから、[プレイスメントリスト作成]ボタンを押し、「選択したプレイスメントリストをコピーして作成」を選択します。
  5. 「プレイスメントリスト作成」画面が表示されるので、以下の「プレイスメントリスト情報」を入力
    ・プレイスメントリスト名
    プレイスメントリストの名称を入力します。作成済みのリストと同じ名称は入力できません。入力必須です。
    ・プレイスメントリストの説明
    プレイスメントリストの説明を入力します。
  6. 「プレイスメントリスト登録」でURLを登録 [もっと詳しく
  7. [保存]ボタンを押して、プレイスメントリストを保存

6. 「プレイスメントリスト登録」でURLを登録します。登録するURLは候補から選択、または手動で入力します。 操作手順6に戻る

候補を検索して選択

広告の配信実績があるウェブサイトのURLの一覧から、プレイスメントリストに追加するURLを選択できます。
id1433_1
(1)「掲載フォーマット」プルダウンメニュー
クリックして表示されるメニューから、任意の掲載フォーマット(テキスト、ディスプレイ、テンプレート)を選択できます。
(2)「サイトカテゴリー」プルダウンメニュー
任意のサイトカテゴリーを選択して検索ボタンを押すと、選択したカテゴリーでURL候補一覧を絞り込めます。
(3)キーワード検索
検索キーワードを指定して検索ボタンを押すと、キーワードに合致するURLを検索できます。部分一致検索に対応しています。
(4)URL
配信実績のあるURL候補一覧を表示します。一覧には最大10,000件まで表示されます。

ヒント
URL候補一覧のURLは、ドメイン、ディレクトリ(第2階層目まで)単位で表示されます(ウェブサイトによっては、URLの表示がドメインまでとなる場合があります)。

(5)掲載フォーマット
各URLのサイトの広告掲載フォーマットが、アイコン(テキスト、ディスプレイ、テンプレート)で表示されます。「詳細」をクリックすると、対応画像サイズを確認できます。
(6)参考値
URLごとの実績に基づく参考値を表示します。インプレッション数とリーチ数が、デバイス単位の合計値で表示されます。
※参考値として表示される値は、弊社が独自に集計した広告インプレッション数、およびリーチ数です。ドメインごと、またはURLごとのページビュー数(PV)やユニークユーザー数(UU)などの媒体規模を示すものではありません。

ヒント
  • リーチ数とは、対象のURLにアクセスした訪問者数です。
  • URL候補一覧の参考値が100未満の場合は「100未満」と表示されます。また参考値が100~999の場合、下2桁で切り捨てて表示されます。1000以上の場合、上2桁を残し3桁目以降を切り捨てて表示されます。
    例:
    インプレッション数が1の場合→「100未満」
    インプレッション数が99の場合→「100未満」
    インプレッション数が299の場合→「200」
    インプレッション数が15,999の場合→「15,000」
  • 全デバイスのインプレッション数の合計値が一定の値に満たないURLはURL候補一覧に表示されません。
  • URL候補一覧は過去30日分のデータを集計し、定期的に更新されます。
  • id1433_2

(1)[追加]ボタン
URL候補一覧から選択したURLをプレイスメントリストに追加します。
(2)[不明な配信先を追加]ボタン
配信先が取得できないURL(不明な配信先)をプレイスメントリストに追加します。
(3)[削除][有効][無効]ボタン
プレイスメントリストに追加済みURLを選択し、[削除]ボタンを押すと、プレイスメントリストからURLを削除できます。
また[有効][無効]ボタンを押すと、URLのステータスを変更できます。一時的にリストから外す場合は、[無効]ボタンを押します。
(4)プレイスメントリスト追加済みURLのリスト
プレイスメントリストに追加済みのURL一覧を表示します。

手動で入力

プレイスメントリストに追加するURLを手動で入力します。
id1433_3
(1)[追加]ボタン
URL入力欄に入力したURLをプレイスメントリストに追加します。
(2)URL入力欄
プレイスメントリストに追加するURLを入力します。URLを複数入力する場合は、改行で区切って入力してください。
URLの入力ルールは、以下を参照してください。

【ドメイン・ディレクトリ入力ルール 】

  ルール 詳細と入力例
1 文字数 ドメイン・ディレクトリは合計250文字まで入力可能
2 ドメイン・ディレクトリの階層
  1. ドメインは設定できる階層数に制限はありません。
  2. ディレクトリは第2階層目まで設定可能です。
    (正)example.com/dir1/dir2
    example.domain.com/dir1
    (誤)example.com/dir1/dir2/dir3(ディレクトリが第3階層以上のため)
3 スラッシュ記号の有無 末尾のスラッシュは不要
(正)example.com
(誤)example.com/
example.com/dir1/
4 使用できる文字・記号
  1. ドメインに使用可能な文字・記号
    半角英数字と下記の半角記号
    「.(ピリオド)」「-(ハイフン)」
  2. ディレクトリに使用可能な文字・記号
    半角英数字と下記の半角記号
    「-(ハイフン)」「_(アンダーバー)」「.(ピリオド)」「!」「~」「*」「'」「(」「)」「;(セミコロン)」「/」「&」「:(コロン)」「@」「=」「+」「$」「,(カンマ)」「%」
5 使用できない文字列
  1. プロトコルヘッダ( http:// https:// など)
    (誤)http://example.com
  2. ポート番号(:80 :8080など)
    (誤)example.com:8080
  3. ハッシュ、クエリー、ファイルなど
    (誤)example.com/#test
    example.com/?test=111
    example.com/test.html
6 大文字小文字について ドメイン、ディレクトリともに小文字、大文字での入力が可能です。ただし、大文字で入力した場合は、自動で小文字に変換されます。