Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

訪問履歴の有効期間と蓄積について

オーディエンスリストを作成、編集する際に設定する訪問履歴の有効期間と蓄積について説明します。

ヒント
訪問履歴の有効期間と訪問履歴の蓄積設定は以下のオーディエンスリストで編集できます。
  • ウェブサイト訪問ユーザー
  • 条件
  • デフォルト
    ※ウェブサイト訪問ユーザー、および条件のオーディエンスリストは作成時にも設定が可能です。


1.訪問履歴の有効期間について
2.訪問履歴の蓄積制御機能について
3.過去の訪問者の設定について

1.訪問履歴の有効期間について

オーディエンスリストの「訪問履歴の有効期間」では、リストに格納したデータの有効期間(日数)を1日~540日間の範囲内で設定できます。
オーディエンスリストに訪問履歴の有効期間を設定したイメージ

例1:訪問履歴の有効期間が90日間(初期設定)の場合
例2:訪問履歴の有効期間を90日間から60日間に変更した場合
例3:訪問履歴の有効期間を120日間に変更した場合
ヒント
  • 初期設定は90日間です。
  • 訪問履歴の有効期間は1日から540日間までの範囲で設定可能です。
  • 組み合わせのオーディエンスリストの場合は、組み合わせるリストの有効期間に準じます。
ご注意
類似ユーザーは過去のサイト訪問ユーザーを基に抽出されるため、基となるオーディエンスリストに設定されている訪問履歴の有効期間は、類似ユーザーの抽出には影響をあたえません。
※設定条件が同じで、訪問履歴の有効期間のみが異なるオーディエンスリストを基に類似ユーザーのリストを複数作成しても、抽出される類似ユーザーは同じになります。

2.訪問履歴の蓄積制御機能について

オーディエンスリストの「訪問履歴の蓄積」では、ユーザーのサイト訪問履歴やアプリイベント情報をもとにしたデータの蓄積有無を設定します。
訪問履歴の蓄積設定イメージ

訪問履歴を「蓄積する」に設定すると「蓄積しない」に変更しない限り、オーディエンスリストの訪問履歴は蓄積され続けます。
逆に「蓄積しない」を選択すると、「蓄積する」に変更するまで訪問履歴は蓄積されません。

訪問履歴の蓄積制御機能を利用すると、特定の期間にウェブサイトを訪問したユーザーや、アプリイベントが発生したユーザーに対して広告を配信するオーディエンスリストを作成できます。

過去100日間に実績(広告の表示)が発生していないオーディエンスリストの「訪問履歴の蓄積」は、自動的に「蓄積しない」に変更される対象になります。また、広告グループに関連付けられていないオーディエンスリストについても、100日間利用されていない場合は自動的に「蓄積しない」に変更される対象になります。
システムで「蓄積しない」に変更された後、該当のオーディエンスリストで実績が発生すると、再度「蓄積する」に自動的に変更されます。また、蓄積済みの訪問履歴は、当該リストの有効期間内は保持されます。
なお、以下に該当するオーディエンスリストは過去100日間に実績がない場合でも「蓄積しない」に変更されません。

  • 「訪問履歴の蓄積」の変更後、100日以内
  • 「除外対象」に利用されている
  • 実績のある組み合わせのオーディエンスリストに設定されている
  • 実績のある類似ユーザーのオーディエンスリストに設定されている
ご注意
  • 訪問履歴を「蓄積しない」に設定している場合、当該期間の訪問履歴は保持していないため、後から取得することはできません
  • デフォルトのオーディエンスリストで「訪問履歴の蓄積」が自動で「蓄積しない」に変更された場合でも、当該リストを参照しているその他のオーディエンスリストで過去100日間に実績が発生していれば、その他のオーディエンスリストの「訪問履歴の蓄積」は「蓄積しない」に変更されません。訪問履歴は引き続き蓄積されます。
  • 新規作成したオーディエンスリストについては、作成日から100日間は実績が発生しなくても訪問履歴が蓄積されます。

訪問履歴の有効期限と蓄積設定を行う方法については、以下を参照してください。
オーディエンスリストの作成
オーディエンスリストを編集、削除する
オーディエンスリストの管理画面

3.過去の訪問者の設定について

ウェブサイト訪問ユーザー、および条件のオーディエンスリスト作成時、「過去の訪問者の設定」で、オーディエンスリスト作成以前に訪問していたユーザーを配信対象に含めることが可能です。

  • 設定する:オーディエンスリスト作成以前に訪問していたユーザーを配信対象に含めます。過去最大30日間に広告主様のサイトやアプリに訪問していた、かつオーディエンスリストの条件に一致するユーザーが蓄積されます。
  • 設定しない:オーディエンスリスト作成以前に訪問していたユーザーは配信対象に含めません。
ご注意
  • 過去の訪問者の設定は、オーディエンスリストの新規作成時のみ設定可能です。オーディエンスリストの作成後は編集できません。
  • 「過去の訪問者の設定」を利用するには、オーディエンスリストの作成以前に、広告主様サイトへのサイトリターゲティングタグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。の設置や、アプリイベントの設定が必要です。
    なお、オーディエンスリストに格納するデータによって必要な事前設定は異なります。詳細は以下を参照してください。
    ウェブサイトを訪問したユーザーに広告を配信する(サイトリターゲティング)
    アプリのイベント情報をもとに広告を配信する