Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

サイトリターゲティングタグの取得とサイトへの設置

オーディエンスリストを作成するには、事前にサイトリターゲティングタグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。の取得が必要です。
なお、サイトリターゲティングタグの取得には、アカウントの管理権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して全ての操作が可能で、資金管理、キャンペーンや広告グループの作成や編集、ユーザーの管理や参照などを実施できます。
さらに詳しく
、または登録更新権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して、登録・編集が行える権限です。入札価格の変更、キャンペーンや広告グループの編集、広告の作成・削除などが可能です。キャンペーンの管理や広告運用などを行う利用者に対して付与します。が必要です。

ヒント
ウェブサイト訪問ユーザー、条件のオーディエンスリストを作成する場合は、サイトリターゲティングタグの取得に加えて、広告主様のサイトの全ページにタグの設置が必要です。
サイトリターゲティングタグを設置することで、タグを設置したページを訪問したユーザーの閲覧履歴を弊社のサーバー上に蓄積し、訪問履歴のあるユーザーに対して広告を表示します。広告配信開始前に、サイトリターゲティングタグを広告主様のサイトへ設置してください。
サイトに設置が必要なタグの詳細については「サイトリターゲティングで設置が必要なタグについて」を参照してください。

サイトリターゲティングタグについて

サイトリターゲティングタグには、「従来版」と「リニューアル版」の2種類があります。リニューアル版のタグは、従来版のタグよりもブラウザーなどの環境の影響を受けにくい新しいフォーマットです。
なお、従来版のタグはディスプレイ広告(YDN)の終了に合わせて提供を終了しました。今後はリニューアル版をお使いください。

サイトリターゲティングタグの確認、および設置手順

操作手順
  1. 広告管理ツール画面右上の「ツール」をクリックします。
  2. 「共有ライブラリー」の「オーディエンスリスト」をクリックします。
  3. 左サイドメニューの「オーディエンスソース」をクリックします。「サイトリターゲティングの利用を開始」画面が表示されます。
    ※本手順は初回のみです。
  4. 「プライバシーポリシーに必要な記載事項」にて規約の内容を確認した上で、「同意する」にチェックを入れ、「サイトリターゲティングタグの取得」ボタンを押します。
    ※本手順は初回のみです。

    ヒント
    「プライバシーポリシーに必要な記載事項」については、以下を参照ください。
    プライバシーポリシーに必要な記載事項
  5. 「カスタムオーディエンスID(リターゲティングID)」、および「サイトジェネラルタグ・サイトリターゲティングタグ」が表示されます。

    ヒント
    2回目以降、タグとIDを確認する場合は画面左にあるサイドメニューで「オーディエンスソース」をクリックして、「タグ・IDを表示」ボタンを押してください。
  6. 表示されている「サイトジェネラルタグ・サイトリターゲティングタグ」をコピーします。
    コード例
    コード例
    ヒント
    • 「タグをクリップボードにコピー」をクリックすると、簡単にタグをコピーできます。
    • サイトジェネラルタグの詳細は、以下のページを参照してください。
      サイトジェネラルタグについて
  7. コピーしたタグを、サイト内の全ページの終了タグ</body>の直前に貼り付けます。
  8. タグを貼り付けたファイルを保存し、アップロードします。
ヒント
サイトリターゲティング用タグに任意のカスタムラベルを設定することで、サイト内のページをグル―ピングできます。詳細については、以下を参照ください。
オーディエンスリストの条件にカスタムラベルを設定する

広告運用に役立つおすすめ情報