Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ディスプレイ広告のキャンペーンエディター(以下、キャンペーンエディター)でキャンペーンを作成する手順は以下の4種類があります。

  • キャンペーンを1件ずつ作成する
    画面に設定項目を入力して、キャンペーンを作成します。
  • キャンペーンをコピーして作成する
    作成済みのキャンペーンをコピーして、キャンペーンを作成します。
    コピーして作成する
  • 複数作成機能でキャンペーンを作成する
    テキストデータを貼り付けて、キャンペーンを作成します。
    データを複数まとめて作成する
  • インポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。機能でキャンペーンを作成する
    CSV(またはTSV)ファイルを読み込んでキャンペーンを作成します。
    データをインポートする

本ページではキャンペーンを1件ずつ作成する手順について説明します。

キャンペーンを1件ずつ作成する

操作手順
  1. キャンペーンエディター メイン画面左側の表示内容選択一覧から、「キャンペーン」を選択します。


  2. 「キャンペーンの作成」をクリックし、「キャンペーンの目的」を選択します。


  3. データエリアの最下行にキャンペーンのデータが追加されるので、データ詳細エリア、またはデータエリア上でキャンペーンの各項目を設定します。
    データ詳細エリアのタブを切り替えて、設定内容を入力してください。
    タブを切り替え

    ※リンクをクリックすると、各タブの設定内容の説明に遷移します。
    「選択したキャンペーンの編集」タブ
    「URLオプション」タブ
    「ラベル」タブ
    ヒント
    各項目の設定途中で、データ詳細、設定エリア上部にエラーが表示された場合は、エラーの内容を確認のうえ設定内容を修正してください。
    <設定内容>
    「選択したキャンペーンの編集」タブ
    選択したキャンペーンの編集
    図内番号項目名設定内容
    (1)配信設定配信のオン、オフを選択します。
    キャンペーン目的

    キャンペーン作成時に選択したキャンペーン目的が表示されます。
    1日の予算キャンペーン予算(日額)を100円以上、1円単位で入力します。
    ※入札戦略の課金方式が「CPV」の場合は1000円以上の金額を設定してください。
    ディスプレイ広告(運用型)の1日の予算と請求について
    入札戦略キャンペーンの入札方法を設定します。手動入札または自動入札から選択します。
    キャンペーン目的によって選択できる自動入札の種類が異なります。詳細は「キャンペーン目的ごとに設定できる自動入札の種類」を参照してください。
    入札価格

    キャンペーンの入札価格を設定します。
    キャンペーンの1日の予算を超えない金額を入力してください。
    「入札戦略」で自動入札を選んだ場合は、空欄にします。

    コンバージョン単価の目標値「入札戦略」で「自動入札(コンバージョン単価の目標値)」を選んだ場合に入力します。
    スケジュール設定キャンペーンの開始日と終了日を設定します。
    フリークエンシーキャップフリークエンシーキャップ(期間、回数、階層)を設定します。
    フリークエンシーキャップについて
    (2)キャンペーン名キャンペーン名を入力します。
    最適化に使用するコンバージョン

    自動入札の最適化に、どの階層のコンバージョン設定を使用するかを以下のいずれかより選択します。

    ・「アカウント単位のコンバージョン設定を使用する」

    アカウント内のコンバージョン設定(「コンバージョン列に含める」を選択した設定のみ)を最適化に使用します。

    ・「キャンペーン単位で使用するコンバージョン設定を選択する」
    コンバージョン設定、またはコンバージョングループのいずれかを最適化に使用します。
    コンバージョン名

    自動入札の最適化に使用するコンバージョン設定の名称を入力します。

    「最適化に使用するコンバージョン」で「キャンペーン単位で使用するコンバージョン設定を選択する」を入力した場合のみ、本項目、または「コンバージョングループ名」のいずれかを入力してください。
    コンバージョングループ名

    自動入札の最適化に使用するコンバージョングループの名称を入力します。

    「最適化に使用するコンバージョン」で「キャンペーン単位で使用するコンバージョン設定を選択する」を入力した場合のみ、本項目、または「コンバージョン名」のいずれかを入力してください。
    アプリ名プロモーション対象のアプリ名を入力します。
    ヒント
    キャンペーンの目的が「アプリ訴求」の場合のみ入力が必要です。
    入力したアプリ名は広告の「主体者表記」の項目に自動で設定されます。
    アプリOSプロモーション対象のアプリのOSを選択します。
    ヒント
    キャンペーンの目的が「アプリ訴求」の場合のみ入力が必要です。
    アプリID/パッケージ名

    プロモーション対象のアプリの「アプリID/パッケージ名」を入力します。
    iOSの場合:アプリIDを入力します。
    Androidの場合:パッケージ名を入力します。

    ヒント
    キャンペーンの目的が「アプリ訴求」の場合のみ入力が必要です。
    SKAdNetwork計測

    広告効果測定ツールを選択します。

    ヒント
    キャンペーンの目的が「アプリ訴求」の場合のみ入力が必要です。

    「URLオプション」タブ
    「URLオプション」タブ
    項目名設定内容
    (1)トラッキングURLトラッキングを行う場合は、広告効果測定用のURLを設定します。
    (2)カスタムパラメータ左の入力欄にパラメータの名前、右の入力欄にパラメータの値を入力します。


    「ラベル」タブ

    項目名設定内容
    (1)ラベル選択中のキャンペーンに設定されているラベルのラベル名を表示します。複数設定されている場合は、カンマ区切りで表示します。
    (2)編集「編集」をクリックすると、「ラベル選択」画面が表示されます。キャンペーンに設定するラベルを選択してください。
    ラベルを選択したら、[OK]ボタンを押してください。
    id10955_31
    ヒント
    • 1つのキャンペーンにつき最大50件のラベルを設定できます。
    • 「ラベルを追加」をクリックすると、新規ラベルを追加できます。
    • テキストボックスにキーワードを入力し[検索]ボタンを押すと、ラベル名での検索ができます。
    (3)設定を解除「設定を解除」をクリックすると、選択中のキャンペーンに設定されているラベルがすべて解除されます。
  4. 作成したデータを広告管理ツールへアップロードします。
    キャンペーンエディターで作成したデータは、アップロードすることで広告管理ツールへの反映が完了します。アップロードの詳細な手順については、「データのアップロード」を参照してください。

キャンペーンにおけるターゲティング設定については、以下のページを参照してください。