Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ディスプレイ広告版キャンペーンエディター(以下、キャンペーンエディター)では、キャンペーン、広告グループなどのデータを複数まとめて作成できます。
複数作成機能で作成できる項目は以下のとおりです。

  • キャンペーン
  • 広告グループ
  • 広告
  • 各種ターゲティング設定

データを複数作成する手順は、以下のとおりです。
※広告グループの複数作成の手順を例に説明します。

操作手順

  1. 複数作成する項目のテキストデータを用意します。
     id10949_1
    テキストデータの入力仕様はインポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。機能と同じです。入力仕様については、「インポートデータ入力仕様(キャンペーン、広告グループ、広告、ターゲティング) 」を参照してください。
  2. キャンペーンエディター メイン画面の表示内容選択一覧で、複数作成する項目を選択します。
    複数作成
  3. データエリア上部の「複数作成」ボタンを押し、複数作成画面を開きます。
  4. 手順1で用意したテキストデータをコピーし、「クリップボードから貼り付け」ボタンを押して、画面に貼り付けます。
    ヒント
    キーボードの「Ctrl」キーを押しながら、「V」キーを押してデータを貼り付けることも可能です。
  5.  貼り付けたテキストデータの内容と項目名(列名)が適合していることを確認します。
    id10949_3
    ヒント
    • 適合していない場合は、該当する項目名(列名)をクリックし、プルダウンリストから正しい項目名を選択してください。
    • インポートする必要のない項目名(列名)は「取り込まない」を選択してください。
    • 表示されているテキストデータは、画面上で内容を編集できます。また、行や列の追加、削除も行えます。
  6. データを作成する上位階層のキャンペーンや、広告グループを選択します。
    ※キャンペーン作成の場合は上位階層を選択する必要はありません。手順7に進んでください。
    id10949_4 
    上位階層の選択には以下の2種類の方法があります。
    • アカウントツリー上で上位階層のキャンペーンや、広告グループにチェックを入れる
    • 「アカウントツリーで指定せずテキストエリアで入力」にチェックを入れ、貼り付けたデータエリア上で上位階層のキャンペーンや、広告グループを指定する
  7. その他の必要な項目を設定します。
    id10949_5
    (1)データ作成方法のオプション

    データ作成方法のオプションを以下の3つより選択します。
    ・名称項目をキーに既存のデータを編集:
    名称項目が一致するデータについては既存データを編集し、一致しないデータについては新規作成します。
    ・ID項目をキーに既存のデータを編集:
    ID項目が一致するデータについては既存データを編集し、一致しないデータについては新規作成します。
    ・編集せず、新規作成:
    既存データは編集せず、すべて新規作成します。
    (2)項目名一覧

    キャンペーンやターゲティング設定など、作成するコンポーネントの種別ごとに必要な項目の一覧を表示します。
    ヒント
    • 項目名(列名)のプルダウンリストで選択済みの項目は太字で表示されます。
    • 項目名(列名)のプルダウンリストで未選択の項目は灰色の文字で表示されます。
    • 項目名(列名)のプルダウンリストで、同じ項目が重複して選択されている場合は、赤色の太字で表示されます。
    (3)インポート用テンプレートのダウンロード
    キャンペーンエディターで利用できるインポート用ファイルのテンプレートをダウンロードできます。
    インポート用テンプレートは、手順1で用意するテキストデータ作成の際にご利用ください。
  8. 「インポート」ボタンを押します。
  9. エラーの内容やインポート件数を確認します。
    id10949_6
    (1)インポート可能件数とエラー内容の確認

    読み込まれたデータのうち、インポートできないデータの一覧とエラー内容をCSVファイルでダウンロードできます。
    (2)インポートデータ件数の一覧
    インポートするデータ、およびインポートできないデータの件数を、コンポーネントの種類ごとに表示します。
  10. 問題なければ「インポート」ボタンを押します。
  11. データが編集中のステータスで作成されます。
    編集内容にエラーがある場合は「入力値エラー」のステータスになります。
  12. 作成したデータを広告管理ツールへアップロードします。
    キャンペーンエディターで作成したデータは、アップロードすることで広告管理ツールへの反映が完了します。アップロードの詳細な手順については、「データのアップロード」を参照してください。