Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ディスプレイ広告版キャンペーンエディター(以下、キャンペーンエディター)では、テキストファイルやテキストデータなどをインポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。して、広告や広告グループなどの入稿情報の作成やターゲティング設定が行えます。
インポート機能で作成、編集できる項目は、以下のとおりです。

  • キャンペーン
  • 広告グループ
  • 広告
  • 各種ターゲティング設定
  • 各種リストデータ
  • 画像ファイル(画像、ロゴ画像、動画サムネイル)
  • ラベル
ヒント
ご注意
ターゲティングの設定値をインポートする場合、広告グループ単位で設定の置き換え(広告グループ配下の既存の設定を破棄し、新しい設定で上書き)が行われます。そのため、更新内容とあわせて、変更しない既存の設定内容もインポートファイルに入力しておく必要があります。

データのインポート方法は以下の2種類があります。

CSV(またはTSV)形式で作成したファイルのデータをインポート

CSV(またはTSV)形式で作成したファイルを読み込んで、キャンペーンエディター上にデータをインポートします。
インポート可能なファイル形式

  • キャンペーンエディターのデータをエクスポートし、編集を加えたCSV形式のファイル
  • 広告管理ツールのインポート用テンプレートファイル
  • 任意の形式で作成したCSV(またはTSV)形式のファイル
ヒント

ファイルのデータをインポートする

操作手順
  1. インポート対象のCSV(またはTSV)ファイルを用意します。
  2. メニューバーの「インポート」または「≡」メニューの「インポート」をクリックします。
    ・メニューバーの「インポート」
    インポート
    ・「≡」メニューの「インポート」
    メニュー
  3. 「CSVファイルからインポート」を選択し、CSVファイルからインポート画面を開きます。
  4. インポートの対象を「対象の選択」からクリックします。

    ヒント

    「リスト」「画像、ロゴ画像、動画サムネイル」「ラベル」については、共有ライブラリからもそれぞれインポートできます。

    ・リスト

     共有ライブラリ画面の操作メニュー「リストデータのインポート」をクリックし、「CSVファイルからインポート」を選択します。

    ・画像、ロゴ画像、動画サムネイル

     共有ライブラリ画面の操作メニュー「画像のインポート」をクリックし、「CSVファイルからインポート」を選択します。

    ・ラベル

     共有ライブラリ画面の操作メニュー「ラベルのインポート」をクリックし、「CSVファイルからインポート」を選択します。

  5. 「対象ファイルの設定」のテキストボックス右横の「参照」ボタンを押し、手順1で用意したインポート対象のCSV(またはTSV)ファイルを選択します。

    ヒント
    「インポート用テンプレートのダウンロード(CSV)」をクリックすると、インポートに利用できるテンプレートファイル(CSVファイル)をダウンロードできます。
  6. 「文字エンコードの選択」で、手順5で選択したファイルの文字エンコードを選びます。

    ヒント

    初期表示時は自動で判定された「文字エンコード」が選択されます。
    自動で判定された「文字エンコード」を変更する場合は、手動で選択し直してください。

  7. 画面左下の「プレビュー」ボタンを押します。
  8. インポートされる内容が表示されるので、データと項目名(列名)が適合していることを確認します。

    • 適合していない場合は、該当する項目名(列名)をクリックし、正しい項目名を選択してください。
    • インポートする必要のないデータの項目名(列名)は、「取り込まない」を選択してください。
  9. その他、必要な項目を設定します。

    (1)インポート方法のオプション
    データのインポート方法を以下の3つより選択します。
    • 名称項目をキーに既存のデータを編集:名称項目をキーにして既存データを編集し、キー項目が一致するデータがない場合は新規作成します。
    • ID項目をキーに既存のデータを編集:IDの項目をキーにして既存データを編集し、キー項目が一致するデータがない場合は新規作成します。
    • 編集せず、新規作成:既存データは編集せず、すべて新規作成します。
    (2)項目名一覧
    キャンペーンやターゲティング設定など、作成するコンポーネントの種別ごとに必要な項目の一覧を表示します。
    ヒント
    • 項目名(列名)のプルダウンリストで選択済みの項目は太字で表示されます。
    • 項目名(列名)のプルダウンリストで未選択の項目は灰色の文字で表示されます。
    • 項目名(列名)のプルダウンリストで、同じ項目が重複して選択されている場合は、赤色の太字で表示されます。
  10. 「インポート」ボタンを押します。
  11. エラーの内容やインポート件数を確認します。 
    id10912_9
    (1)インポート可能件数とエラー内容の確認
    読み込まれたデータのうち、インポートできないデータの一覧とエラー内容をCSVファイルでダウンロードできます。
    (2)インポートデータ件数の一覧
    インポートするデータ、およびインポートできないデータの件数を、コンポーネントの種類ごとに表示します。
  12. 問題なければ「インポート」ボタンを押します。
  13. キャンペーンエディターに「編集中」のステータスでデータが作成されます。 
    編集内容にエラーがある場合は「入力値エラー」のステータスになります。
  14. キャンペーンエディターのデータを広告管理ツールへアップロードします。 
    キャンペーンエディターで作成した広告は、アップロードすることで、広告管理ツールへの反映が完了します。アップロードの詳細な手順については、「データのアップロード」を参照してください。

テキストデータをインポート

クリップボードに保存されたテキストデータをキャンペーンエディター画面に貼り付けて、テキストデータをインポートします。

ヒント
クリップボードとは
コンピューター上で範囲選択したテキストデータなどをコピーして、一時的に保存しておくための機能です。たとえばCSVファイルにあるデータの一部だけをインポートする場合は、クリップボードにコピーしたデータをキャンペーンエディターに貼り付けてそのままインポートできます。インポート用にファイルを作り直す必要がありません。

テキストデータをインポートする

操作手順
  1. インポート対象のテキストデータを用意します。
  2. インポートメニューをクリックします
    インポートメニューは作成対象のデータによって異なります。
    <キャンペーン、広告グループ、広告、ターゲティングの場合>
    キャンペーンエディターメイン画面の以下のいずれか
    ・メニューバーの「インポート」
    インポート
    ・「≡」メニューの「インポート」
    メニュー
    <リストの場合>
    ・共有ライブラリ画面の操作メニュー「リストデータのインポート」
    リストのインポート
    <画像、ロゴ画像、動画サムネイルの場合>
    ・共有ライブラリ画面の操作メニュー「画像のインポート」
    画像のインポート
    <ラベルの場合>
    ・共有ライブラリ画面の操作メニュー「ラベルのインポート」
    ラベルのインポート
  3. 「テキストからインポート」を選択し、テキストインポート画面を開きます。
  4. 手順1で用意したインポート対象のテキストデータをコピーし、「クリップボードから貼り付け」ボタンを押して、画面に貼り付けます。 
    ※キーボードの「Ctrl」キーを押しながら、「V」キーを押してデータを貼り付けることも可能です。
  5. 貼り付けたテキストデータの内容と項目名(列名)が適合していることを確認します。
    id10912_14
    ヒント
    • 適合していない場合は、該当する項目名(列名)をクリックし、プルダウンリストから正しい項目名を選択してください。
    • インポートする必要のない項目名(列名)は「取り込まない」を選択してください。
    • 表示されているテキストデータは、画面上で内容の編集ができます。また、行や列の追加、削除も行えます。
  6. その他の必要な項目を設定する
    id10912_15
    (1)インポート方法のオプション
    データのインポート方法を以下の3つより選択します。
    • 名称項目をキーに既存のデータを編集:
      名称項目が一致するデータについては既存データを編集し、一致しないデータについては新規作成します
    • ID項目をキーに既存のデータを編集:
      ID項目が一致するデータについては既存データを編集し、一致しないデータについては新規作成します。
    • 編集せず、新規作成:
      既存データは編集せず、すべて新規作成します。
      ご注意
      「ID項目をキーに既存のデータを編集」を選択した場合、キャンペーン、広告グループ、広告の設定内容は、各IDをキーに既存のデータを編集できます。キャンペーン、広告グループ、広告以外の項目は、「ID項目をキーに既存のデータを編集」を選択しても、各IDではなく名称をキーにして既存データを編集、または新規作成します。
    (2)項目名一覧
    インポート項目の一覧を表示します。・項目名(列名)に設定済みの項目は太字で表示されます。
    • 項目名(列名)のプルダウンリストで未選択の項目は灰色の文字で表示されます。
    • 項目名(列名)に同じ項目が重複して選択されている場合は、赤色の太字で表示されます。
    (3)インポート用テンプレートのダウンロード
    キャンペーンエディターで利用できるインポート用ファイルのテンプレートをダウンロードできます。
    インポート用テンプレートは、手順1で用意するテキストデータ作成の際にご利用ください。
  7. 「インポート」ボタンを押します。
  8. エラーの内容やインポート件数を確認します。 
    id10912_16
    (1)インポート可能件数とエラー内容の確認

    読み込まれたデータのうち、インポートできないデータの一覧とエラー内容をCSVファイルでダウンロードできます。
    (2)インポートデータ件数の一覧
    インポートするデータ、およびインポートできないデータの件数を、コンポーネントの種類ごとに表示します。
  9. 問題なければ「インポート」ボタンを押します。
  10. キャンペーンエディターのデータを広告管理ツールへアップロードします。 
    キャンペーンエディターで作成した広告は、アップロードすることで、広告管理ツールへの反映が完了します。アップロードの詳細な手順については、「データのアップロード」を参照してください。