Yahoo!広告

Yahoo!広告 ヘルプ

ご利用開始方法 ステップ5(タグの追加と設定)

Yahoo!タグマネージャーのご利用開始時には、次の1から7のステップで設定を行います。
ステップ1:サイトを設定する
ステップ2:ユニバーサルタグの取得と設置
ステップ3:ページを設定する
ステップ4:広告管理ツールでタグの設定を確認する
ステップ5:タグの追加と設定
ステップ6:設置済みタグの削除
ステップ7:タグが正常に動作しているか確認する

 

Yahoo! JAPANユニバーサルタグ(ユニバーサルタグ)に利用したい各種サービスタグを追加し、「ご利用開始方法 ステップ3(ページを設定する)」で設定したページにタグを設定します。Yahoo!タグマネージャーでは、Yahoo! JAPANが発行するサービスタグだけでなく、認定ベンダーが提供する各種サービスタグについても追加が可能です。追加可能なサービスタグ一覧については、Yahoo!タグマネージャーの「サービスタグを追加」画面にてご確認ください。
認定ベンダーについては、「認定ベンダー」を参照してください。

ユニバーサルタグにサービスタグを追加する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「運用サポートツール」タブをクリックし、「Yahoo!タグマネージャー」タブをクリック
  2. 対象のアカウント名左横の[ログイン]ボタンを押して「Yahoo!タグマネージャー」画面を表示する
  3. 画面左側メニューの「サービスタグ管理」をクリック
  4. [サービスタグを追加]ボタンを押す
    ご利用開始方法 ステップ5(タグの追加と設定)1
  5. 「サービスタグを追加」画面が表示され、タグ一覧が表示される
    サービスタグの名称やサービスタグの提供元(社名)などで検索できます。
    ご利用開始方法 ステップ5(タグの追加と設定)2
  6. 一覧から追加するサービスタグを選択[もっと詳しく
  7. タグの作成画面が表示されるので、サービス名や「ご利用開始方法 ステップ4(広告管理ツールでタグの設定を確認する)」で確認したタグの設定内容(IDやラベル)の値を入力する
    <検索広告 コンバージョン測定タグ(JavaScript)の場合の表示例>
    測定タグ
    ※入力項目は選択したサービスタグにより異なります。
  8. [サービスタグの作成]ボタンを押す
    ヒント
    手順8で[サービスタグの作成]ボタンを押すとタグは保存されますが、実行はされません。手順13まで完了すると、実行されます。
  9. 追加したタグを実行するページ名横の[未設定]ボタンを押す
    ご利用開始方法 ステップ5(タグの追加と設定)4
    ※表示内容は選択したサービスタグにより異なります。「設定」項目のボタン名が「設定済み」に変わります。
    ご利用開始方法 ステップ5(タグの追加と設定)
  10. [保存して次へ]ボタンを押す
    ご利用開始方法 ステップ5(タグの追加と設定)6
  11. 画面右上の[プレビュー]ボタンを押す
  12. プルダウンメニューの「有効」を選択
    ご利用開始方法 ステップ5(タグの追加と設定)7
  13. 「このタグを有効にしますか?」のポップアップ画面で[OK]ボタンを押す
ヒント
  • 以下の画面からでもステータス(プレビュー/有効/無効)の変更が可能です。
    ‐画面左側メニュー「ウェブサイト」>該当のページ名をクリック>サービスタグ設定タブ
    ‐画面左側メニュー「サービスタグ管理」
  • 追加したサービスタグの情報を修正する場合は、「サービスタグ情報」をクリックします。 設定画面で修正内容を入力したら、 [サービスタグを保存]ボタンを押します。


<検索広告電話発信コンバージョンタグの設定の場合>
検索広告電話発信コンバージョンタグの設定の場合は、さらに電話番号を掲載するウェブサイトのページへも設定作業が必要です。詳しくは、以下の資料ダウンロードページにて「Yahoo!広告タグ 運用手引書」(P.5)をご確認ください。
Yahoo!タグマネージャー 資料ダウンロード

6.タグの選択方法[操作手順6に戻る

タグの選択方法は、2種類の選択方法があります。

  • タグサービス名(企業名)から選択
    サービスタグ追加画面のタグ一覧で「サービス(提供)」名をクリックします。
    選択したサービス(提供)で追加できる各種サービスタグが表示されるので、追加対象のタグ名を選択します。
  • タグ名から直接選択
    サービスタグ追加画面のタグ一覧で右側に表示されているタグ名を選択します。
ヒント
YDN コンバージョン測定タグなどのように、JavaScriptタグとピクセルタグの両方が提供されており、かつJavaScript の有効、無効に関わらずタグを実行したい場合は、ピクセルタグのみを設定してください。