Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

検索広告 サイトリターゲティングの設定について(カスタムキーを設定する場合)

このページでは、Yahoo!タグマネージャーでサイトリターゲティングにカスタムキーを設定する場合の手順を説明しています。Yahoo!タグマネージャーが発行するYahoo! JAPANユニバーサルタグをウェブサイトに設置し、詳細をタグマネージャーにて設定してください。

カスタムキーを設定しない場合は、「検索広告 サイトリターゲティングの設定について」を参照してください。

サイトリターゲティングのカスタムキー機能については、「サイトリターゲティング用タグの高度な設定(カスタムキー機能)」を参照してください。

詳細設定を行う前に、Yahoo!タグマネージャー上で以下の設定を行う必要があります。
ご利用開始方法 ステップ1(サイトを設定する)
ご利用開始方法 ステップ2(ユニバーサルタグの取得と設置)
ご利用開始方法 ステップ3(ページを設定する)

操作手順

  1. 広告管理ツールの「運用サポートツール」タブをクリックします。
    運用サポートツール
  2. 対象のアカウント名左横の「ログイン」ボタンを押して「Yahoo!タグマネージャー」画面を表示します。
    ログイン
  3. 画面左側メニューの「サービスタグ」をクリックします。
    サービスタグ
  4. 「サービスタグを追加」ボタンを押します。
    サービスタグを追加
  5. 「サービスタグを追加」画面が表示されるので、「Yahoo!広告 検索広告」欄の「サイトリターゲティングタグ:カスタムキー(JavaScript)」をクリックします。
    サイトリターゲティングタグ:カスタムキー
  6. サービスタグ名を入力します。
    サービスタグ名
  7. 必要に応じてコメントを入力します。
    コメント
  8. 「リターゲティングID」を入力します。
    リターゲティングID
    ヒント
    「リターゲティングID」の確認方法は、以下のページの「検索広告 サイトリターゲティングタグの設定を確認する」を参照してください。
    ご利用開始方法 ステップ4(広告管理ツールでタグの設定を確認する)
  9. 「カスタムキー」を入力します。
    左側の入力欄に「キー」、右側の入力欄に「バリュー」にあたる内容を入力します。
    カスタムキー
    ヒント
    キーとバリューの記述方法や注意点などは、「サイトリターゲティング用の高度な設定(カスタムキー機能)」を参照してください。
    「バリュー」に動的な値を使用する場合は、データバインディングを利用します。先にデータバインディングを作成し、バリュー欄の隣に表示されるボタンをクリックして表示されたメニューから該当のデータエレメントを選択します。
    データバインディングの作成については、「「データバインディング」の作成」を参照してください。
    また、「Yahoo!広告タグ 運用手引書」でもカスタムキーの設定手順についてご案内しています。「運用手引書」は、Yahoo!タグマネージャー公式サイトからダウンロードしてください。
  10. 「サービスタグを保存」ボタンを押します。
    サービスタグを保存
  11. サイトリターゲティングタグを設定するページの「未設定」ボタンを押します。
    未設定
  12. ページの設定状態が「設定済み」に変わります。
    設定済み
  13. 「保存して次へ」ボタンを押します。
    保存して次へ
  14. 画面右上の「プレビュー」ボタンを押します。
    プレビュー
  15. プルダウンメニューの「有効」を選択します。
    有効
  16. 「このタグを有効にしますか?」のポップアップ画面で「OK」ボタンを押します。

    ヒント
    サービスタグを「有効」に設定すると、画面右上に表示されているタグの状態が「プレビュー」から「有効」になります。