Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

「データバインディング」の作成

「データバインディング」とは、各種タグサービスの提供元へ受け渡すデータをタグに関連付けるための設定です。
ウェブサイトのコンテンツには、各種タグサービスの提供元が必要としているデータ(URLクエリー文字列中のパラメーター、HTML中のテキスト、JavaScriptのオブジェクトなど)が点在しています。データバインディングを利用することで、それらのデータを取得し、必要とするタグに受け渡すことができます。
データバインディングでは、ウェブサイト以外にも、アプリ・メール・広告・APIからデータを取得できます。また取得したデータは、Yahoo!タグマネージャーに登録した複数のタグで共有できます。

■データバインディングの構成について
データバインディングは、「データエレメント」と「データバインディングエクスプレッション」(DBE)から構成されています。
データエレメントとは、取得したデータを入れる箱のようなもので、任意の名前を付けることができます。
DBEには、具体的なデータの取得方法を記述します。Yahoo!タグマネージャーが定義している関数を利用するか、JavaScriptにより取得方法を直接記述します。
データバインディングの作成は、以下の手順で行ってください。


データバインディングを作成する

操作手順
  1. 画面左のメニューから「ウェブサイト」をクリック
    ダッシュボード
  2. データバインディングを設定するページをクリック
    ウェブサイト
  3. 画面上部の「バインディング」タブをクリック
  4. 画面右上の[データバインディングを追加]ボタンを押す
  5. データバインディングを設定する「データエレメント」をクリック
    データエレメント
    ヒント
    データエレメントは「データディクショナリー」のメニューから作成できます。
    「データディクショナリー」について
  6. データバインディングエクスプレッション(DBE)を入力し、[保存]ボタンを押す
    編集画面
    ヒント
    DBEの詳細は以下のページをご確認ください。
    「データバインディングエクスプレッション(DBE)」の作成