Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

エラーレポート

Yahoo!タグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。マネージャーが提供するエラーレポートでは、タグエラー、およびページエラーを確認できます。

ご注意
エラーは全リクエストのうち10%のサンプルから収集しているため、統計値には誤差が生じます。

エラーレポートには、「サービスタグのエラー」「ページのエラー」の2種類があります。
サービスタグのエラー:サービスタグに関して発生したエラー
ページのエラー:ウェブサイトのページで発生したエラー
エラーレポートは、「ダッシュボード広告管理ツールにログインした直後に表示される画面です。Yahoo!広告からのお知らせなどを確認できます。」、「ウェブサイト」、および「サービスタグ管理」から確認できます。
「ダッシュボード」から「サービスタグのエラー」または「ページのエラー」を確認する
「サービスタグ管理」から「サービスタグのエラー」を確認する
「ウェブサイト」から「ページのエラー」を確認する

 

「ダッシュボード」から「サービスタグのエラー」または「ページのエラー」を確認する

操作手順
  1. 画面左側メニューの「ダッシュボード」をクリック
    ダッシュボード
  2. ダッシュボード画面下部の「サービスタグのエラー」または「ページのエラー」をクリック
    エラー選択
  3. エラータブをクリックし、エラーの詳細を確認
    012365_3_2.jpg
    ※画面は「サービスタグのエラー」のサンプル画面です。

「サービスタグ管理」から「サービスタグのエラー」を確認する

操作手順
  1. 画面左側メニューの「サービスタグ管理」をクリック
    サービスタグ管理
  2. エラータブをクリックし、エラーの詳細を確認
    012365_5_2.jpg

「ウェブサイト」から「ページのエラー」を確認する

操作手順
  1. 画面左側メニューの「ウェブサイト」をクリック
    ウェブサイト
  2. エラータブをクリックし、エラーの詳細を確認
    012365_7_2.jpg

 

■エラー表示画面の構成について
012365_8_2.jpg
(1)エラー件数
エラータブに表示される数字は「エラー件数」を表します。

ヒント
エラー件数に表示される「k」は「1000」を表します。
例:2k=2000

(2)並べ替え条件
「並べ替え条件」を切り替えることで、「エラー発生率」「エラー回数」「リクエスト回数」の各数値が大きい順に表示するよう、データの並べ替えが可能です。
(3)時間単位の切り替え
表示する時間単位の切り替えが可能です。「24時間」(直近24時間)、「1時間」(直近1時間)、「5分間」(直近5分間)をそれぞれクリックし、表示する時間単位を切り替えます。

ヒント
直近24時間にエラーが発生していない場合、エラー表示画面には「過去24時間エラーは発生していません。」と表示されます。

 

■エラーの詳細の確認方法

各エラー情報のタイトル広告掲載面に表示される広告の一部で、広告の文頭として、説明文、表示URL等とセットで表示されます。(青字)をクリックすると、エラー詳細画面が表示されます。エラー詳細画面では、サービスタグもしくはウェブページごとのエラーの詳細を確認できます。
012365_9_2.jpg

■エラー詳細画面の構成について
エラー詳細画面

 

エラー詳細画面上部には、発生したエラーのグラフが表示されます。
グラフの折れ線部分をクリックし、左右にドラッグすると時間帯の範囲を選択できます。
画面下部には、選択した時間帯に発生したエラーのデータが表示されます(最新のものから最大100件)。
■エラーの詳細
エラー詳細画面下部には、以下のデータが表示されます。
サービスタグのエラ

項目情報
エラーメッセージタグの実行時に発生したエラーの内容
例:Problem Loading、Type Error
カウントグラフ上で選択した時間帯のエラー発生回数
タイプエラーが発生した箇所や処理
例:外部JavaScript、インラインJavaScript、イベントハンドラー
ブラウザーエラーが発生したブラウザーの種類
※数字をクリックすると、ブラウザーの詳細を確認できます。
URLエラーが発生したURLの数

 

ページのエラー

項目情報
データエレメントデータバインディングエクスプレッションが正しく記載されていな
いため、データが取得できなかったデータ項目名
カウントグラフ上で選択した時間帯のエラー発生回数
エラーメッセージページの読み込み時に発生したエラーの内容
例:Type Error、Referrence Error
ブラウザーエラーが発生したブラウザー(種類別)の数
URLエラーが発生したURLの数