Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

タグの実行条件を設定する

Yahoo!タグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。マネージャーでは、タグの実行条件を設定して、タグが実行されるタイミングを調整できます。設定できる実行条件は以下のとおりです。複数条件の設定も可能です。

  • 条件 条件となる値や、ページ上のイベント
  • スケジュール タグを実行する期間
  • フリークエンシーキャップ ブラウザーごとのタグの実行頻度

実行条件の設定方法は、以下のとおりです。

操作手順

  1. 広告管理ツールの「運用サポートツール」タブをクリックします。
    運用サポートツール
  2. 対象のアカウント名で「ログイン」ボタンを押します。
    「ログイン」ボタン
  3. 「Yahoo!タグマネージャー」画面左側の「サービスタグ」をクリックします。
    サービスタグ
  4. サービスタグの一覧が表示されるので、タグ実行条件を設定するサービスタグを選択します。
    サービスタグを選択
  5. 「タグ実行条件」をクリックします。
    タグ実行条件
  6. 「条件」「スケジュール」「フリークエンシーキャップ」のいずれかをクリックします。
    クリック
  7. クリックした項目を設定します。

       条件、スケジュール、フリークエンシーキャップの設定方法

    ◆条件を設定する
    タグの実行条件として、ページの要素、ユーザーの属性などの「値」や、商品をカートに入れる、ページ内のボタンを押す等の「イベント」を設定できます。

    ご注意
    条件を設定するには、事前に選択肢となる「データエレメント」や「イベントバインディング」を設定する必要があります。詳しくは「Yahoo!タグマネージャーご利用ガイド 上級編」(PDF、5.6MB)をダウンロードして参照してください。
    1. 「実行条件」で、「条件の追加」をクリックします。
    2. 「以下の条件に一致する場合」で、「エレメントの選択」をクリックし、設定する項目を選びます。また、「=(等しい場合)」などの比較条件を選択し、「値を入力」に該当する値を入力します。
      複数の条件を設定する場合は、「+」をクリックして、「or」か「and」をクリックしてから、追加の条件を入力します。
      設定が終わったら、「保存」ボタンを押します。
    3. ページ上でのイベントを条件に設定する場合は、「条件となるイベントの追加」をクリックします。
    4. 「イベントを選択」をクリックして、設定するイベントを選び、[保存]ボタンを押します。

    ◆スケジュールを設定する
    タグが実行される日時や期間を設定できます。
    「スケジュール」で表示されるカレンダーと時刻のプルダウンメニューで、開始日時、終了日時を指定します。開始は「すぐに開始する」、終了は「終了日時なし」も指定できます。

    ◆フリークエンシーキャップを設定する
    サイト訪問者(ユーザー)単位で、タグを実行する頻度を設定できます。以下のいずれかを選択して、必要に応じて数値や単位を設定します。

    • フリークエンシーキャップを設定しない
      特に制限を設けず、ページへのアクセスが発生するたびにタグを実行します。タグの新規作成時は、「フリークエンシーキャップを設定しない」が設定されています。
    • 1ユーザーにつきタグを1回実行:実行単位 ○○分間・時間・日間・週間
      ユーザーによるアクセスの経過時間によって、タグの実行を制限できます。
      例)1日に1回タグを実行させたい場合は、実行単位を「1日間」または「24時間」で設定。
      この場合、まず初回のアクセス時にタグが実行されます。以降は前回タグが実行されてからの経過時間が1日以上経っている場合にタグを実行します。
    • 1ユーザーにつきタグを1回実行: 実行単位 ○○ページビュー
      ユーザーが指定した回数のページを閲覧するごとに、タグを実行します。
      例)10ページビューごとにタグを実行させたい場合は、実行単位に「10」と入力
      この場合、まず初回のアクセス時(ページビュー時)にタグが実行されます。以降は11回目、21回目…のページビューのタイミングで実行されます。
      ご注意
      「条件を設定する」項目でタグの実行条件を設定済みで、かつフリークエンシーキャップを併用する場合、「条件を設定する」のタグの実行回数をページビューとしてカウントします。この場合、通常のページビューはフリークエンシーキャップの条件としてはカウントされませんので、併用時はご注意ください。
    • ユーザーセッションごとにタグを実行
      ユーザーセッション(サイトにアクセスしてからウェブブラウザーを閉じるまでの期間)における最初のアクセス時のみ、タグを実行します。
      ユーザーセッションはウェブブラウザーを閉じると終了するため、セッション終了後、すぐに別のウインドウで該当サイトを表示すると、タグは再度実行されます。
    • 新規訪問者ごとにタグを実行
      新規訪問者による初回のアクセス時のみ、タグを実行します。
      ご注意
      フリークエンシーキャップでは、クッキーを利用して条件の判定を行います。クッキーの有効期限が切れた、ユーザーが自らクッキーを削除した等の場合は、設定がリセットされます。また、Yahoo!タグマネージャーの設定でサードパーティークッキーを使用している場合、ファーストパーティークッキーよりも、ウェブブラウザーでブロックされる割合が高くなります。
  8. 設定が完了すると、「タグ実行条件」および設定した条件のタブに「稲妻形のアイコン」が表示されます。