Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

検索クエリー一覧の「表示」ボタンについて

検索クエリー一覧の「表示」ボタンでは、表示項目とその並び順を変更できます。また、パフォーマンスデータを期間やデバイスなどで切り替えて表示できます。

表示項目・並び順を変更する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリックします。
  3. 画面中央の「表示内容選択」から「キーワード」サブタブをクリックします。
    ヒント

    表示するキーワードをキャンペーン、広告グループ単位で絞る場合は、「キャンペーン管理」画面にある左ナビゲーションパネルの「表示階層選択」で該当キャンペーン、広告グループをクリックしたうえで、「表示内容選択」から「キーワード」サブタブをクリックします。

  4. 画面中央の「検索クエリーを表示」ボタンを押し、「選択したキーワード」または「表示されている全てのキーワード」のいずれかを選択します。
    なお、「選択したキーワード」を利用する場合は、事前にキーワード一覧で該当キーワードにチェックを入れる必要があります。
    ヒント
    「表示されている全てのキーワード」を選択した場合の、検索クエリーの表示対象は一覧画面上に表示されている全てのキーワードです。
  5. 検索クエリー一覧が表示されたら、画面中央の「表示」ボタンを押し、「表示項目の編集」をクリックします。 [もっと詳しく]
  6. 編集完了後、「適用」ボタンを押します。

5. 表示項目の編集、並べ替えについて [操作手順5に戻る]

<表示項目を選択する>
検索クエリー一覧に表示する項目を選択します。「初期項目」と「追加項目」から表示したい項目にチェックを入れます。

ヒント
  • 表示したくない項目はチェックを外します。
  • 全項目を一括で選択する場合は、「初期項目」と「追加項目」の前にチェックを入れます。チェックを外すと全項目からチェックが外れます。
  • 初期設定では「初期項目」が表示されています。

<表示項目を並べ替え>
表示項目で設定した項目の並び順を変更できます。並べ替えを行う場合は、該当項目でマウスのボタンを押したまま希望の位置まで移動させ、マウスのボタンを放します(ドラッグ&ドロップ)。
選択した表示項目、並び順を初期設定に戻す場合は「表示項目・並び順を初期化」をクリックします(表示項目と並び順の両方が初期化されます)。

ご注意

検索クエリー、キャンペーン名、広告グループ名、マッチタイプは必須項目のため非表示にはできません。

パフォーマンスデータの表示を切り替える

検索クエリー一覧のパフォーマンスデータは、データの集計単位を日、週、月、四半期などの期間別やデバイス別、広告掲載方式別に切り替えて表示できます。

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリックします。
  3. 画面中央の「表示内容選択」から「キーワード」サブタブをクリックします。
    ヒント

    表示するキーワードをキャンペーン、広告グループ単位で絞る場合は、「キャンペーン管理」画面にある左ナビゲーションパネルの「表示階層選択」で該当キャンペーン、広告グループをクリックしたうえで、「表示内容選択」から「キーワード」サブタブをクリックします。

  4. 画面中央の「検索クエリーを表示」ボタンを押し、「選択したキーワード」または「表示されている全てのキーワード」のいずれかを選択します。
    なお、「選択したキーワード」を利用する場合は、事前にキーワード一覧で該当キーワードにチェックを入れる必要があります。
    ヒント
    「表示されている全てのキーワード」を選択した場合の、検索クエリーの表示対象は一覧画面上に表示されている全てのキーワードです。
  5. 検索クエリー一覧が表示されたら、画面中央の「表示」ボタンを押し、「表示切替」内から分割単位を選択しクリックします。
    ※分割したデータの表示を元に戻す場合は「なし」を選択してください。初期設定は「なし」が選択されています。
  6. 選択した項目のデータ表示を切り替えます。