Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

検索クエリー一覧のフィルター機能について

フィルター機能とは、特定の条件に該当する検索クエリーを一覧で表示する機能です。たとえば、抽出データのしきい値を設定し、その値以上(もしくは以下)の検索クエリーに絞って一覧表示して絞り込みできます。フィルター機能は、検索クエリー一覧だけでなく、キーワード、広告、広告グループ、キャンペーン一覧でも利用できます。

1件のフィルターに対して条件は5個まで設定できます。なお、同一項目に対して異なる複数の条件は設定できません。設定したフィルターは10件まで保存可能です。

フィルター条件を設定する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリック
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
  3. 画面中央の「表示内容選択」から「キーワード」サブタブをクリック
    ヒント

    表示するキーワードをキャンペーン、広告グループ単位で絞る場合は、「キャンペーン管理」画面にある左ナビゲーションパネルの「表示階層選択」で該当キャンペーン、広告グループをクリックしたうえで、「表示内容選択」から「キーワード」サブタブをクリックします。

  4. 画面中央の[検索クエリーを表示]ボタンを押し、「選択したキーワード」または「すべてのキーワード」をクリック
    ※「選択したキーワード」を利用する場合、事前にキーワード一覧で該当キーワードにチェックを入れる必要があります。
  5. 検索クエリー一覧が表示されたら、画面中央の[フィルター]ボタンを押す
  6. 「フィルター条件を設定」する入力欄が表示されるので、プルダウンから条件を選択 [もっと詳しく]
  7. [適用]ボタンを押して、設定した条件に該当するキーワードを表示
    ヒント
    • 設定したフィルター条件の表示を元に戻す場合は、画面中央の青枠に囲まれた[解除]ボタンを押します。
    • 別のフィルター条件でキャンペーンを表示する場合は、画面中央の青枠に囲まれた「フィルター条件を設定」をクリック。手順6から再度条件を選択します。

6. フィルター条件の設定 [操作手順6に戻る]

6.1. 選択する条件によって数値や名称を入力
6.2. 選択する条件によって抽出条件「と同じ」「を含む」や「以上」「以下」を選択
6.3. 条件を複数設定する場合は[+項目追加]をクリックして新たな条件を設定
6.4. フィルター条件を削除する場合は[削除]をクリック
6.5. フィルター条件を保存する場合は「フィルター条件を保存」にチェックを入れる
※チェックボックスにチェックを入れた段階で保存用の名称を編集できます。

保存済みフィルターを使用して検索クエリーを表示する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリック
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
  3. 画面中央の「表示内容選択」から「キーワード」サブタブをクリック
  4. 画面中央の[検索クエリーを表示]ボタンを押し、「選択したキーワード」または「すべてのキーワード」をクリック
    ※「選択したキーワード」を利用する場合、事前にキーワード一覧で該当キーワードにチェックを入れる必要があります。
  5. 検索クエリー一覧が表示されたら、画面中央の[フィルター]ボタンを押す
  6. 「フィルター条件を設定」する入力欄が表示されるので、右側の「保存済みフィルター」から該当フィルターをクリック
  7. [適用]ボタンを押して、選択したフィルター条件に該当するキーワードを表示

保存したフィルター条件を削除する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリック
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
  3. 画面中央の「表示内容選択」から「キーワード」サブタブをクリック
  4. 画面中央の[検索クエリーを表示]ボタンを押し、「選択したキーワード」または「すべてのキーワード」をクリック
    ※「選択したキーワード」を利用する場合、事前にキーワード一覧で該当キーワードにチェックを入れる必要があります。
  5. 検索クエリー一覧が表示されたら、画面中央の[フィルター]ボタンを押す
  6. 「フィルター条件を設定」する入力欄が表示されるので、右側の「保存済みフィルター」で該当フィルターの「削除」をクリック
  7. 選択したフィルターの削除を確認するポップアップが表示されるので、[削除]ボタンを押す