Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

検索広告の「キャンペーン管理画面」の構成

「キャンペーン管理」画面では、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの管理を行います。キーワード・広告の入稿や予算、入札価格、ターゲティングなど各階層の設定情報の変更、パフォーマンスデータの確認や審査状況の確認、検索などの各種操作が行えます。

キャンペーン管理を表示する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリック
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
  3. キャンペーン管理画面を表示

■キャンペーン管理画面の構成について
キャンペーン管理画面

※画像はサンプルです。実際の画面と異なる場合があります。

「キャンペーン管理」は、以下の項目で構成されています。

(1)表示階層選択
アカウントの選択、アカウント内のキャンペーン、広告グループの選択を行います。ここで選択した階層(アカウント、キャンペーン、広告グループ)の設定情報およびパフォーマンスデータの一覧が画面の右側に表示されます。

キャンペーン名の前に表示される「+」をクリックすると、キャンペーンに含まれる広告グループ名が表示されます。

(2)(1)「表示階層選択」で選択した階層(アカウント、キャンペーン、広告グループ)の設定情報が表示されます。

「アカウント(またはキャンペーン、広告グループ)設定情報」のリンクをクリックすると、詳細な設定を確認でき、設定の変更も可能です。
各階層の配信設定(オン/オフ)やアカウント残高、キャンペーン予算などが表示されますが、表示される項目は階層によって異なります。

各階層の設定情報の変更手順は、以下のページを参照してください。
アカウントの設定情報の変更
キャンペーンの設定情報の編集
広告グループの設定情報の編集

(3)表示内容選択
(8)の一覧で表示される内容を「キーワード|広告|広告グループ|キャンペーン」で切り替えます。
一覧には、(1)「表示階層選択」で選択した階層内に含まれるキーワード、広告、広告グループ、キャンペーンが表示されます。
(1)「表示階層選択」でアカウントを選択している場合は、全サブタブが表示されます。
キャンペーンを選択している場合は「キーワード|広告|広告グループ」、広告グループを選択している場合は「キーワード|広告」が表示されます。

(4)広告表示オプション
広告の構成要素(タイトル、説明文、表示URL、最終リンク先URLなど)以外の情報を、広告に追加して表示できます。キャンペーンや広告グループ単位で設定が可能です。

広告表示オプションの詳細は、「広告表示オプションとは」を参照してください。

(5)表示期間選択
「概要」「グラフ」「一覧」の表示期間を選択します。

(6)パフォーマンスデータをグラフで確認できます。
各種指標をプルダウンから選択することで、クリック数やインプレッション数、合計コストなどの数値や、統計比、期間日でのグラフなど、視覚的にデータを確認できます。
表示されているデータは(1)「表示階層選択」で選択した階層のデータです。
グラフの詳しい機能については、以下のページを参照してください。
グラフの閲覧方法について

(7)一覧用の各種操作ボタン
(8)の一覧で表示されている設定の変更や表示の切り替え、表示項目の追加/削除などの編集、データのダウンロードなどをこのボタンで行います。

(8)キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告の配信状況(オン/オフ)や設定内容、パフォーマンスデータが一覧で表示されます
キャンペーン名や広告グループ名のリンクをクリックすると該当のキャンペーン、広告グループの一覧画面に遷移します。また、配信設定や入札価格、マッチタイプなどパフォーマンスデータ以外の項目は、表示されている文字をクリックすることで設定を変更できます。
1ページに表示できる一覧の件数は最大200件までです。また、表示期間の選択欄で表示する期間を指定できます。

ヒント
表示期間の選択欄で「今日」を選んだ場合、広告のインプレッションやクリックなどの状況によって、パフォーマンスデータの数値が変動することがあります。
当日分を除いた実績を参照する場合は、「今日を含まない」の表示期間を選択して表示するか、パフォーマンスレポートからご確認ください。
なお、前日以前の実績でも、コンバージョン測定期間や無効なクリックなどの影響により、パフォーマンスレポートの数値が変動する場合があります。
パフォーマンスレポートの作成

(9)各種操作ボタン
入稿作業(キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告の作成など)や審査状況の確認、キャンペーンの一括編集、各階層の選択ができます。

(10)スタートページ設定
「このページを検索広告のスタートページに設定」をクリックすると、広告管理ツールで「検索広告」タブをクリックした際に、最初に開くスタートページとして設定できます。
スタートページとして設定できるのは、「キャンペーン管理」「レポート」「ツール」「資金管理」の各タブです。
※スタートページはYahoo! JAPANビジネスID ごとに設定できます。

■キャンペーン、広告グループ、広告、キーワード一覧の表示切り替えについて

キャンペーン管理画面の右側に表示される一覧や設定情報の切り替えは、「表示階層選択」で行います。

  • (1)の「表示階層選択」でアカウント、キャンペーン、広告グループを選択
ヒント

広告グループを選択する場合は、キャンペーン名のリンクをクリックするか、「+」をクリックすると広告グループ名が表示されます。

  • (2)の「表示内容選択」の「キーワード|広告|広告グループ|キャンペーン」サブタブで確認したい一覧を選択
    ※サブタブは、「表示階層選択」で選択する階層によって表示項目が異なります。