Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

フィルター機能について

フィルター特定の条件に該当するキャンペーン、広告グループ、広告、キーワード、検索クエリーなどを一覧で表示する機能です。たとえば、抽出データのしきい値を設定し、その値以上(もしくは以下)に絞った一覧の表示や、特定のキャンペーン名やキャンペーンIDなどに限定した絞り込みが可能です。機能とは、特定の条件に該当するデータを絞り込んで表示する機能です。例えば、特定のしきい値を設定し、その値以上(もしくは以下)に絞り込んでデータを抽出したり、特定の語句やIDなどを指定して入稿アイテムを絞り込んで表示したりできます。

フィルター機能は、キャンペーン一覧、広告グループ一覧などの各種一覧画面で利用できます。

  • 1件のフィルター条件に対して、項目は5個まで設定できます。なお、ひとつのフィルター条件内で同一項目の複数設定はできません。
  • 設定したフィルターは、10件まで保存できます。フィルター条件を切り替えることでさまざまな角度からのデータ確認が可能です。

フィルター条件を設定する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
  2. 「キャンペーン管理」タブをクリックします。
  3. 画面中央の「表示内容選択」から表示対象とする階層(キャンペーン、広告グループなど)をクリックします。
    ヒント
    広告やキーワードをキャンペーン、広告グループ単位で絞る場合は、「キャンペーン管理」画面の左ナビゲーションパネルの「表示階層選択」で該当キャンペーン、広告グループをクリックしたうえで、「表示内容選択」から「広告」や「キーワード」をクリックします。
  4. 画面中央の「フィルター」ボタンを押します。
    フィルター
  5. 「フィルター条件の編集」をクリックします。
  6. フィルター条件を設定する画面が表示されるのでプルダウンから条件を選択します。
    ・プルダウンで選択する項目によって数値や名称を入力
    ・選択する項目によって抽出条件「と同じ」「を含む」などを選択
    ・条件を複数設定する場合は、「項目追加」をクリックして追加する条件を設定
    ・フィルター条件を削除する場合は「削除」をクリック
  7. 「適用」ボタンを押して、設定した条件に該当する入稿アイテムやデータを表示します。
  8. 設定した条件を保存する場合は、「この設定に名前をつけて保存」にチェックを入れ、識別しやすい設定名を入力のうえ「適用」ボタンを押します。
ご注意
フィルター条件に「ラベル」を選択して、該当する広告やキーワードなどが多数存在する場合、表示に時間がかかったり、エラーが表示されたりすることがあります。この場合は、以下の方法をお試しください。
キャンペーンエディターでフィルターを利用する
入稿物をダウンロードして、ダウンロードファイルを確認する

 

ヒント
  • 保存したフィルター条件は、「フィルター」ボタンを押すと表示されます。
  • フィルター条件による表示を元に戻す場合は、画面中央の青枠に囲まれた「解除」ボタンを押します。
  • 設定したフィルター条件に別のフィルター条件を追加する場合は、画面中央の青枠に囲まれた「フィルター条件を変更」をクリックします。次に「項目追加」をクリックし、再度条件を選択します。