Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

検索広告のアカウント構造(階層構造)について

検索広告では、広告を管理するためにアカウント、キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告という単位を利用します。

各単位はアカウントを最上位とした階層構造(アカウント構造)になっており、以下の順番で階層が上位のものから作成します。

  1. アカウント
  2. キャンペーン
  3. 広告グループ
  4. キーワード、広告

アカウントの階層構造(アカウント構造)
複数の階層で設定可能な項目の適用範囲について
各単位の登録上限数

アカウントの階層構造(アカウント構造)

アカウント、キャンペーン、広告グループ、広告・キーワードそれぞれの役割と特徴は、以下のとおりです。

アカウント

Yahoo!広告の運用における最上位の管理単位で、サービス(検索広告、ディスプレイ広告(YDN))ごとに設定します。 アカウントでは、登録情報(社名、担当者情報)や支払い方法などを設定します。

キャンペーン

広告グループをまとめるための管理単位で、アカウントの下に登録します。キャンペーンでは、主に以下の項目を設定できます。

  • キャンペーンタイプ(「標準キャンペーン」「動的検索連動型広告あらかじめ指定したサイトのコンテンツと関連性の高い検索キーワードに対して、広告のタイトルを自動生成して配信する広告です。
    さらに詳しく
    キャンペーン」「アプリダウンロードキャンペーン」のいずれかを選択します)
  • キャンペーン予算(日額)
  • スケジュール
  • 広告を配信する地域や曜日・時間帯
  • 入札方法(入札価格の決定方法を「手動」または「自動」から選択します)
  • 対象外キーワード(特定の語句で検索した際に広告を表示させないキーワード)

キャンペーンの作成方法などの詳細は、以下のページを参照してください。
キャンペーンの作成(標準キャンペーン)
キャンペーンの作成(動的検索連動型広告キャンペーン)
キャンペーンの作成(アプリダウンロードキャンペーン)
キャンペーン予算(日額)について
ターゲティングについて
キャンペーンにおける入札方法の設定について
対象外キーワードについて

広告グループ

広告とキーワードをまとめるための管理単位で、キャンペーンの下に登録します。広告グループごとに入札価格を設定できます。入札価格は、キーワードごとに設定することも可能です。また、対象外キーワード(特定の語句で検索した際に広告を表示させないキーワード)を設定することも可能です。
広告グループの作成方法などの詳細は、以下のページを参照してください。
広告グループの作成
広告グループにおける入札方法と入札価格の設定について
対象外キーワードについて

広告

検索結果に表示される広告文を指し、広告グループの下に登録します。タイトル広告掲載面に表示される広告の一部で、広告の文頭として、説明文、表示URL等とセットで表示されます。、説明文、最終リンク先URLユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURLです。広告、キーワード、クイックリンクオプションに設定します。キャンペーンタイプが「動的検索連動型広告キャンペーン」の場合、キャンペーンに関連付けるページフィードに登録されたページURLが最終リンク先URLになります。表示URLタイトル、説明文と一緒に広告として表示されるURLのことです。から構成されます。広告作成時の入力項目は、キャンペーンで選択した「キャンペーンタイプ」、および各広告の形式によって異なります。
詳細は、以下のページを参照してください。
広告の作成 (PC・スマートフォン・タブレット用)
広告の作成 (動的検索連動型広告)
広告の作成 (アプリダウンロード用広告)

ヒント
  • 広告グループ内に広告を複数登録すると、広告グループで指定した「広告表示の最適化」の設定に応じて広告が表示されます。
    広告表示を自動的に最適化する
  • 動的検索連動型広告を配信する場合、広告のタイトル、最終リンク先URL、表示URLは以下が設定されるため入力不要です。
    • タイトル:キャンペーンに設定したページフィード動的検索連動型広告を配信する際に、プロモーション対象となるウェブサイトのURL情報のリストです。
      さらに詳しく
      に登録されている「ページURLユーザーが動的検索連動型広告をクリックした際に遷移するページです。ページURLはページフィードに登録します。
      さらに詳しく
      」の内容(ウェブページのタイトル、ウェブページのコンテンツ)や、検索クエリーインターネットユーザーが検索したキーワードのことを「検索クエリー」と呼びます。どのキーワードで広告が引き当てられたかは、検索クエリーレポートで確認できます。レポートを参考に、キーワードのマッチタイプを調整したり、対象外キーワードを設定して不要な語句での広告表示を防いだりすることが可能です。をもとに、自動的に作成されます。
    • 最終リンク先URL:キャンペーンに設定したページフィードに登録されている「ページURL」が利用されます。
    • 表示URL:最終リンク先URLのURLをもとに自動で生成されます。
  • 階層構造を生かした広告管理のイメージは、「運用しやすいアカウント構造を設計する」を参照してください。

キーワード

お客様が宣伝したい商品やサービスに関連する語句を指し、広告グループの下に登録します。インターネットユーザーがお客様の入札(登録)しているキーワードを検索すると、同一広告グループ内に登録された広告が表示されます。キーワードの作成時に、マッチタイプ検索広告の登録キーワードに対して、検索クエリーがどのような形式で入力された場合に広告を表示するかを決定するものです。マッチタイプは、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類があり、部分一致の拡張機能として「絞り込み部分一致」があります。(インターネットユーザーが検索に使用したキーワードがどのような形式の場合に広告を表示するか)を選択できます。
キーワードの作成方法やマッチタイプについては、以下のページを参照してください。
キーワードを作成する
マッチタイプについて

ヒント
動的検索連動型広告を配信する場合、キーワードの登録は不要です。

複数の階層で設定可能な項目の適用範囲について

検索広告では、以下のように複数の単位で設定可能な機能があります(一例)。

機能設定可能な単位
入札価格
  • 標準キャンペーン
  • アプリダウンロードキャンペーン
広告グループ、キーワード
動的検索連動型広告キャンペーン広告グループ、ターゲット設定動的検索連動型広告を配信するにあたり、ページフィードに登録したページURLの中から、ユーザーが広告をクリックした際に表示されるページ(ランディングページ)の条件を設定します。ターゲット設定は、キャンペーン単位(除外対象のみ)または広告グループ単位で設定可能です。
さらに詳しく
自動入札設定の目標値(※)キャンペーン、広告グループ
デバイスごとの入札価格調整率キャンペーン、広告グループ

※キャンペーンの入札方法が「自動入札:コンバージョン単価の目標値」および「自動入札:広告費用対効果の目標値」の場合は、広告グループでも目標値を設定できます。ただし、入札方法が「広告費用対効果の目標値」の場合は、「標準入札設定」選択時のみ広告グループ個別の目標値の設定が可能です。

複数の単位で設定可能な機能は、以下の条件で設定内容が適用されます。

  • 上位の階層で設定した内容は、下位の階層にも設定が反映されます。

    広告グループに設定した入札価格は、その広告グループ配下のキーワードに適用されます。

  • 同項目について下位の階層でも設定している場合は、下位の内容が上位より優先されます。
    広告グループに入札価格を設定し、その広告グループ配下のキーワードにキーワード個別の入札価格を設定した場合、そのキーワードには広告グループで設定した入札価格ではなく、下位階層のキーワード個別に設定した入札価格が適用されます。
  • 動的検索連動型広告の広告グループでターゲット設定に入札価格を設定した場合、広告グループ単位で設定した入札価格よりもターゲット設定で設定した入札価格が優先して適用されます。

各単位の登録上限数

キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの登録上限数は、それぞれ以下のとおりです。

項目登録上限数
キャンペーン1アカウントにつき、最大100個まで
広告グループ1キャンペーンにつき、最大2000個まで
広告1広告グループにつき、50個まで
キーワード
  • 1アカウントにつき、キーワードと以下の総数が最大5万個まで
    • 「対象外キーワードツール」で広告グループに設定した対象外キーワードの個数
    • ターゲットリスト広告の配信対象(または除外対象)ユーザーを蓄積したリストです。
      さらに詳しく(検索広告)
      さらに詳しく(ディスプレイ広告)
      の広告グループとの関連付け個数
    • 動的検索連動型広告のターゲット設定(配信・除外)の個数
  • 1広告グループにつき、キーワードと以下の総数が最大2,000個まで
    • 「対象外キーワードツール」で設定した対象外キーワードの個数
    • ターゲットリストの関連付け個数
    • 動的検索連動型広告のターゲット設定(配信・除外)の個数

※登録例

  • アカウントAに広告グループが1つだけ(広告グループA)あり、その広告グループAにキーワードが1500個、対象外キーワードが480個登録されている。
    →広告グループAには、キーワード/対象外キーワード/ターゲットリストの関連付けを合わせて、あと20個登録できる。
  • アカウントBに広告グループが5個あり、5つの広告グループのキーワード、「対象外キーワードツール」で広告グループに設定した対象外キーワードの個数、ターゲットリストの広告グループとの関連付け個数を合わせて5万個登録されている。
    →広告グループFを追加しても、これ以上、キーワード/対象外キーワード/ターゲットリストの関連付けは登録できない(アカウントの階層で上限数に達しているため)。
ヒント

アカウントとその配下のキャンペーン、広告グループの各階層で登録できる項目の上限数については、「アカウント・キャンペーン・広告グループに登録できる項目の上限数について」を参照してください。

広告運用に役立つおすすめ情報