Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

ポートフォリオ入札設定の作成、編集をする

キャンペーンエディターで「ポートフォリオ入札設定検索広告のキャンペーンの目的に応じて入札価格を自動的に調整する機能(自動入札)のうち、アカウント単位で入札方法を作成し、複数のキャンペーンに対して一括設定できるものです。
さらに詳しく
」の作成、編集ができます。「ポートフォリオ入札設定」とは、アカウント単位で入札方法を作成し、複数のキャンペーンに設定できる入札設定です。以下のいずれかの方法でポートフォリオ入札設定を作成、編集してください。

データ入力欄で直接作成、編集する
インポートする

ご注意
キャンペーンエディターで入力、修正した情報は、キャンペーンエディターからデータをアップロードし、広告管理ツールに反映すると作業が完了します。
データのアップロード方法は以下のページを参照してください。
データのアップロード方法

データ入力欄で直接作成、編集する

操作手順
  1. 「共有ライブラリ」タブをクリックします。
    共有ライブラリ
  2. 「ポートフォリオ入札設定」タブをクリックします。
    ポートフォリオ入札設定
  3. 空白の行で「自動入札タイプ」欄をクリックし、設定する自動入札タイプをプルダウンから選択します。
    自動入札タイプ
    編集する場合は該当のポートフォリオ入札設定の「自動入札タイプ」欄をクリックします。
    ポートフォリオ入札設定を編集
  4. データエリア下部に「設定」タブが表示されるので必要な項目を入力します。
    設定タブ

インポートする

操作手順
  1. 事前にCSVまたはTSVファイルで、作成・編集するポートフォリオ入札設定のファイルを用意します。
    ファイル内のデータ項目は「自動入札名」「自動入札タイプ」を作成します。その他の必須項目は自動入札タイプによって異なります。
    自動入札タイプ必須項目
    クリック数広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数のことです。の最大化
    コンバージョン単価の目標値コンバージョン単価の目標値
    広告費用対効果の目標値広告費用対効果の目標値

    ヒント
    広告管理ツールに設定済みのポートフォリオ入札設定情報は「ポートフォリオ入札設定のエクスポート」をクリックすると、CSV形式のファイルで取得できます。
    エクスポート
  2. 「共有ライブラリ」タブをクリックします。
    共有ライブラリ
  3. 「ポートフォリオ入札設定」タブをクリックします。
    ポートフォリオ入札設定
  4. 「ポートフォリオ入札設定のインポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。」をクリックします。
    インポート
  5. 「ファイルを選択」ボタンを押してインポートするファイルを選択します。選択したファイルによって「文字エンコード」は自動で設定されます。
    ファイルを選択
  6. 「プレビュー」ボタンを押します。
    プレビュー
  7. 作成した見出しと項目名が一致しているか確認します。作成したデータと項目名が一致していない場合、「…」ボタンを押して、正しい見出しの項目名を選択します。
    「…」ボタン
  8. 「データのインポート」ボタンを押します。
    データのインポート
  9. 内容を確認し、問題なければ「実行」ボタンを押します。
    実行