Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

コンポーネントの種類について(任意の形式のCSVまたはTSVファイルのインポート)

キャンペーンエディターでは、キャンペーンエディターからエクスポートしたCSVファイルを利用せずに、任意の形式で作成したCSVまたはTSVファイルをインポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。することも可能です。

CSVまたはTSVファイルの入力内容について
キャンペーンエディターへのインポート方法について

CSVまたはTSVファイルの入力内容について

任意の形式で作成したCSVまたはTSVファイルをキャンペーンエディターにインポートする場合、「コンポーネントの種類」を基に、該当の行の内容を判断します。

例:
「コンポーネントの種類」の列に「キャンペーン」と入力されている場合、該当の行は「キャンペーン」と判断します。

そのため、任意の形式で作成したCSVまたはTSVファイルには、「コンポーネントの種類」を必ず入力してください。「コンポーネントの種類」欄には以下のいずれかを入力してください。

  • キャンペーン
  • 広告グループ
  • 広告
  • キーワード
  • キャンペーンの対象外キーワード
  • 広告グループの対象外キーワード
  • 対象外キーワードリスト
  • キャンペーン広告オプション(クイックリンク)
  • キャンペーン広告オプション(電話番号)
  • キャンペーン広告オプション(テキスト補足)
  • キャンペーン広告オプション(カテゴリ補足)
  • 広告グループ広告オプション(クイックリンク)
  • 広告グループ広告オプション(電話番号)
  • 広告グループ広告オプション(テキスト補足)
  • 広告グループ広告オプション(カテゴリ補足)
  • ターゲティング(地域)
  • ターゲティング(曜日・時間帯)
  • キャンペーンターゲティング(ターゲットリスト広告の配信対象(または除外対象)ユーザーを蓄積したリストです。
    さらに詳しく(検索広告)
    さらに詳しく(ディスプレイ広告)
  • 広告グループターゲティング(ターゲットリスト)
ヒント
  • コンポーネントの種類以外の入力項目については、「インポート用ファイルの設定項目」を参照してください。
  • コンポーネント名でキャンペーン広告オプション(クイックリンク、電話番号、テキスト補足、カテゴリ補足)または広告グループ広告オプション(クイックリンク、電話番号、テキスト補足、カテゴリ補足)を入力すると、キャンペーンまたは広告グループに関連付けた状態で広告表示オプションをインポートできます。
    関連付けをしない状態で広告表示オプションをインポートする場合は、「共有ライブラリ」タブをご利用ください。詳細は、「広告表示オプションのデータをインポートする【キャンペーンエディター】」を参照してください。
  • 広告グループ広告オプション(クイックリンク、電話番号、テキスト補足、カテゴリ補足)の情報をインポートする場合は、広告グループ名を必ず入力してください。
ご注意
Google広告エディタで使用するCSVファイル(スプレッドシート)の場合、「キャンペーンタイプ」の情報はインポートできません。

キャンペーンエディターへのインポート方法について

キャンペーンエディターへのインポート方法は、「CSV(TSV)ファイルのデータをインポートする」を参照してください。