Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

キャンペーンエディター上のデータを検索する

キャンペーンエディターでは、さまざまな条件を指定して、データエリアの情報を検索できます。検索機能の操作方法などについては以下をご確認ください。

検索条件を指定して検索する
キーワードを指定して全文検索する
定義済みのフィルター条件で検索する
検索機能における基本的な操作
検索条件に指定できる演算子について

検索条件を指定して検索する

項目名と検索条件を指定して、データを検索する基本的な操作方法について説明します。

操作手順
  1. キャンペーンエディター画面上部の検索窓、または虫眼鏡アイコンをクリック

    ヒント

    メニューバーの「検索」で「検索」を選択した場合も、検索窓にカーソルが移動します。

  2. 表示されたメニューにて、検索条件を設定
    1. メニューに表示される項目名一覧から、検索対象の項目を選択してください。

      ヒント
      • 項目名一覧の上部には、現在表示しているコンポーネント(キーワード、広告、広告グループなど)に属する項目名が表示されます。
      • 「その他のコンポーネント」から各種コンポーネント名をクリックすると、現在表示しているコンポーネント以外の項目も選択できます。
      • 検索対象の項目名はキーボードで直接入力も可能です。
    2. 項目名を選択すると、検索条件の設定欄が表示されます。検索条件に指定する演算子や、検索する値などを設定してください。
      ※1で選択した項目によって、表示される設定欄の表示内容は異なります。

      検索条件設定イメージ
      a.「広告グループ名」に「001」が含まれる広告グループを検索する

      b.「配信設定」が「オン」の広告グループを検索する

      ヒント
      複数の検索条件を指定する場合は、設定済みの条件の右横をクリックしてください。
  3. [適用]ボタンを押す

キーワードを指定して全文検索する

キーワードを指定して、キャンペーンエディターに入稿済みのアイテム全体を検索できます。なお、全文検索では、キャンペーン名など名称に関連した項目を中心に検索を行います(一部、検索対象とならない項目もあります)。

操作手順
  1. キャンペーンエディター画面上部の検索窓、または虫眼鏡アイコンをクリック
  2. 表示されたメニューから「全文検索」を選択
  3. 全文検索するキーワードを入力し、「Enter」キーを押す
    ヒント
    検索窓に直接キーワードを入力して「Enter」キーを押した場合も、「全文検索」が行われます。

定義済みのフィルター条件で検索する

「定義済みフィルター特定の条件に該当するキャンペーン、広告グループ、広告、キーワード、検索クエリーなどを一覧で表示する機能です。たとえば、抽出データのしきい値を設定し、その値以上(もしくは以下)に絞った一覧の表示や、特定のキャンペーン名やキャンペーンIDなどに限定した絞り込みが可能です。条件」では「未送信データ」や「審査非承認」などのフィルター条件を指定した検索ができます。

操作手順
  1. キャンペーンエディター画面上部の検索窓、または虫眼鏡アイコンをクリック
  2. 表示されたメニューから「定義済みフィルター」をクリック
  3. 定義済みフィルターからフィルター条件を選択
    フィルター条件絞り込める対象
    未送信データエラー中のものを含む編集中のデータ
    重複キーワードマッチタイプ検索広告の登録キーワードに対して、検索クエリーがどのような形式で入力された場合に広告を表示するかを決定するものです。マッチタイプは、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類があり、部分一致の拡張機能として「絞り込み部分一致」があります。にかかわらずアカウント内でキーワードが重複しているデータ
    入力値エラーエラーが発生しているデータ
    審査非承認(掲載停止/掲載不可)審査状況が「掲載停止」または「掲載不可」のデータ

検索機能における基本的な操作

条件の編集

設定済みの検索条件上でダブルクリックすると、検索条件を編集できます。

条件の削除

検索条件の右横に表示されている「×」をクリックすると、対象の検索条件を削除できます。

検索欄の左側に表示されている「×」をクリックすると、現在適用中の検索条件をすべて削除できます。

検索条件を保存する

検索欄の右側に表示されている保存アイコンをクリックすると、現在適用中の検索条件について名前を付けて保存できます。

ヒント
索条件は最大15件まで保存できます

保存済みの条件や、過去の検索履歴から検索を行う

検索欄をクリックして表示されるメニューから、保存済みの検索条件や、過去の検索履歴を適用して検索が行えます。

ヒント
  • 名前を付けて保存した検索条件には保存アイコンが表示されます。
  • 過去の検索履歴は時計アイコンが表示されます。

ショートカットメニューから操作を行う

検索条件上で右クリックすると、ショートカットメニューが表示され、検索条件の編集、削除、保存などが行えます。

検索条件に指定できる演算子について

検索機能では以下の演算子を指定して検索条件を設定できます。

記号説明入力例
:Aを含むキャンペーン名 : "abc"
AかBいずれかを含むキャンペーン名 : ("abc", "def")
-:Aを含まないキャンペーン名 -: "abc"
AもBもいずれも含まないキャンペーン名 -: ("abc", " def")
=Aと完全に一致するキャンペーン名 = "abc"
A、Bのいずれかにあてはまるキャンペーンタイプ = ("標準キャンペーン", "アプリダウンロードキャンペーン")
空であるカスタムパラメータ = ""
-=Aと等しくない

キャンペーン名 -= " abc"

A、Bのいずれにもあてはまらない審査状況 -= ("編集内容審査中", "審査中")
空ではないカスタムパラメータ -= ""
<nより小さい入札価格 < 100
>nより大きい入札価格 > 100
<=n以下入札価格 <= 100
>=n以上入札価格 >= 100