Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

広告表示オプションの追加

キャンペーンエディターを利用し、広告表示オプションを追加できます。広告表示オプションの追加は共有ライブラリタブ、または広告表示オプションタブから行います。
広告表示オプションとは

※旧形式の広告表示オプションは2022年6月8日で作成・編集・削除を停止しました。2022年6月29日に関連付けを停止し、2022年7月下旬に広告表示オプションの一覧から削除します。詳細はリリースノートを参照してください。

ご注意
  • キャンペーンエディターで入力、修正した情報は、キャンペーンエディターからデータをアップロードし、広告管理ツールに反映すると作業が完了します。
    データのアップロード方法は以下のページを参照してください。
    データのアップロード方法
  • 広告表示オプションを作成し広告管理ツールへ内容を反映した場合は、審査対象となります。
ヒント
  • 追加した広告表示オプションは共有ライブラリタブで確認できます。共有ライブラリタブではアカウント配下の広告表示オプションが一覧で表示されます。
  • 広告表示オプションは、作成後にキャンペーンまたは広告グループへの関連付けが必要です。詳細は、「広告表示オプションの関連付け」を参照してください。

データエリアに広告表示オプションを直接入力する方法

複数の広告表示オプションを追加する方法

<データエリアに広告表示オプションを直接入力する方法>

操作手順
  1. 「共有ライブラリ」タブをクリックします。
    ご注意
    広告表示オプションタブでは、データエリア上でのデータの追加はできません。
  2. 追加する広告表示オプションの種類をクリックします。
  3. データエリア上で必要な情報を入力します。各オプションごとに必要な情報は、以下のヘルプを参照してください。
    広告表示オプションの作成(クイックリンクオプション)
    広告表示オプションの作成(電話番号オプション)
    広告表示オプションの作成(テキスト補足オプション)
    広告表示オプションの作成(カテゴリ補足オプション)
ヒント
クイックリンクオプション広告表示オプションの1つで、広告の下部に別ページへのリンク情報を表示する機能です。
さらに詳しく
追加時にカスタムパラメータを入力する場合は、入力箇所にカーソルを合わせた後に表示される[…]をクリックし、パラメータおよび値を入力してください。なお、カスタムパラメータは3つまで設定できます。

<複数の広告表示オプションを追加する方法>

■共有ライブラリタブ

操作手順
  1. 「共有ライブラリ」タブをクリックします。
  2. 追加する広告表示オプションの種別をクリックします。
  3. [複数の○○作成・編集]ボタン(○○は広告表示オプションの種類、以下同)を押して、新しい広告表示オプションを追加するには「(新)○○を作成・編集」をクリックします。。
  4. 複数の広告表示オプションの作成・編集画面が表示されます。 [項目名を追加]ボタンを押し、テキストエリアに項目名を追加します。
    広告表示オプションの追加13_1
    ヒント
    項目名を追加せずに広告表示オプションを作成・編集する場合は、情報のみを入力した後に[取り込む]ボタンを押すとプレビュー画面が表示されるので、データ列ごとに項目名をプルダウンから選択します。
  5. テキストエリアの2行目以下に追加する広告表示オプションの情報を入力します。

    ヒント
    ・CSVファイルやExcelファイルからコピーした内容を貼り付けることも可能です。
    ・「入力例を表示」リンクをクリックするとデータの入力例が確認できます。
  6. [取り込む]ボタンを押します。
  7. 確認画面で内容を確認し、問題がなければ[実行]ボタンを押します。
    共有ライブラリタブで広告表示オプション複数追加

■広告表示オプションタブ(オプション作成と関連付けを同時に実施)

操作手順
  1. 「広告表示オプション」タブをクリックします。
  2. 追加する広告表示オプションの種類をクリックします。
  3. [複数の○○作成・編集]ボタン(○○は広告表示オプションの種類、以下同)を押して、プルダウンメニューからいずれかを選択します。
  4. 複数の広告表示オプション作成・編集画面が表示されるので、作成・編集方法を選択します。

    ご注意
    「関連付けるキャンペーン(または広告グループ)の○○をすべて置き換える」(○○は広告表示オプション名)にチェックを入れると、選択したキャンペーンや広告グループに設定されている既存の関連付けがすべて解除され、新しい関連付けに置き換えて設定されます。設定の際はご注意ください。
  5. 左側のアカウントツリーで、広告表示オプションを追加するキャンペーン、または広告グループを選択します。

    ヒント
    関連付けるキャンペーン、または広告グループをアカウントツリーから選択すると、「アカウントツリーで指定せずにテキストエリアで入力」のチェックは自動で外れます。
    ご注意
    「アカウントツリーで指定せずにテキストエリアで入力」のチェックを外した場合は、必ず関連付けるキャンペーン、または広告グループをアカウントツリーから選択してください。
    ※関連付けるキャンペーン、または広告グループを選択していない状態で「アカウントツリーで指定せずにテキストエリアで入力」のチェックを外すと、[取り込む]ボタンがグレーアウト表示になります。
  6. 以降の手順は共有ライブラリタブと同様です。[項目名を追加]ボタンを押してテキストエリアに項目名を追加してデータを入力するか、データを追加後にプレビューボタンを押して見出しの項目名を選択します。
    入力が終わったら「取り込む」ボタンを押して確認のうえ、「実行」ボタンを押してください。

    ヒント
    キャンペーンまたは広告グループが指定されていない状態で広告表示オプションを作成すると、以下の名称のキャンペーンまたは広告グループが、広告表示オプションに関連付けられた状態で自動作成されます。なお、キャンペーンや広告グループの名称は後から変更できます。
    ・「複数の○○作成」で作成されたキャンペーン
    ・「複数の○○作成」で作成された広告グループ
    ※○○には広告表示オプション名が入ります。
ヒント
  • テキストエリアに入力するデータの区切り文字にはタブ、またはカンマが使用できます。
  • 広告表示オプションを追加する場合は、広告表示オプションIDは空欄にします。広告表示オプションを編集する場合は、編集する広告表示オプションIDを入力してください。

※操作手順で使用されている画面はサンプル画面です。広告表示オプションの種類や設定内容によって、表示内容が異なる場合があります。