Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

自動入札タイプ別の設定条件について

自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」「コンバージョン単価の目標値」「広告費用対効果の目標値」を利用するには、コンバージョン測定を設定している必要があります。
コンバージョン測定の詳細は、以下のページを参照してください。
コンバージョン測定とは

ご注意
  • 自動入札(「クリック数広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数のことです。の最大化」を除く)および「拡張クリック単価コンバージョンをできるだけ多く獲得できるよう、キーワードの入札価格を自動的に調整する機能です。キャンペーンまたは広告グループの入札方法で「手動入札:個別クリック単価」を選択し、「拡張クリック単価」を設定することで利用できます。」を選択する場合は、該当のキャンペーンに適した「コンバージョン設定」において、「自動入札への利用」を1つ以上「する」に設定してください。「自動入札への利用」をすべて「しない」に設定している場合、自動入札の精度に悪影響を及ぼし、コンバージョン数が伸びない、または広告が配信されない可能性があります。
    自動入札への利用
  • 「広告費用対効果の目標値」を設定後、30日間でコンバージョン実績が一定件数発生しない場合、予測に十分なデータが集まらないため、自動入札の精度が低下します。
  • 入札方法の設定においてエラーが発生した場合でも、ポートフォリオ入札設定検索広告のキャンペーンの目的に応じて入札価格を自動的に調整する機能(自動入札)のうち、アカウント単位で入札方法を作成し、複数のキャンペーンに対して一括設定できるものです。
    さらに詳しく
    の新規作成のみ完了する場合があります。

 

ヒント
コンバージョン測定を設定していれば、該当のキャンペーンにコンバージョン数が発生している必要はありません。ただし、「コンバージョン単価の目標値」「広告費用対効果の目標値」は、自動入札の精度を維持するためコンバージョンが継続的に発生しているキャンペーンでのご利用をおすすめします。

 

「広告費用対効果の目標値」の利用について

「広告費用対効果の目標値」を利用する場合は、コンバージョン測定タグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。の発行時に「1コンバージョンあたりの価値」を設定してください。「1コンバージョンあたりの価値」を設定することで、本来の精度での自動入札を期待できます。
なお、「1コンバージョンあたりの価値」を設定の上、過去30日間に15件以上のコンバージョンが発生しているキャンペーンでのご利用を推奨します。

1コンバージョンあたりの価値

設定済みのコンバージョン設定の内容を変更する場合は、「コンバージョン設定情報の変更」を参照してください。