Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

オフラインコンバージョンのインポート機能とは

オフラインコンバージョンのインポート機能とは、ウェブサイト外で発生したコンバージョンのデータを、広告管理ツールにインポートする機能です。

オフラインコンバージョンのインポート機能について
本機能を利用するメリット、導入をおすすめするお客様

オフラインコンバージョンのインポート機能について

オフラインコンバージョンのインポート機能とは、ウェブサイト外で発生したコンバージョン(来店や実店舗での購入など)のデータを、「YCLID」と関連付けて広告管理ツールにインポートする機能です。

※YCLIDは、アカウントの自動タグ設定が「設定する」の場合に、インターネットユーザーが当該アカウントは以下の広告をクリックした際に付与されるクリック識別情報です。自動タグ設定の詳細は、「コンバージョン測定の補完機能について」を参照してください。

オフラインのコンバージョンを計測する仕組みは、以下のとおりです。

  1. 広告をクリックしてウェブサイトに訪れたインターネットユーザーのYCLIDと、申し込みフォーム・問い合わせフォームなどにユーザーが入力した見込み顧客情報のデータを関連付けて保存します。
    ※YCLIDと見込み顧客情報との関連付けは、お客様自身の仕組みを利用してください。
  2. 1.のユーザーがオフラインでコンバージョンした(来店して契約するなど)場合、該当情報を保存し集計します。
    ※オフラインのコンバージョン情報の集計は、お客様自身の仕組みを利用してください。
  3. 2.の情報を広告管理ツールにインポートすることで、オフラインコンバージョンを計測可能です。
ご注意
個人データの取り扱いについて
  • 広告主様におけるユーザーデータの管理上、 個人データに該当するデータを取り扱う場合は、 広告主様ご自身で個人情報保護法に従い対応を行っていただく必要があります。
    個人データの提供にあたっては、その旨プライバシーポリシーなどで説明し、ユーザーから同意を取得する。
  • インポートするファイルの入力項目に必要な情報のみアップロードしてください。

本機能を利用するメリット、導入をおすすめするお客様

  • 本機能を利用するメリット
    • オフラインとオンラインを横断した広告効果を可視化でき、広告効果を総合的に判断できます。
    • オンラインとオフラインを横断したコンバージョンのデータを利用するため、自動入札機能との併用で、単価設定の精度向上や広告運用の工数削減が可能になります。
    • コンバージョン測定タグを使用しない計測方法のため、ウェブサイトの構造上コンバージョン測定タグを利用できない場合でもコンバージョンの計測が行えます(オフライン、オンラインともに計測可能です)。
  • 本機能の導入をおすすめするお客様
    • オンラインで見積もりを行いオフラインで正式契約するなど、オフラインコンバージョンを計測するニーズがある方(自動車販売、保険など)。
    • 顧客管理システムを持っており、自社でYCLIDとオフラインコンバージョンの関連付けが可能な方。

 

オフラインコンバージョンのインポート機能を利用する際の設定の流れ、コンバージョン実績の確認方法は、以下のページを参照してください。
オフラインコンバージョンを計測する際の設定の流れ
コンバージョンデータの確認方法