Yahoo!広告

Yahoo!広告 ヘルプ

自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」

自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」は、キャンペーン予算(日額)内で、コンバージョンをできるだけ多く獲得できるように入札価格を自動調整します。詳細は以下のとおりです。

適した目的
入札価格調整の仕組み
ほかの入札設定との併用
制限事項

適した目的

予算を最大限に使ってコンバージョン(広告経由の購入や登録、資料請求など)をできるだけ多く獲得したい場合に適しています。

  • 予算の範囲内であればクリック単価は気にしないので、できるだけ多くの申し込み(コンバージョン)を得たい。
  • 短期間で終了する新規キャンペーンにて、コンバージョン数を最大化したい。
    過去の実績をもとに入札価格を調整するため、新規登録のキャンペーンでも短期間で予算全体を使いながらコンバージョン数の最大化が期待できます。
ヒント
自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」は、キャンペーン予算(日額)を最大限に使ってコンバージョンをより多く獲得するように入札価格を調整する機能です。一方、「入札方法:拡張クリック単価」は、手動で設定した入札価格をもとにしてコンバージョン獲得の可能性に応じて入札価格を調整する機能であり、入札価格調整機能の内容は異なります。

入札価格調整の仕組み

  • キャンペーンの1日の予算の範囲内でコンバージョン数を最大化できるように、入札価格を調整します。広範囲のデータを活用した機械学習により、コンバージョン数を的確に予測してコンバージョン数の最大化を実現します。
  • 広告オークション発生のたびに入札価格をリアルタイムで調整します。

ほかの入札設定との併用

  • 自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」を選択した場合、各種ターゲティングによる入札価格調整率は無効になります。ただし、デバイスごとの入札価格調整率で「引き下げ率:100%」に設定した場合のみ有効となり、該当のデバイスには広告は配信されません。

制限事項

  • 「コンバージョン数の最大化」は、自動入札の「標準入札設定」で設定できます。「ポートフォリオ入札設定」は利用できません。
  • 「コンバージョン数の最大化」を利用するには、コンバージョン測定を設定している必要があります。詳細は、「自動入札タイプ別の設定条件について」を参照してください。
    ※コンバージョン測定を設定していれば、該当のキャンペーンにコンバージョン数が発生している必要はありません。
  • OSで「iOS」を指定したアプリダウンロードキャンペーンでは、設定できません。
ご注意
  • キャンペーン予算(日額)内で最大のコンバージョン数を獲得できるよう自動調整されるため、設定前にキャンペーン予算(日額)の見直しをおすすめします。
  • 「コンバージョン数の最大化」を設定する前の時点で、キャンペーンの合計コストがキャンペーン予算(日額)を大幅に下回っていた場合、「コンバージョン数の最大化」に設定変更後は大幅にクリックコストが増える場合があります。
  • 「コンバージョン数の最大化」を利用する場合、該当のキャンペーンに適した「コンバージョン設定」において、「自動入札への利用」を1つ以上「する」に設定してください。「自動入札への利用」をすべて「しない」に設定している場合、自動入札の精度に悪影響を及ぼし、コンバージョン数が増えない、または広告が配信されない可能性があります。