Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

動的検索連動型広告のアカウント構造と必要な入稿物

動的検索連動型広告のアカウント構造、および配信する際に必要な入稿物は以下のとおりです。

ヒント

動的検索連動型広告では、指定したURLによってキーワードが自動的に設定されるため、入稿は不要です。

動的検索連動型広告のアカウント構造

  1. ページフィード
    ページフィードとは、動的検索連動型広告を配信する際に、プロモーション対象とするウェブサイトのURL情報のリストです。ページフィードの詳細は、「ページフィードとは」を参照してください。
    ※キャンペーンに「ドメイン全体」を指定する場合は不要です。

  2. 動的検索連動型広告専用のキャンペーン
    動的検索連動型広告を配信する場合は、専用のキャンペーンが必要です。
    キャンペーンタイプで「動的検索連動型広告キャンペーン」を指定します。
    また、動的検索連動型広告キャンペーンの作成時に、広告対象となるウェブサイトのドメインを設定するか、(1)で作成したページフィードを設定します。

    ヒント
    • ページフィードを設定する場合、ドメインが一致するページフィードは複数選択が可能です。1つのキャンペーンにつき、最大60件のページフィードを設定できます。
  3. 動的検索連動型広告専用の広告グループ
    広告グループでは、入札価格や「ターゲット設定」などの項目を設定します。
    ターゲット設定では、キャンペーンに設定したドメイン配下およびページフィード内のウェブページから、動的検索連動広告のランディングページ(ユーザーが広告をクリックした際に表示されるページ)となる条件、および除外する条件を設定します。
    ターゲット設定の詳細は、「ターゲット設定とは」を参照してください。
    ヒント
    • ターゲット設定は、除外条件のみキャンペーンでも指定できます。
    • 入札価格は広告グループ単位またはターゲット設定で指定します。
      広告グループ、ターゲット設定ともに入札価格を設定していた場合は、ターゲット設定の入札価格が優先されます。
  4. 動的検索連動型広告
    動的検索連動型広告では、広告の説明文のみ入力します。
    ヒント
    • 動的検索連動型広告では、キーワードの自動挿入機能を利用できません。
    • 以下の項目は、指定したURLによって自動生成・自動設定されるため入力不要です。
      • タイトル
      • 表示URL
      • 最終リンク先URL
      • スマートフォン向けURL

動的検索連動型広告の入稿の流れについては、「動的検索連動型広告の入稿の流れ」を参照してください。

動的検索連動型広告で利用できないウェブページ

動的検索連動型広告では広告のタイトルを自動作成するために、広告主様のウェブページをクロールします。そのため、以下のページはご利用いただけない場合があります(一例)。

  • リダイレクトするURL
  • 画像やFlashコンテンツの占める割合が多いサイト
  • ログインを必要とするコンテンツの占める割合が多いサイト
  • クローラーのアクセスをブロックしているサイト
  • 検索エンジンへのインデックスを許可していないサイト