Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

広告運用改善のヒント

検索広告では、広告の掲載開始後も、掲載中の広告に対するインターネットユーザーの反応を把握し、その情報をもとに運用を改善することが重要です。

広告を運用するうえで確認が必要な指標
広告の掲載結果の確認方法
課題にもとづいた解決策

広告を運用するうえで確認が必要な指標

検索広告を運用するうえで必要な指標は以下のとおりです。

指標意味
インプレッション数広告が表示された回数を指します。広告が4回表示された場合、インプレッション数は「4」です。作成した広告が表示された回数
クリック数広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数のことです。広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数
クリック率(CTR)広告の表示回数に対して、広告がクリックされた割合です。クリック数÷インプレッション数×100で算出します。たとえば、100回表示された広告のクリック数が25回の場合、CTRは25%になります。

広告の表示回数に対して、広告がクリックされた割合。クリック数÷インプレッション数×100で算出します。

100回表示された広告のクリック数が25回の場合、CTRは25%です。
コンバージョン数広告をクリックしてサイトに訪問したユーザーが、商品の購買や、会員登録、資料請求など、サイト上で何らかの「成果」につながった数。
コンバージョン率クリック数に対して、コンバージョンが発生した割合。
コンバージョン数÷クリック数×100で算出します。
CPA(顧客獲得単価)1コンバージョンあたりの獲得単価。コストをコンバージョン数で割って算出されます。
ROAS(広告費用対効果)

投資した広告費用に対して得られた効果。
コンバージョンの価値 ÷ 合計コスト ×100で算出します。

インターネットユーザーは、「表示された広告」を「クリック」して広告主様のサイトへ移動し、「成果」につながります。
そのため、インプレッション数、クリック数、コンバージョン数の関係は以下の図のようになります。コンバージョンはクリック数よりも多くなることはなく、クリック数はインプレッション数よりも多くなることはありません。

id24957_1

広告の掲載結果の確認方法

広告の掲載結果はパフォーマンスレポートキャンペーン、広告グループ、広告などの各種パフォーマンスデータを確認するレポートです。
さらに詳しく
、または広告管理ツールのキャンペーン管理タブで確認可能です。詳細は、以下のページを参照してください。
パフォーマンスレポートとは
パフォーマンスレポートの作成
キャンペーン管理画面の構成

ヒント
広告管理ツールのキャンペーン管理タブで掲載結果を確認する場合、コンバージョン関連の項目などの追加、および表示項目の並び替えが可能です。詳細は、「一覧の[表示]ボタンについて」を参照してください。

課題にもとづいた解決策

広告の掲載結果を確認のうえ、以下の図を参考にしながら改善の方針を決定します。

id24957_2

それぞれの課題に応じた解決策については、以下のページを参照してください。
広告の表示回数(インプレッション数)を増やすには
広告のクリック率・コンバージョン率を上げるには