Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

広告の表示回数(インプレッション数)を増やすには

広告の表示回数(インプレッション数広告が表示された回数を指します。広告が4回表示された場合、インプレッション数は「4」です。)を増やすには、以下の項目をお試しください。

id24953_11

 

キャンペーン予算(日額)を増額する

検索広告では、キャンペーン予算(日額)に設定した金額の範囲内でキャンペーンのクリック料金がおさまるように、システムが自動的に広告の表示・非表示をコントロールします。そのため、キャンペーン予算(日額)を増額することで、本来は表示可能だった機会に広告を掲載できるため、インプレッション数が増える可能性があります。
キャンペーン予算(日額)を増額する場合は、インプレッション損失率広告表示機会の総数に対して、広告が表示されなかった回数の割合です。
さらに詳しく
(予算)の数値を確認したうえで、変更後の金額をご検討ください。
また、広告管理ツールの「最適化」タブでキャンペーン予算(日額)の増額が提案される場合もあります。あわせてご活用ください。
詳細は、以下のページを参照してください。
キャンペーン予算(日額)について
インプレッションシェアとインプレッション損失率について
「最適化」タブの使い方

ご注意
キャンペーン予算(日額)は目安であり、超過したことによる返金を保証するものではありません。キャンペーン予算(日額)に対してキーワードや広告グループの入札価格が高い場合や、何らかの要因(季節やメディアの情報などによる影響)で検索数が増加してクリックが集中した場合、実際のクリック料金がキャンペーン予算(日額)を超過することがあります。

ターゲティングの設定を見直す

ターゲティング(サイトリターゲティング、地域ターゲティング特定の地域に限定して広告を配信する機能です。
さらに詳しく(検索広告)
さらに詳しく(運用型)
曜日・時間帯ターゲティング特定の曜日・時間帯に限定し、広告を配信する機能です。曜日・時間帯を設定した場合、該当の曜日・時間帯で利用しているインターネットユーザーに対して広告を配信します。
さらに詳しく(検索広告)
)で配信対象ユーザーを過度に絞り込んだ場合、広告が表示されにくくなることがあります。より多くのインターネットユーザーに広告が配信されるよう、ターゲティング設定の見直しをご検討ください。
各ターゲティングの詳細については、以下のページを参照してください。
サイトリターゲティングとは
地域ターゲティング
曜日・時間帯ターゲティング

広告掲載方式を変更する

キャンペーンで設定可能な広告掲載方式が「検索のみ」の場合、「検索を含むすべての広告掲載方式」に変更することで、広告の表示回数の増加が見込めます。
広告掲載方式については、「広告掲載方式について」を参照してください。

キーワードのマッチタイプを見直す

マッチタイプ検索広告の登録キーワードに対して、検索クエリーがどのような形式で入力された場合に広告を表示するかを決定するものです。マッチタイプは、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類があり、部分一致の拡張機能として「絞り込み部分一致」があります。では、登録キーワードに対して、インターネットユーザーが検索に使用したキーワード(検索キーワード)がどのような形式の場合に広告を表示するかを決定します。
マッチタイプで「完全一致マッチタイプのひとつです。登録キーワードとインターネットユーザーが入力した検索クエリーが同じ場合に広告を表示します。
さらに詳しく
」を指定したキーワードが多い場合、広告の配信対象ユーザーの範囲が狭くなるため、広告が表示されにくくなることがあります。マッチタイプが完全一致のキーワードについては、「部分一致検索広告のマッチタイプのひとつです。登録キーワードの類義語や関連性のある検索クエリーに対して広告を表示します。部分一致を設定すると、完全一致、フレーズ一致、絞り込み部分一致で引き当てられる検索クエリーも広告が表示されるので、3種類のマッチタイプの中で、最も多く広告が表示されます。」または「フレーズ一致検索広告のマッチタイプのひとつです。登録キーワードと同じフレーズ(一部送り仮名の違い、変換ミス、省略形、漢字・ひらがな・カタカナの違いなども含む)が、検索クエリーの中に語順通りに含まれていた場合に、広告を表示します。」への変更をご検討ください。
詳細は、以下のページを参照してください。
マッチタイプについて
マッチタイプの変更方法

ヒント
キーワードのマッチタイプを部分一致やフレーズ一致に変更することで、想定と異なるキーワードで広告が表示されるのを防ぐ場合は、「対象外キーワード」を設定してください。
対象外キーワードの詳細は、以下のページを参照してください。
対象外キーワードについて
対象外キーワードツール
対象外キーワードリスト管理

新しくキーワードを追加する

新しくキーワードを追加することで、広告の表示回数が増える可能性があります。
キーワードアドバイスツールを利用して、新しいキーワードの追加をご検討ください。
また、広告管理ツールの「最適化」タブで新しいキーワードの追加が提案される場合もあります。あわせてご活用ください。
詳細は、以下のページを参照してください。
キーワードアドバイスツールとは
「最適化」タブの使い方

ご注意
追加したキーワードは審査が行われ、追加したキーワードでの広告配信が開始されるまでに3営業日前後お時間をいただく場合があります。
詳細は、「審査とは」を参照してください。

入札価格調整機能を見直す

入札価格調整機能で「引き下げ率」を設定すると、広告グループまたはキーワード(動的検索広告の場合はターゲット設定動的検索連動型広告を配信するにあたり、ページフィードに登録したページURLの中から、ユーザーが広告をクリックした際に表示されるページ(ランディングページ)の条件を設定します。ターゲット設定は、キャンペーン単位(除外対象のみ)または広告グループ単位で設定可能です。
さらに詳しく
)で設定した入札価格よりも低い入札価格が適用されます。
検索広告の掲載順位広告が掲載面に表示される順位です。広告の掲載順位は、オークションランクに基づいて決定します。
さらに詳しく
は入札価格や広告の品質で構成される「オークションランク広告の掲載順位を決定する要素です。広告の入札価格と広告の品質に基づいて算出されます。
さらに詳しく(検索広告)
さらに詳しく(ディスプレイ広告)
」で決定します。そのため、入札価格が低い場合は広告の掲載順位が下がり、広告の表示機会が減少することがあります。
入札価格調整機能で「引き下げ率」を設定している場合は、見直しをご検討ください。
詳細は、以下のページを参照してください。
入札価格調整機能とは
掲載順位の決定方法

入札価格を上げる

検索広告の掲載順位は入札価格や広告の品質で構成される「オークションランク」で決定します。入札価格を上げることで広告の掲載順位が向上しやすくなるため、広告の表示回数が増加する可能性があります。
詳細は、以下のページを参照してください。
掲載順位の決定方法
キーワードの入札方法と入札価格の設定について

自動入札を利用する

自動入札タイプ「ページ最上部掲載」では、目標とする割合で検索結果のページ最上部に広告が表示されるよう自動的に入札価格を調整します。「ページ最上部掲載」を利用することで、広告の表示回数が増える可能性があります。
自動入札の詳細は、以下のページをご参照ください。
自動入札とは
自動入札タイプ「ページ最上部掲載」

広告の品質を上げる

検索広告の掲載順位は広告の品質や入札価格で構成される「オークションランク」で決定します。広告の品質を向上することで広告の掲載順位が上がりやすくなるため、広告の表示回数が増加する可能性があります。
なお、広告の品質は推定クリック率や表示URLタイトル、説明文と一緒に広告として表示されるURLのことです。の過去のクリック率など複数の要素により決定します。推定クリック率は広告の過去のクリック数広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数のことです。やインプレッション数の影響を受けます。広告のクリック率を高めることで、広告の品質が向上する可能性があります。
詳細は、以下のページを参照してください。
掲載順位の決定方法
広告の品質について
広告のクリック率・コンバージョン率を上げるには