Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

見込み消費税について

広告管理ツールに表示されるアカウント残高には、ご入金金額から見込み消費税を差し引いた金額が表示されています。
見込み消費税とは、クリック料金の消費税として事前にお預かりする金額であり、実際の請求額とは異なります。実際は発生したクリック料金に合わせて消化されます。
※契約終了時に使用されていない見込み消費税は返金の対象となります。

ヒント

正規代理店Yahoo!広告の正規代理店(Yahoo!マーケティングソリューション パートナー)は、Yahoo!広告に関する確かな知識と経験、実績を持ち、お客様のニーズに合ったコンサルテーションや運用、サポートを提供しています。Yahoo! JAPANは最新情報やツール等の提供を通じて、正規代理店が広告主様のニーズをとらえた的確な提案を行えるようサポートしています。
さらに詳しく
経由で開設したアカウントで後払い方式をご利用の場合、アカウント残高から見込み消費税は差し引かれません。

見込み消費税の消化の流れは、以下のとおりです。

  1. 入金・アカウント残高反映時
    ご入金いただいた前払い広告料金から見込み消費税を差し引き、「アカウント残高」を表示します。※クレジットカードでお支払いの場合には、「アカウント残高に追加する金額」に消費税を足した金額がご入金額としてクレジットカードから引き落とされます。加算された消費税分は見込み消費税として差し引かれるため、「アカウント残高」に表示される金額は「アカウント残高に追加する金額」で入力いただいた金額です。
  2. クリック消化時
    表示された広告に対してクリックが発生した場合、クリック料金はアカウント残高から、消費税は見込み消費税から差し引かれます。
ヒント
  • 消費税の金額は、ご利用金額に応じて月末に更新されます。詳細は料金レポート(月次利用明細/取引明細アカウントへの出入金情報を閲覧できるレポートです。取引明細では、過去36カ月分のデータを確認でき、CSVでのダウンロードもできます。
    さらに詳しく
    )でご確認いただけます。
    月次利用明細を確認する
    取引明細を確認する
  • アカウント残高は、画面によってデータの更新時刻が異なります。画面ごとのアカウント残高の更新タイミングについては、「アカウント残高の確認方法」を参照してください。
ご注意

2015年10月1日の法改正に伴い、国外事業社に対する電気通信利用役務の提供の際に、消費税が不課税となりました。当該法改正によりYahoo!広告をご利用いただいている国外の広告主様も不課税の対象となります。