Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

コンバージョン測定とは

コンバージョン測定は、検索広告で掲載されている広告からのコンバージョン数を測定する機能です。この機能を利用することで、広告がどの程度成果を上げているかなどを確認できます。

コンバージョンとは

「コンバージョン」とは、「広告をクリックしたインターネットユーザーが、広告主様が定めた『成果』となる行動をとる」ことです。「成果」となる行動をとった数が「コンバージョン数」です。「成果」は、広告主様が取り扱う商品やサービスによって異なります。以下が代表的な例です。

コンバージョン(成果)の例
  • 商品の購入
  • 会員登録
  • 資料請求
  • 電話発信
  • アプリのダウンロード
  • オフラインの特定行動(電話、来店など)

コンバージョンを測定するメリット

コンバージョンを測定することで、検索広告が広告主様の商品やサービスの売り上げ・認知度の向上にどのくらい貢献しているかを確認できます。
また、確認した結果を利用して、広告運用の改善も可能です。
id1159_1

コンバージョン測定の仕組み

Yahoo!広告のコンバージョン測定機能(ウェブページコンバージョン、電話発信コンバージョン)を利用するには、広告管理ツールで発行した「コンバージョン測定タグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。」(※)を、お客様のウェブサイトに設置します。コンバージョン測定タグには、当該ページを訪れたインターネットユーザーが過去に自社の広告をクリックしたかどうかを調べる機能があります。購入完了後のお礼ページなどにコンバージョン測定タグを設定しておけば、広告をクリックしたことのある人が購入したかどうかを確認できます。
id1159_2
(※)タグについて
タグ(HTMLタグ)とはウェブページで文字の強調や画像、リンクなどさまざまな表現をするために使われます。
タグにはウェブページを表示する以外にも、ページを閲覧中のインターネットユーザーの情報を集めるタグなどもあります。
id1159_3
測定可能なコンバージョンの種類」でご紹介するウェブページコンバージョンや電話発信コンバージョンを測定するためにウェブサイト上にコンバージョン測定などのタグを設定する場合、HTMLの知識やウェブサイトを管理するための権限が必要です。広告主様ご自身でウェブサイトを管理している場合は、HTMLを修正する方法などをご確認ください。
なお、アプリコンバージョンやオフラインコンバージョンを測定する場合、お客様のウェブサイトにコンバージョン測定タグを設置する必要はありません。

測定可能なコンバージョンの種類

検索広告で測定可能なコンバージョンは、以下のとおりです。

コンバージョンの種類説明
ウェブページコンバージョン検索広告の広告を経由して、サイトを訪問したユーザーのコンバージョン数を測定します。
訪問したユーザーのCookie情報を基に、計測期間内に広告主様の出稿した広告のクリック履歴があれば、有効なコンバージョンとしてカウントします。ただし、訪問したユーザーのブラウザーが、Cookieを受け入れる設定となっている必要があります。
電話発信コンバージョン検索広告の広告を経由してサイトを訪問したユーザーが、電話発信用リンクをタップ、またはクリックした件数を測定します。
訪問したユーザーのCookie情報を基に、計測期間内に広告主様の出稿した広告のクリック履歴があれば、有効なコンバージョンとしてカウントします。ただし、訪問したユーザーのブラウザーが、Cookieを受け入れる設定となっている必要があります。

アプリコンバージョン

「Google Play ストア アプリ」からアプリをダウンロードした件数や、アプリが初回起動された件数、またはアプリ内のユーザー行動などのコンバージョンを測定します。
広告管理ツール上の設定を基に、アプリをダウンロードしたユーザーが、計測期間内に広告主様の出稿した広告をタップ(クリック)した履歴があれば、有効なコンバージョンとしてカウントします。
ご注意
測定対象はAndroidアプリのみです。iOSアプリのコンバージョンは測定できません。

オフラインコンバージョン

オフラインの特定行動(電話、来店)などに対してコンバージョンを測定します。
ウェブサイト外で発生したコンバージョンデータを、「YCLID」(広告をクリックしたユーザーを識別するパラメータ)と関連付けて広告管理ツールにインポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。することで、コンバージョンとしてカウントすることが可能です。

なお、「YCLID」はアカウントの自動タグ設定が「設定する」の場合に、インターネットユーザーが当該アカウントの広告をクリックした際に付与されるクリック識別情報です。

機能の詳細およびYCLIDについては以下のページを参照してください。
オフラインコンバージョンのインポート機能とは
コンバージョン測定の補完機能について

コンバージョンを測定する前に

コンバージョンを測定する前に、以下の2点について確認します。

  1. 広告主様の「コンバージョン」(成果)が何かを定義し、定義した「コンバージョン」が発生するパターンを洗い出します。
    コンバージョンの定義コンバージョンが発生するパターン
    購入商品の購入(オンラインショップの場合)
    お問い合わせウェブフォーム、電話、メール、FAXなど
    店舗来店ウェブフォーム、電話などでの来店予約
    ※来店前にインターネットユーザーが実施する行動(ウェブフォームや電話での来店予約など)があれば、コンバージョンとして定義することも可能です。


  2. 洗い出したコンバージョンが、「ウェブサイト上でコンバージョンが完結するか」「ウェブサイト上ではコンバージョンが完結しないか」のどちらかを判断します。
    -
    ウェブサイト上でコンバージョンが完結する場合
    • オンラインショップの購入
    • 電話での問い合わせ(電話番号オプション広告表示オプションの1つで、広告内に電話発信が可能なリンクを追加できる機能です。広告の下部に電話マークのアイコンなどを表示します。
      さらに詳しく
      を利用中の場合)
    • アプリのダウンロード
    • ウェブフォームからの問い合わせ
    • 資料請求
    • オンライン予約 など
    ウェブサイト上でコンバージョンが完結しない場合
    • メールでの問い合わせ件数
    • 店舗への来店 など

ウェブサイト上でコンバージョンが完結する場合

お問い合わせフォームやウェブサイト上でのコンバージョンは、コンバージョン測定機能を利用して、広告管理ツールでコンバージョン数を確認できます。

ヒント
ウェブサイトの仕様などの問題でタグが設置できない場合はコンバージョンの数値は取得できず、広告の正確な効果測定もできません。
なお、ウェブフォームや購入フォームを作成したツールでお問い合わせ数や購入数などを確認し、広告の運用開始前後で比較するなどである程度の効果測定は可能です。

ウェブサイト上でコンバージョンが完結しない場合

ウェブサイト上でコンバージョンが完結せず、他の方法でコンバージョンを測定する場合は、以下を参考に測定方法をご検討ください。

コンバージョンの定義コンバージョンの測定方法の例
メールの問い合わせ件数Yahoo!広告の広告経由で、メールの問い合わせが何通あったかを測定します。
広告経由の問い合わせ件数を把握するため、以下の方法をおすすめします。
  • 広告経由の問い合わせ専用のメールアドレスを設置する(チラシ・DMに掲載するメールアドレスとは分ける)
  • 「何を見て問い合わせしたのか」アンケートを実施する
店舗への来店お客様が広告を見て来店したかを測定します。「何を見て来店したか」アンケートを実施することで測定可能です。
ヒント
以下のお客様については、オフラインコンバージョンのインポート機能を利用することで、オンラインとオフラインを横断した広告効果を可視化できます。
  • オンラインで見積もりを行いオフラインで正式契約するなど、オンラインでの行動とオフラインでのコンバージョンを関連付けられる商品を扱う方(自動車販売、保険など)。
  • 顧客管理システムをもっており、自社でYCLIDとオフラインコンバージョンの関連付けが可能な方。

 

コンバージョン測定の新規設定

コンバージョン測定を行うには、広告管理ツールで発行した測定用のタグを、お客様のサイトに設置します。
各コンバージョン測定の設定方法は、以下のページを参照してください。
コンバージョン測定の新規設定(ウェブページ)
コンバージョン測定の新規設定(電話発信)
コンバージョン測定の新規設定(アプリ)
コンバージョン測定の新規設定(インポート)

ヒント
  • コンバージョン測定は、ウェブページ・電話発信・アプリダウンロード・インポートをすべてあわせて1,000件まで設定可能です。
  • コンバージョン測定の設定変更は、管理権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して全ての操作が可能で、資金管理、キャンペーンや広告グループの作成や編集、ユーザーの管理や参照などを実施できます。
    さらに詳しく
    登録更新権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して、登録・編集が行える権限です。入札価格の変更、キャンペーンや広告グループの編集、広告の作成・削除などが可能です。キャンペーンの管理や広告運用などを行う利用者に対して付与します。のユーザーのみ可能です。
    権限管理機能とは
  • コンバージョン測定タグを設置する場合、Yahoo!タグマネージャーのご利用も可能です。Yahoo!タグマネージャーの詳細とご利用方法については、以下のページを参照してください。
    Yahoo!タグマネージャー公式サイト
    Yahoo!タグマネージャーでタグを管理する

コンバージョン測定データの確認

コンバージョン測定データは、「ツール」タブ、「キャンペーン管理」タブ、「レポート」タブで確認できます。詳しい確認方法は、「コンバージョンデータの確認方法」を参照してください。

広告運用に役立つおすすめ情報