Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

対象外キーワードツール

対象外キーワードツールでは、対象外キーワードの追加(設定)や削除、参照が可能です。対象外キーワードの追加と削除は、管理権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して全ての操作が可能で、資金管理、キャンペーンや広告グループの作成や編集、ユーザーの管理や参照などを実施できます。
さらに詳しく
または登録更新権限広告管理ツールを利用するための権限の一つです。アカウントに対して、登録・編集が行える権限です。入札価格の変更、キャンペーンや広告グループの編集、広告の作成・削除などが可能です。キャンペーンの管理や広告運用などを行う利用者に対して付与します。のユーザーのみ可能です。

対象外キーワードツールを表示する
対象外キーワードの追加
対象外キーワードの削除

対象外キーワードを表示する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
  2. 「ツール」タブの矢印(▼)をクリックしてプルダウンメニューから「対象外キーワードツール」をクリックします。
    id1153_1
    または「ツール」タブをクリックし、「ツール一覧」画面で「対象外キーワードツール」をクリックします。
    id1153_2
  3. 対象外キーワードツールが表示されます。

対象外キーワードツールの画面構成は、以下のとおりです。

(1)登録済みの対象外キーワードがキャンペーン、広告グループごとに一覧で表示されます。初期設定では25件が表示され、最大200件まで切り替えられます。対象外キーワードが未登録の場合は、「対象外キーワードの登録がありません」と表示されます。
(2)キャンペーン名や広告グループ名をクリックすると、対象外キーワードをキャンペーンや広告グループ単位で絞り込んで表示できます。
(3)対象外キーワードのマッチタイプ検索広告の登録キーワードに対して、検索クエリーがどのような形式で入力された場合に広告を表示するかを決定するものです。マッチタイプは、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類があり、部分一致の拡張機能として「絞り込み部分一致」があります。には、完全一致マッチタイプのひとつです。登録キーワードとインターネットユーザーが入力した検索クエリーが同じ場合に広告を表示します。
さらに詳しく
フレーズ一致検索広告のマッチタイプのひとつです。登録キーワードと同じフレーズ(一部送り仮名の違い、変換ミス、省略形、漢字・ひらがな・カタカナの違いなども含む)が、検索クエリーの中に語順通りに含まれていた場合に、広告を表示します。部分一致検索広告のマッチタイプのひとつです。登録キーワードの類義語や関連性のある検索クエリーに対して広告を表示します。部分一致を設定すると、完全一致、フレーズ一致、絞り込み部分一致で引き当てられる検索クエリーも広告が表示されるので、3種類のマッチタイプの中で、最も多く広告が表示されます。があります。マッチタイプについての詳細は、「対象外キーワードについて」を参照してください。

対象外キーワードを追加する

対象外キーワードはキャンペーンまたは広告グループ単位で追加できます。
なお、対象外キーワードツールで登録できる対象外キーワードの個数については、「アカウント・キャンペーン・広告グループに登録できる項目の上限数について」のキャンペーン、広告グループの項目をご確認ください。

操作手順
  1. 対象外キーワードツールで、[対象外キーワードを追加]ボタンを押します。
    id1153_4
  2. 「対象外キーワードを追加」画面で、対象外キーワードを設定するキャンペーンと広告グループ(キャンペーンに設定する場合は、広告グループは「選択しない(キャンペーンに追加)」)を選択します。
    ヒント

    「対象を選択」欄の上部で、キャンペーン名および広告グループ名を検索できます。

  3. 「対象外キーワードの入力」欄に、追加する対象外キーワードを入力。また、「マッチタイプの設定」をクリックして、表示されるメニューから希望のマッチタイプ(完全一致・フレーズ一致・部分一致)を選択します。

    ヒント

    対象外キーワードを複数追加する場合は、Excelやテキストエディタなどで作成したキーワードリストを貼り付けることで、一括入力が可能です。一括入力の場合は、各キーワードにマッチタイプを指定できます。詳細は、「対象外キーワードのマッチタイプを指定して入力(一括入力)」を参照してください。

    なお、対象外キーワードの登録内容をダウンロードする場合は、「対象外キーワードをダウンロードする」を参照してください。

対象外キーワードを削除する

操作手順
  1. 対象外キーワードツールで、削除する対象外キーワードにチェックを入れます。
  2. 「削除」ボタンを押します。
  3. 「選択した対象外キーワードを削除」画面が表示されるので、「削除」ボタンを押します。

対象外キーワードは、検索クエリーインターネットユーザーが検索したキーワードのことを「検索クエリー」と呼びます。どのキーワードで広告が引き当てられたかは、検索クエリーレポートで確認できます。レポートを参考に、キーワードのマッチタイプを調整したり、対象外キーワードを設定して不要な語句での広告表示を防いだりすることが可能です。一覧からも追加できます。詳しい手順は、「検索クエリー一覧でキーワード、対象外キーワードを追加する」を参照してください。

広告運用に役立つおすすめ情報