Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

アドカスタマイザーの入稿手順(1)データ自動挿入リストを作成する

アドカスタマイザー広告のタイトルや本文に、事前に登録した文字列や数値を自動で挿入できる機能です。
さらに詳しく
の入稿手順には、以下のステップがあります。詳しい手順は、各リンク先のヘルプでご確認ください。

  1. データ自動挿入リストを作成する
  2. 作成したリストをインポートする
  3. 挿入用広告を作成する

ここでは、「1. データ自動挿入リストを作成する」について説明します。

ヒント
データ自動挿入リストの作成例は、「アドカスタマイザーの活用例」も参照してください。

 

■データ自動挿入リストとは

広告に挿入する語句や数値のデータをまとめたリストで、Microsoft Excelやテキストエディターなどを使って作成します。作成するリストには、以下の決まりがあります。

  • ファイルはCSV形式(csv、カンマ区切り)、またはTSV形式(tsv、タブ区切り)で作成します。
  • リストの1行目には、「項目名」を入れます。
  • 項目名は、任意の名称を全角・半角合わせて30文字まで入力可能です。なお、ハイフン「-」は使用できません。
  • 一部の項目は「規定項目」として、項目名と入力内容に制限があります。詳細は、「規定項目の入力内容」の表を参照してください。
  • 項目数の上限は最大20列です。ただし、「規定項目」は20列のなかに含まれません。
  • 広告表示オプションの登録件数、および動的検索連動型広告あらかじめ指定したサイトのコンテンツと関連性の高い検索キーワードに対して、広告のタイトルを自動生成して配信する広告です。
    さらに詳しく
    で利用するページURLユーザーが動的検索連動型広告をクリックした際に遷移するページです。ページURLはページフィードに登録します。
    さらに詳しく
    と合算して、1アカウントにつき500万件まで作成できます。
ご注意
すでに広告表示オプションを多数お使いの場合は、お使いのオプション件数の分だけ、データ自動挿入リストで利用できるデータ件数が少なくなります。

■項目と入力内容について

リストに登録する項目によって、入力する内容とルールが異なります。項目ごとの詳細は、以下のとおりです。

ヒント
  • データ自動挿入リストに1つ以上の項目があれば、データ挿入は可能です。リストに設定必須の項目はありません。
  • 適切な広告効果を発揮するには、リストにキャンペーン名、広告グループ名、キーワード、キーワードマッチタイプ検索広告の登録キーワードに対して、検索クエリーがどのような形式で入力された場合に広告を表示するかを決定するものです。マッチタイプは、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類があり、部分一致の拡張機能として「絞り込み部分一致」があります。を設定することをおすすめします。

 

 

<規定項目の入力内容>
規定項目は、項目名と入力内容が決まっています。詳細は以下のとおりです。

項目名データの内容と入力ルール
キャンペーン名データ挿入用広告を入稿するキャンペーン名を入力します。
広告グループ名

データ挿入用広告を入稿する広告グループ名を入力します。

ご注意
「広告グループ名」を登録する場合、同じリスト内に「キャンペーン名」の登録が必要です。
キーワード広告配信対象とするキーワードを入力します。
※この項目で指定したキーワードでの広告配信時に、データを自動挿入できます。広告グループ内に入稿済みのキーワードを入力してください。
なお、キーワードに最終リンク先URLユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURLです。広告、キーワード、クイックリンクオプションに設定します。キャンペーンタイプが「動的検索連動型広告キャンペーン」の場合、キャンペーンに関連付けるページフィードに登録されたページURLが最終リンク先URLになります。を設定していると、キーワードごとに最終リンク先URLが異なる広告を表示できます。キーワードに最終リンク先URLを設定する手順は、以下のヘルプを参照してください。
詳細を指定して入力(キーワードの一括入力)
ご注意
「キーワード」を登録する場合、同じリスト内に「キーワードマッチタイプ」の登録が必要です。
キーワードマッチタイプ上記の「キーワード」と併せて登録する項目です。指定したキーワードに設定されているマッチタイプを入力します。
完全一致マッチタイプのひとつです。登録キーワードとインターネットユーザーが入力した検索クエリーが同じ場合に広告を表示します。
さらに詳しく
フレーズ一致検索広告のマッチタイプのひとつです。登録キーワードと同じフレーズ(一部送り仮名の違い、変換ミス、省略形、漢字・ひらがな・カタカナの違いなども含む)が、検索クエリーの中に語順通りに含まれていた場合に、広告を表示します。部分一致検索広告のマッチタイプのひとつです。登録キーワードの類義語や関連性のある検索クエリーに対して広告を表示します。部分一致を設定すると、完全一致、フレーズ一致、絞り込み部分一致で引き当てられる検索クエリーも広告が表示されるので、3種類のマッチタイプの中で、最も多く広告が表示されます。のいずれかを入力します。
※広告グループ内に入稿済みのキーワードと同じマッチタイプを入力します。
ターゲット地域この行の内容で挿入用広告を表示する地域を指定できます。以下のヘルプを参考に、地域一覧から希望の地域をコピーして貼り付けます。
地域ごとに異なる広告を表示する【キャンペーンエディター】
ターゲット地域の制限「ターゲット地域」で指定した場所において、どのようなユーザーを対象にするかを指定できます。「ユーザーの所在地」を入力するか、空欄にします。
地域ごとに異なる広告を表示する【キャンペーンエディター】
開始日データ自動挿入の広告の配信開始日を指定できます。「YYYY/MM/DD」(例:2017/02/01)の形式で、半角数字で入力します。
終了日データ自動挿入の広告の配信終了日を指定できます。
「YYYY/MM/DD」(例:2017/02/01)の形式で、半角数字で入力します。
曜日・時間帯データ自動挿入の広告を配信する曜日や時間帯を指定できます。
「(英語表記の曜日[xx:xx-xx:xx])」の形式で、半角英数字で入力します。
例:(Monday[0:15-0:30]);(Tuesday[9:00-10:00])
ご注意
データ挿入用広告を入稿するキャンペーンとデータ自動挿入リストの両方で曜日・時間帯を設定した場合、共通する曜日・時間帯にのみ広告を配信します。
データ自動挿入リスト(詳細)既存のリストを編集する場合のみ使用します。リストの新規作成時は不要です。
既存のリストをキャンペーンエディター上で表示するか、CSVファイルにエクスポートすると、各行のデータ自動挿入リスト(詳細)を確認できます。

 

<任意項目の入力内容>
任意の項目名を設定できる項目です。項目名は、任意の名称を全角・半角合わせて30文字以内で入力してください。項目名にハイフン「-」は使用できません(広告などデータの内容には使用可能です)。
登録するデータの種類によって、入力ルールが異なります。詳細は以下のとおりです。

ご注意
挿入用広告にデータ自動挿入リストのテキストが挿入された結果、登録可能文字数を超えるとデフォルトテキストが配信されます。
タイトル広告掲載面に表示される広告の一部で、広告の文頭として、説明文、表示URL等とセットで表示されます。や説明文に挿入されるデータは広告と合わせて登録可能な文字数を超えないように入力してください。
データの種類データの内容と入力ルール
数値データ数値データを半角数字で入力します。最大15桁まで入力できます。
負符号「-」が利用できます。商品ごとの販売個数を挿入する場合、項目名に「個数」、データ欄に「100」「200」~と入力
金額に関するデータ金額に関するデータを半角数字で入力します。最大15桁まで入力できます。
桁区切りのカンマ「,」が利用できます。
小数点以下は3桁まで指定可能です。例:商品価格を挿入する場合、項目名に「価格」、データ欄に「2,500」「1,000」~と入力
日付データ主にカウントダウン関数で使用します。半角数字、半角記号で以下の形式で入力します。カウントダウン関数で利用する場合、秒部分は未入力でも問題ありません(その場合は00秒と判断されます)。
・スラッシュ(/)区切り
「YYYY/MM/DD HH:MM」(例:2015/10/01 00:00)
・区切りなし、日付と時刻の間は半角スペース
「YYYYMMDD HHMMSS」(例:20150301 090000)
※1桁の時刻や日付、分の場合、0を付けて2桁の形で入力します(例:3月は03、9分は09)。
広告内で日時に合わせてカウントダウン表示をするには(カウントダウン関数)
文字列(ことば)のデータ

広告のタイトルや説明文など、挿入する箇所の登録可能文字数内で入力します。タイトルや説明文と同じ記号も利用できます。
登録可能文字数や利用可能な記号は以下を参照してください。

入稿規定(PC・スマートフォン・タブレット)(検索広告)

例:商品の色を挿入する場合、項目名に「色」、データ欄に「水色」「ピンク」~と入力

 

作成したリストを保存する

リストに入力後、ファイルをCSV形式またはTSV形式で保存します。
以下はMicrosoft Excelで保存する際の画面です。手順の詳細は、お使いのソフトウエアのマニュアルを参照してください。

CSV

保存が完了したら、作成したリストをキャンペーンエディターからインポートあらかじめキャンペーンや広告などの設定をまとめたファイルをアップロードし、複数のキャンペーンや広告などの操作を一括で実施することです。広告などを大量に作成、変更する場合に便利です。します。
詳細は、「2.作成したリストをインポートする」を参照してください。