Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

レポートのオプション項目について

パフォーマンスレポートキャンペーン、広告グループ、広告などの各種パフォーマンスデータを確認するレポートです。
さらに詳しく
を作成する際に選択できる表示項目のうち、オプションとして追加できる項目と、その項目の内容を説明します。

ヒント

レポートの種類や表示切替などの設定内容によって、選択できる項目は異なります。

項目名意味
PC入札価格調整率(%)PC入札価格調整率の設定値を指します。
スマートフォン入札価格調整率(%)スマートフォン入札価格調整率の設定値を指します。
タブレット入札価格調整率(%)タブレット入札価格調整率の設定値を指します。
コンバージョン数

【標準キャンペーン、動的検索連動型広告あらかじめ指定したサイトのコンテンツと関連性の高い検索キーワードに対して、広告のタイトルを自動生成して配信する広告です。
さらに詳しく
キャンペーンの場合】
広告をクリックしてサイトに訪問したユーザーが、商品の購入や会員登録、資料請求など、サイト上で何らかの「成果」となる行動をした数を指します。1回のクリックに対し、1~90日(任意の設定期間)内に発生したコンバージョンをコンバージョン設定ごとにカウントします。

ヒント
コンバージョン数は、コンバージョンが発生した日ではなく、コンバージョンに至るきっかけとなったクリックが発生した日にカウントされます。
ご注意
  • コンバージョン設定において「自動入札への利用:しない」を選択している場合、「コンバージョン数」には反映されません。
  • 2016年11月24日にコンバージョン測定に追加された「計測方法」の初期設定値は「毎回」です。「計測方法」で「初回のみ」を設定した場合でも、11月23日以前の「コンバージョン数」および「すべてのコンバージョン数」に表示される数値は「毎回」として計測された数値です。
  • 2018年1月24日より、デバイス(端末)をまたいで発生したコンバージョンも測定可能です。詳細は、「デバイス(端末)をまたいだコンバージョン測定」を参照してください。
【アプリダウンロードキャンペーンの場合】
「アプリ内ユーザー行動」(Androidのみ): アプリ内で何らかの「成果」となる行動があった際、1回のクリックに対し1~90日(任意の設定期間)内に発生したコンバージョンの回数を、コンバージョン設定ごとにカウントします。
「アプリダウンロード」「アプリ初回起動」(Androidのみ): 1回の広告クリックに対して、コンバージョン設定ごとに1回のみコンバージョンをカウントします。
コンバージョン率クリック数広告掲載面に表示された広告がクリックされた回数のことです。に対して、コンバージョンが発生した割合を指します。
コンバージョンの価値コンバージョンによってもたらされた価値を指します。コンバージョン測定タグタグとは、特殊な記法によってウェブサイト内に記述され、情報の意味づけや分類などに用いられる短い単語・フレーズなどを指します。Yahoo!広告には、サイトに訪問したインターネットユーザーが購入や問い合わせなどの成果に至った件数を測定するコンバージョンタグや、サイトへの過去の訪問履歴をもとに広告を配信するサイトリターゲティングタグなどのタグがあります。また、それらのタグを一元管理できる「Yahoo!タグマネージャー」というサービスもあります。に設定された「1コンバージョンあたりの価値」の総計です。
コスト/コンバージョン数1回のコンバージョンを獲得するのにかかった費用を指します。
コスト/コンバージョン数=合計コスト÷コンバージョン数
価値/コンバージョン数1回のコンバージョンあたりでもたらされた価値を指します。
価値/コンバージョン数=_コンバージョンの価値÷コンバージョン数
すべてのコンバージョン数発生したすべてのコンバージョンの数を指します。
ご注意
  • コンバージョン設定において「初回のみ」を選択している場合、2回目以降のコンバージョンは「すべてのコンバージョン数」には反映されません。
  • 2018年1月24日より、デバイス(端末)をまたいで発生したコンバージョンも測定可能です。詳細は、「デバイス(端末)をまたいだコンバージョン測定」を参照してください。
すべてのコンバージョン率クリック数に対して、発生したすべてのコンバージョンの割合を指します。
すべてのコンバージョンの価値すべてのコンバージョンによってもたらされた価値の総計を指します。コンバージョン測定タグに設定された「1コンバージョンあたりの価値」の総計です。
コスト/すべてのコンバージョン数1回のコンバージョンを獲得するのにかかった費用を指します。
コスト/すべてのコンバージョン数=合計コスト÷すべてのコンバージョン数
価値/すべてのコンバージョン数1回のコンバージョンあたりでもたらされた価値を指します。
価値/すべてのコンバージョン数=すべてのコンバージョンの価値÷すべてのコンバージョン数
コンバージョンの価値/コスト投資した広告費用に対して得られた効果です。
コンバージョンの価値/コスト=「コンバージョンの価値」÷合計コスト
すべてのコンバージョンの価値/コスト投資した広告費用に対して得られた効果です。
すべてのコンバージョンの価値/コスト=すべてのコンバージョンの価値÷合計コスト
デバイスをまたいだコンバージョン数デバイス(端末)をまたいで発生したコンバージョン数です。スマートフォンで商品の広告を表示して、PCで商品を購入した場合などに発生します。詳細は、「デバイス(端末)をまたいだコンバージョン測定」を参照してください。
なお、アプリコンバージョンでは計測できません。
完全一致マッチタイプのひとつです。登録キーワードとインターネットユーザーが入力した検索クエリーが同じ場合に広告を表示します。
さらに詳しく
インプレッションシェア広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数の割合です。
さらに詳しく(検索広告)
さらに詳しく(ディスプレイ広告)
登録キーワードとまったく同じキーワード(※)で検索された広告表示機会の総数のうち、実際に広告が表示された割合を指します。
※キーワードの誤字や表記のゆれを含みます。
インプレッションシェア広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数(インプレッション数広告が表示された回数を指します。広告が4回表示された場合、インプレッション数は「4」です。)の割合を指します。
インプレッション損失率広告表示機会の総数に対して、広告が表示されなかった回数の割合です。
さらに詳しく
(予算)(*1)
広告表示機会の総数のうち、予算が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合を指します。
インプレッション損失率(掲載順位広告が掲載面に表示される順位です。広告の掲載順位は、オークションランクに基づいて決定します。
さらに詳しく
(*1)
広告表示機会の総数のうち、掲載順位が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合を指します。
インプレッションにおけるページ上部の割合インプレッション(広告表示回数)のうち、ページ上部もしくは最上部に表示された割合を指します。
インプレッションにおけるページ最上部の割合
ページ上部のインプレッションシェアページ上部に表示される可能性のあった回数(*2)のうち、ページ上部もしくは最上部に表示された割合を指します。
ページ最上部のインプレッションシェア
ページ上部のインプレッション損失率(掲載順位)ページ上部に表示される可能性のあった回数(*2)のうち、掲載順位の低さが原因でページの上部もしくは最上部に広告が表示されなかった割合を指します。
ページ最上部のインプレッション損失率(掲載順位)
ページ上部のインプレッション損失率(予算)ページ上部に表示される可能性のあった回数(*2)のうち、予算の低さが原因でページの上部もしくは最上部に広告が表示されなかった割合を指します。
ページ最上部のインプレッション損失率(予算)
無効なクリック数システムにより無効と判断されたクリック数を指します。無効なクリック数はクリックの総数には含まれません。また、課金も発生しません。
無効なクリック率合計クリック数(無効クリック数と有効クリック数の合計)に対する、無効なクリック数の割合を指します。
無効なクリック率(%)=無効なクリック数÷合計クリック数(無効なクリック数+有効なクリック数)×100
キャンペーンIDキャンペーンごとに付与される固有のIDを指します。
広告グループID広告グループごとに付与される固有のIDを指します。
広告ID広告ごとに付与される固有のIDを指します。
リンク先URL広告をクリックしたときに表示されるページのURLを指します。
キーワードにカスタムURLが設定されている場合、カスタムURLが適用される。
※リンク先URLおよびカスタムURLは配信を終了しました。
タイトル広告掲載面に表示される広告の一部で、広告の文頭として、説明文、表示URL等とセットで表示されます。1、タイトル2、タイトル3検索結果に表示される広告の見出しを指します。
※タイトル1、2、3は広告の入稿形式が「拡大テキスト広告PC・スマートフォン・タブレット用広告の入稿形式の一つです。長いタイトルや説明文を入れることで広告領域が広くなるため、インターネットユーザーに対して強くアピールすることが可能です。
さらに詳しく
」の場合に表示されます。「アプリダウンロード用広告スマートフォンやタブレットのアプリをプロモーションするための広告です。アプリ情報を登録した専用のキャンペーン配下に広告を作成し、スマートフォンとタブレットに配信します。
さらに詳しく(検索広告)
」の場合はタイトル1のみ表示されます。
タイトル1(アセット)~タイトル15(アセット)「レスポンシブ検索広告」用のタイトル(検索結果に表示される広告の見出し)を指します。
「タイトル(アセット)」は最大15件まで入稿可能です。
自動的に作成されたタイトル

「動的検索連動型広告」で配信されたときに自動的に作成されたタイトルを指します。

ヒント
自動的に作成されたタイトルは、「検索クエリーインターネットユーザーが検索したキーワードのことを「検索クエリー」と呼びます。どのキーワードで広告が引き当てられたかは、検索クエリーレポートで確認できます。レポートを参考に、キーワードのマッチタイプを調整したり、対象外キーワードを設定して不要な語句での広告表示を防いだりすることが可能です。レポート(動的検索連動型広告)」を作成する場合のみ、選択可能です。
説明文1、説明文2検索結果に表示される広告の本文を指します。
※広告の入稿形式が「拡大テキスト広告」「アプリダウンロード用広告」の場合に表示されます。
説明文1(アセット)~説明文4(アセット)「レスポンシブ検索広告」用の説明文(検索結果に表示される広告の本文)を指します。
「説明文(アセット)」は最大4件まで入稿可能です。
ディレクトリ1表示URLタイトル、説明文と一緒に広告として表示されるURLのことです。に対して任意で設定可能な文字列を指します。
※広告の入稿形式が「拡大テキスト広告」の場合に表示されます。
ディレクトリ2表示URLに対して任意で設定可能な文字列を指します。
※広告の入稿形式が「拡大テキスト広告」の場合に表示されます。
表示URL検索された際に、広告の一部としてタイトルおよび説明文とともに表示されるURLを指します。
カスタムURLキーワードに対して、個別で指定したリンク先URLを指します。
※リンク先URLおよびカスタムURLは配信を終了しました。
広告表示オプションID広告表示オプションごとに付与される固有のIDを指します。
ヒント

広告表示オプションIDは、「広告表示オプションレポート」を作成する場合のみ、選択可能です。

トラッキングURLクリック情報などの広告効果をトラッキング(追跡)する場合に設定する広告効果測定用のURLを指します。
カスタムパラメータ動的に任意の文字列(広告効果をトラッキングするための識別情報など)をURLに組み込むために設定するパラメータの値を指します。
最終リンク先URLユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURLです。広告、キーワード、クイックリンクオプションに設定します。キャンペーンタイプが「動的検索連動型広告キャンペーン」の場合、キャンペーンに関連付けるページフィードに登録されたページURLが最終リンク先URLになります。ユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURLを指します。
ドメイン

ページフィード動的検索連動型広告を配信する際に、プロモーション対象となるウェブサイトのURL情報のリストです。
さらに詳しく
に対して1つ登録するドメインを指します。

ヒント
ドメインは、「検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)」を作成する場合のみ、選択可能です。
URL

動的検索連動型広告が配信された際に、最終リンク先URLとして設定されたURLを指します。

ヒント
URLは、「検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)」を作成する場合のみ、選択可能です。
キャンペーントラッキングIDキャンペーン単位のトラッキング情報を識別するためのIDを指します。キャンペーンごとに付与される固有のIDだが、キャンペーンIDとは異なります。
広告グループトラッキングID広告グループ単位のトラッキング情報を識別するためのIDを指します。広告グループごとに付与される固有のIDだが、広告グループIDとは異なります。
広告トラッキングID広告単位のトラッキング情報を識別するためのIDを指します。広告ごとに付与される固有のIDだが、広告IDとは異なります。
ターゲット設定動的検索連動型広告を配信するにあたり、ページフィードに登録したページURLの中から、ユーザーが広告をクリックした際に表示されるページ(ランディングページ)の条件を設定します。ターゲット設定は、キャンペーン単位(除外対象のみ)または広告グループ単位で設定可能です。
さらに詳しく
トラッキングID

動的検索連動型広告の配信時に追加するターゲット設定単位のトラッキング情報を識別するためのIDを指します。ターゲット設定ごとに付与されます。

ヒント
ターゲット設定トラッキングIDは、「ページフィードターゲティングレポート」を作成する場合のみ、選択可能です。
キーワードどの入札中キーワードに関連して広告が表示されたかを確認できます。
ヒント

「キーワード」は、「検索クエリーレポート」を作成する場合のみ、選択可能です。

キーワード/対象外キーワード登録状況検索クエリーがキーワードまたは対象外キーワードとして登録済みかを確認できます。
ヒント
「キーワード/対象外キーワード登録状況」は、「検索クエリーレポート」を作成する場合のみ選択可能です。
対象外キーワード登録状況検索クエリーが対象外キーワードとして登録済みかを確認できます。
ヒント
対象外キーワード登録状況は、「検索クエリーレポート(動的検索連動型広告)」を作成する場合のみ選択可能です。
キーワードの状況

検索数が少ないために当該キーワードで広告が掲載されにくい状況かどうかを確認できます。

ヒント

検索数が少ないために当該キーワードで広告が掲載されにくい状況かどうかを確認できます。

品質インデックス検索広告の「広告の品質」を10段階で評価する指標です。キーワードごとに表示され、10に近いほど品質が高いことを表します。品質インデックスは、広告の関連性および、入稿されたキーワードが広告のクリックに結びつくかの予測により算出されます。
さらに詳しく
(履歴)

選択したレポート期間で、最後の品質インデックスの評価値を表示します。

推定クリック値広告が表示された際にどれだけクリックされるかを推定し評価した値です。現在の値を表示します。
推定クリック値(履歴)選択したレポート期間の、最後の推定クリック値を表示します。

(*1)対象期間中にキャンペーン予算を使い切り「キャンペーンのインプレッション損失率(予算)」が発生すると、広告グループのインプレッション損失率(掲載順位)の計測は自動的にゼロとなります。そのため、「キャンペーン管理」画面の「広告グループ」のデータ、および「広告グループレポート」において、「広告グループのインプレッション損失率(掲載順位)」の項目は「0.00」の表記となります。

(*2)「ページ上部に表示される可能性のあった回数」とは
「予算や掲載順位(オークションランク広告の掲載順位を決定する要素です。広告の入札価格と広告の品質に基づいて算出されます。
さらに詳しく(検索広告)
さらに詳しく(ディスプレイ広告)
)が高ければ、広告がページ上部に表示されていた可能性があった回数」を指します。以下の図で示す、a、b、cが「ページ上部に表示される可能性のあった回数」に含まれます。
 a. ページ上部に広告が表示された数
 b. ぺージ上部には広告が表示されなかったが、予算や掲載順位が高ければページ上部に表示される可能性があった数
 c. 広告は表示されなかったが、予算や掲載順位が高ければページ上部に表示される可能性があった数
可能性があった
掲載順位(オークションランク)については、「掲載順位の決定方法」を参照してください。