Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

レポートの削除、ダウンロードについて

作成したレポートは、パフォーマンスレポートキャンペーン、広告グループ、広告などの各種パフォーマンスデータを確認するレポートです。
さらに詳しく
の一覧から削除、ダウンロードできます。

ご注意
  • レポートを確認できる期間は、作成から1週間です。8日以上経過したレポートは自動的に非表示になります。
  • 24時間以内に作成したレポートには「new」のマークが表示されます。

レポートを削除する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
  2. 「レポート」タブの矢印(▼)をクリックして、プルダウンメニューから「パフォーマンスレポート」をクリックします。または「レポート」タブをクリックします。
  3. 「作成した検索広告・レポート」一覧から、削除するレポートにチェックを入れます。
  4. 「削除」ボタンを押します。
  5. ポップアップの注意事項を確認し、レポートを削除する場合は「削除」ボタンを押します。

作成したレポートを、作成時に指定したファイル形式(CSV、TSV、XML、またはそれぞれの圧縮ファイル(ZIP形式))でダウンロードできます。

ヒント
ファイル形式はダウンロード時には指定できません。レポートの作成時に指定してください。

レポートをダウンロードする

操作手順
    1. 広告管理ツールの「検索広告」タブをクリックします。
    2. 「レポート」タブの矢印(▼)をクリックして、プルダウンメニューから「パフォーマンスレポート」をクリックします。または「レポート」タブをクリックします。
    3. 「作成した検索広告・レポート」一覧から、ダウンロードするレポートの「ダウンロード」をクリックします。
      ヒント
      「広告レポート」で動的検索連動型広告あらかじめ指定したサイトのコンテンツと関連性の高い検索キーワードに対して、広告のタイトルを自動生成して配信する広告です。
      さらに詳しく
      の配信実績を確認する場合、タイトル広告掲載面に表示される広告の一部で、広告の文頭として、説明文、表示URL等とセットで表示されます。1、タイトル2、最終リンク先URLユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURLです。広告、キーワード、クイックリンクオプションに設定します。キャンペーンタイプが「動的検索連動型広告キャンペーン」の場合、キャンペーンに関連付けるページフィードに登録されたページURLが最終リンク先URLになります。は「-」で表示されます。動的検索連動型広告で配信されたタイトルや最終リンク先を確認する場合は、「検索クエリーインターネットユーザーが検索したキーワードのことを「検索クエリー」と呼びます。どのキーワードで広告が引き当てられたかは、検索クエリーレポートで確認できます。レポートを参考に、キーワードのマッチタイプを調整したり、対象外キーワードを設定して不要な語句での広告表示を防いだりすることが可能です。レポート(動的検索連動型広告)」で、表示項目に「自動的に作成されたタイトル」「URL」を追加してください。