Yahoo!広告

Yahoo!広告ヘルプ

対象外キーワードリストを関連付ける

作成・編集した対象外キーワードリストは、キャンペーンに関連付けると、そのキャンペーン配下の広告に対して有効になります。キャンペーンとリストを個別に指定して関連付ける方法と、複数のリストやキャンペーンをまとめて関連付ける方法があります。

ご注意
キャンペーンエディターで入力、修正した情報は、キャンペーンエディターからデータをアップロードし、広告管理ツールに反映すると作業が完了します。
データのアップロード方法は、「データのアップロード方法」を参照してください。

対象外キーワードリストを個別に指定して関連付ける

操作手順
  1. 「キーワード」タブをクリック
  2. 「対象外キーワードリスト」をクリック
  3. 「対象外キーワードリストの関連付け」をクリック
  4. 関連付け画面が表示されるので、関連付けるキャンペーンと対象外キーワードリストに、それぞれチェックを入れる
    ヒント
    「選択したキャンペーンの対象外キーワードリストをすべて置き換える」にチェックを入れると、キャンペーンに設定済みの対象外キーワードリストが、今回設定したリストにすべて入れ替わります。すでに対象外キーワードリストを関連付けているキャンペーンに、新たなリストを追加して関連付ける場合は、この項目からチェックを外してください。
  5. [OK]ボタンを押す

対象外キーワードリストをまとめて関連付ける

操作手順
  1. 「キーワード」タブをクリック
  2. 「対象外キーワードリスト」をクリック
  3. 「複数の対象外キーワードリストを関連付け」をクリック
  4. 関連付け画面が表示されるので、「作成・編集方法の選択」を選ぶ
    通常は「既存のものは編集し、それ以外は新規作成」のままで問題ありません。
  5. 「対象外キーワードリストを関連付けるキャンペーンを指定」で、以下のいずれかを入力
    ・1つまたは複数のキャンペーンに、同じ対象外キーワードリストを設定する場合
    (1)左側のアカウントツリーで設定するにチェックを入れる
    (2)右側の入力欄で「項目名を追加」ボタンを押し、対象外キーワードリスト名を入力。リストが複数ある場合は、リストの数だけ行を追加して入力する。
    ・個別のキャンペーンに対して、それぞれ別の対象外キーワードリストを設定する場合
    (1)「アカウントツリーで指定せずにテキストエリアで入力」にチェックを入れる
    (2)右側の入力欄で「項目名を追加」ボタンを押し、キャンペーン名と対象外キーワードリスト名を入力する
    ヒント
    複数のキャンペーンや対象外キーワードリストを設定する場合は、1行ずつ追加します。
    例:
    キャンペーンAには対象外キーワードリストCを、キャンペーンBには対象外キーワードリストD、Eを設定
    →以下の形で入力します。
    キャンペーンA  対象外キーワードリストC
    キャンペーンB  対象外キーワードリストD
    キャンペーンB  対象外キーワードリストE

     

  6. 「取り込む」ボタンを押す
  7. 「確認」画面で内容を確認し、問題がなければ[実行]ボタンを押す